フェットゥチーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
生のフェットゥチーネ

フェットゥチーネ(Fettuccine)は、パスタの一種であり、イタリア語で「小さなリボン」という意味がある。

概要[編集]

卵と小麦粉から作られる平たく薄い麺で、タリアテッレよりも幅広である[1]。牛肉のラグー(sugo d'umido)や鶏肉のラグー(ragu di pollo)とともに食べられる[1]。乾燥したフェットゥチーネは市販されている。

北アメリカでは、チーズ入りのクリームソースで和えたフェットゥチーネ・アルフレードに人気がある。スペインでは、小麦粉と卵にホウレンソウを加えてフェットゥチーネを作る。

関連文献[編集]

  • Boni, Ada (1983) [1930] (Italian). La Cucina Romana. Roma: Newton Compton Editori. 
  • Carnacina, Luigi; Buonassisi, Vincenzo (1975) (Italian). Roma in Cucina. Milano: Giunti Martello. 

出典[編集]

  1. ^ a b Boni (1930), pg. 44.