ハマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハマンHaman)は、ヘブライ聖書エステル記」に登場する人物である。ペルシャアハシュエロスの宰相であり、ユダヤ人の敵として描かれる。名前は「堂々とした」「立派な」の意味である。

ハメダタの子で、「アガグ人 Agagite」(エステル記3:1、10、8:3、5、9:24)。「サムエル記」上15章を参照すると、彼がキシュの子サウルの敵であった、アマレク人の王アガグの子孫であったことを思わせる。

キシュの家系に属する王妃エステルの養父であったモルデカイが、自分にひれ伏さないことに腹を立て、帝国内のユダヤ人を全員殺害するという勅書を送り、特にモルデカイのためには死刑執行の柱を用意した。

しかしエステルの介入によってこの計画は未遂に終り、彼は自ら用意した柱にかけられ、息子ら10人も殺された(エステル記7:10、9:10参照)。

関連項目[編集]

この記述はパブリックドメイン百科事典Jewish Encyclopedia1901年-1906年版に基づいています。