トムヤムクン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トムヤムクン
伝統的なトムヤムクン

トムヤムクン (ต้มยำกุ้ง, Tom yum goong) は、辛味と酸味、複雑な香りが特徴的な、タイ料理を代表するスープトムヤンクンとも表記される。

概要[編集]

「トム (ต้ม)」は煮る、「ヤム (ยำ)」は混ぜる、「クン (กุ้ง)」はエビのこと。エビ入りトムヤムスープという意味であり、他にも鶏肉イカ等、他の食材入りのトムヤムスープもある。鶏ならトムヤムガイ、イカならトムヤムプラームックとなる。

レモングラスを使った酸味のある味が特徴。

世界3大スープの1つとされるが[1][2]、その話は初めて日本にトムヤムクンを持ち込んだ業者が、売り込みのために創作したキャッチコピーであるという説もある。また「美味しんぼ」の原作者・雁屋哲は友人である食文化研究家の森枝卓士が広めたと主張している。ちなみに、後の2つはブイヤベースフカヒレのスープとされることが多い[3](いずれかの代わりにボルシチが入る場合もある[4])。

作り方[編集]

  1. エビの殻と身を分ける。
  2. エビの殻とレモングラス、バイマックルー(コブミカンの葉)、プリッキーヌ(青唐辛子の一種)、カー(ショウガの一種)などの香辛料チキンスープで煮て、スープを作る。
  3. ナンプラー、ナム・プリック・パオ(チリ・イン・オイルともいう)などの調味料とマナオ(ライム)の果汁で味を調える。
  4. エビの身とふくろ茸を入れる。
  5. エビに火が通ったら、仕上げにパクチー(コリアンダー)の葉を加える。
  6. お好みによってココナツミルクを入れても良い。

なお、固形やペースト状のトムヤムスープの素がマギークノールなどから販売されており、これを使えば簡単に作ることができる。

脚注[編集]

  1. ^ お味噌汁感覚で! トムヤムクン”. All About (2013年3月18日). 2013年8月6日閲覧。
  2. ^ 世界三大スープの一つ、トム・ヤム・クン!”. 朝日新聞 (2007年11月9日). 2013年8月6日閲覧。
  3. ^ トムヤムクン とは”. コトバンク. 2013年8月6日閲覧。
  4. ^ 世界のスープがインスタントになった 第1弾は世界3大スープの“アレ””. ITmedia (2012年10月17日). 2013年8月6日閲覧。