ソムタム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソムタム

ソムタム (タイ語 ส้มตำ) はラオスタイで食べられる青いパパイヤを使ったサラダ。もともとラオスとイーサーン料理であるタムマークフン (ຕໍາໝາກຫຸ່ງ) が、変化を遂げながら南下し、タイ全域で広く食べられるようになった。現在では代表的なタイ料理のひとつとされている。

タイ料理の基本の4大要素である、パパイヤの甘いライム酸っぱい唐辛子辛いしょっぱいが調和している。

ソム (ส้ม) は、タイ語で、「酸っぱい」を意味する。タム (ตำ) には「搗(つ)く」という意味がある。他にもタムソムという言い方がある。これらの言い方はタイ中央方言であり、イーサーン語ではタムバックフン (ตำบักหุ่ง หรือ ตำบักฮุ่ง) つまり「パパイヤ搗き」といい、ラオスでは同じ意味でタムマークフン (ຕໍາໝາກຫຸ່ງ) と呼ばれることが多いが、実際にラオスのタムマークフンは味の決めてがナンプラー魚醤)ではなくパデーク(溜り魚醤)を使用するために、ラオス国内においてはソムタムとタムマークフンは別物とされる傾向がある。

作り方[編集]

ソムタム・タイ

  1. 細く切った青いパパイヤインゲンを専用の鉢に入れる
  2. 唐辛子ニンニクライムナンプラー砂糖、を適量加え棒で叩く
  3. 好みで、ピーナッツトマト干しエビを加え更に叩いて完成 

種類[編集]

ソムタムの種類は加える材料によって実に多彩である。また、パパイヤの代わりにニンジンマンゴーキュウリで作る事もある。マンゴーで作られたソムタムを タムマムワン (ตำมะม่วง)、キュウリのものを タムテーンクワー (ตำแตงกวา) と言う。

ラオスイーサーン地方などで食べられる本来のソムタム(ソムタム・ラーオ、または、ソムタム・プーと呼ばれる)には発酵させた(小さく沢蟹の様な)カニが使用され、非常に辛くて酸っぱいという特徴がある。ただし生の蟹には寄生虫(ジストマ)がいる場合があるので注意が必要である。また、タイ中央部で好まれるソムタム・タイは干しエビで代用され、辛味を抑えたマイルドな味付けとなっており、現在ではこちらのほうがポピュラーである。調味料にはナンプラーを作る際の沈殿物であるプラーラーが用いられることもあり、いずれも美味である。

提供方法[編集]

常温で提供される。多くの場合、小さなセイロに入ったもち米がついてくるが、生のキャベツ、ウイングビーン(四角豆)、ほうれん草、豚の皮、場合によってはガイヤーン (ไก่ย่าง) と呼ばれる鶏肉を焼いたものとセットで提供される事もある。

関連項目[編集]