オレッキエッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Orecchiette
Orecchiette carbonara.jpg
Orecchiette showing their typical shape and central depression
種類 パスタ
発祥地 イタリア
地域 プッリャ州

オレッキエッテイタリア語: Orecchiette)は、イタリアプッリャ州バジリカータ州の地域を代表する耳形のパスタである。

概要[編集]

作業風景

その名の通り小さな「耳(orecchie)」に似た形をしている。ターラント人の間では、未だ「chiancarelle(小石)」または「recchted(小さい耳)」の同義語として使われている。大きさは親指の約3/4くらいで、小さな白いドームのようであり、パスタの中央が薄いものも、表面が粗いものもある。ドーム型でないものもあリ、ストラシナーティit:Strascinati)としてよく知られている。全ての異なる形で、硬質小麦it:Grano duro)の穀粉だけを使って作る。

地域特有のレシピでは、チーマ・ディ・ラーパit:Cima di rapa)の使用が見受けられる。サレント半島で特有なレシピでは、トマトソース(肉または肉団子の煮込みまたはブラショーレ英語版を、入れるまたは入れない)と羊乳リコッタ・フォルテit:Ricotta forte、強いリコッタ・チーズ)を使うことが見受けられる。

チステルニーノ(BR)では、オレッキエッテは若干精製した軟質小麦it:Grano tenero)の穀粉を使用し、もっと大きくて違う形になり、内部が深く、もっと外耳に似ており、またそれは「司祭の耳」を意味する「Recch' d'privt」である。農民の祭典の古典的なレシピではウサギのラグー入りの調味料を用意する。

歴史[編集]

オレッキエッテの起源は、イタリアのプッリャ州ではなく、フランスプロヴァンス地方の可能性が高い。プロヴァンス地方で古くは中世から南フランスの硬質小麦を使用したパスタ状のものを作っていた。パスタは非常に厚く円盤状で、親指で押して中央がへこんでいる。その特有の形は乾燥を促進し、そのため飢饉への備蓄となった。また、長期間の航海に備え大量に船積みされたということである。その後、13世紀にプロヴァンス伯の家系でもあったアンジュー家の南イタリア支配の開始とともに、バジリカータとプッリャ全土に広まった。

プッリャ料理の著名な研究者ルイージ・サーダ教授[1]は、オレッキエッテの起源が12世紀と13世紀の間ノルマン系スエビ族の支配下にあったサンニカンドロ・ディ・バーリの領土にあるとした。サーダ教授によると、オレッキエッテに興味深い特徴があり、それはノルマン系スエビ族の一部地域のイスラエル人コミュニティに対する特有の保護の姿勢に関係し、エステル記に登場する敵ハマンの耳のような、いくつかのヘブライの伝統レシピに起源がある可能性が高い。事例として、スペイン系ユダヤ人またはクロワゼット人英語版のいくつかのデザート、ピエモンテ州オッチターネ渓谷英語版のパスタの一種、サンニカンドロのオレッキエッテの遠戚もまた中東の影響の可能性が高い。

中華料理で相当する麺類[編集]

杭州マオアールトゥオのスープ。

中華料理でマオアールトゥオ(簡体字: 猫耳朵拼音: Māo ěrduo、猫の耳)と呼ばれる麺類は、オレッキエッテに相当する。マオアールトゥオは蒸してソースを添える、またはスープ麺として調理できる。

参考文献[編集]

  • ルイージ・サーダ 『Cucina pugliese di poveri(可哀相なプッリャ料理)』 バーリブックセンター編、1974年
  • ルイージ・サーダ 『Puglia in bocca(食べるプッリャ)』 ヴェスプロ編、1977年
  • ルイージ・サーダ 『Spaghetti e compagni(スパゲッティと仲間たち)』 タベルナ図書館、1982年
  • ルイージ・サーダ 『La cucina pugliese(プッリャ料理)』 ニュートン・コンプトン編、1994年

脚注[編集]

  1. ^ サーダ教授のテキストは、オレッキエッテを含むプッリャ地域の多様なP.A.T.(en:Prodotto agroalimentare tradizionale伝統的農産物)の伝統を証明する情報源となっている。 [1] (イタリア語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]