パッパルデッレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パッパルデッレの調理例(トマトソース)

パッパルデッレイタリア語: Pappardelle)は、イタリアトスカーナ州でよく用いられるパスタの一種である。幅広いリボン状をしている。タリアテッレに似ているが、パッパルデッレのほうが倍以上に幅広いことが多い。

語源は、イタリア語の「パッパーレ (: pappare)」とされる。意味は「豪快に食べる」「食いしん坊」。

概要[編集]

幅は10ミリメートルから30ミリメートル、厚さは2ミリメートル、長さは200ミリメートルから300ミリメートルほどのリボン状のロングパスタである。中には40ミリメートルを超す幅広いものもある。生麺で用いられることが多いが、乾麺も販売されている。

日本のきしめんのイメージにも近いが、きしめんが幅4.5ミリメートルくらいなので倍以上の幅広さということになる。

トスカーナ地方では、濃厚なミートソース野うさぎなどの煮込みソースなど)、脂肪分の多いクリームソースで食べることが多い。