モーガン・プラス8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーガン・プラス8
販売期間 1968年 - 2004年
ボディタイプ 2ドア ロードスター
エンジン ビュイック215 3.5L V8
ローバー 3.9L / 4.6L V8
変速機 4/5速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前: 独立懸架 スライティング・ピラー/コイル
後: 固定 半楕円リーフ
全長 3,708mm
全幅 1,644mm
全高 1,321mm
ホイールベース 2,489mm
車両重量 851kg
後継 エアロ8
-自動車のスペック表-

プラス8Plus 8 )は、イギリスモーガンが1968年から2004年にかけて生産したスポーツカー

概要[編集]

プラス4のシャシをベースにアロイブロックV8 3.5Lローバー・V8エンジンビュイックから購入し搭載したモデル。シャシとフェンダーはそのハイパワーを受け止めるために強化され、車幅は初期の1968年モデルで57インチ、最終型では64インチ、さらにオプションで67インチのワイドボディーも存在した。

2010年、プラス8の生産が再開された。エンジンはBMW製V8 4.8Lとなり、6速MTに加えてZF製6速ATも選択できるようになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

モーガン公式サイト(英語)