トム・ヤム・クン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・ヤム・クン!
ต้มยำกุ้ง
プレス・カンファレンスにて
監督 プラッチャヤー・ピンゲーオ
脚本 プラッチャヤー・ピンゲーオ
製作 プラッチャヤー・ピンゲーオ
製作総指揮 ソムサーク・テチャラタナプラサート
出演者 トニー・ジャー
ペットターイ・ウォンカムラオ
ボンコット・コンマライ
撮影 ナタウット・キッティクン
配給 日本の旗 クロックワークス/ギャガ
公開 タイの旗 2005年8月11日
日本の旗 2006年4月22日
上映時間 110分
製作国 タイの旗 タイ
言語 タイ語
英語
製作費 3億バーツ
テンプレートを表示

トム・ヤム・クン!』(Tom-Yum-Goong, ต้มยำกุ้ง, 他の題名はThe Protector(米), Warrior King(英), Honour of the Dragon(蘭), Neak Prodal Junboth(カンボジア))は、2005年に公開されたタイアクション映画

プラッチャヤー・ピンゲーオトニー・ジャーによるムエタイアクション映画の2作目。全編にわたって常人によるものとは思えない程のアクションシーンが連続する。

ストーリー[編集]

象を愛するタイ人青年カームが、ベトナム人ジョニーによって盗まれた象を追ってシドニーにやってくる。ジョニーが店長のタイ料理店「トム・ヤム・クン」の背後には中国人マダム・ローズが率いる悪の密輸組織があった。

本作品の評価[編集]

前作『マッハ!』に続き、ワイヤーを使わない、CGを使わない、スタントを使わない、早回しを使わない、というアクション映画にしては無謀とも言える試みに挑戦しており、全編に渡ってトニー・ジャーの超人的な肉体技が光る。当然、全ての打撃攻撃は直接当てており、劇中盤に登場する四分ワンカットのシーンでは、全ての出演者が当初計画されていた通りの動きをしてみせなければならないため、全ての出演者がまさに神技的なアクションに挑まなければならない。『マトリックス』の登場によってワイヤー・CGを使用したアクションが主流となっていた映画界にとって本作品はジャッキー・チェンの登場以来の衝撃であり、日本はもちろん、海外での評価も破格のものである。また、カンフーカポエイラ剣術プロレス等の使い手と次々闘う。前作でも披露したクラビー・クラボーンを用いた戦闘。古式ムエタイの関節技で70人(日本公開版では49人)をたった1人で次々と倒す。等のアクションも高く評価された。

キャスト[編集]

役名 - 俳優(ソフト版吹き替え)

トリビア・他[編集]

  • 映画の中で4分以上に及ぶ連続シーンがある。建物の吹き抜けロビーと階段を駆使して1台のカメラがトニー・ジャーを取り続けるのが見もの。
  • この映画でトニー・ジャーはワイヤーを使用していない。
  • 実家で2頭の象を育てていて、子どものころから象と触れ合っていたトニーには、象の訓練が必要なかったらしい。
  • 終盤、格闘家達によって小象が攻撃される描写がいくつかあるが、スタッフらの象への愛から、本物を使うのは言語道断とされ、剥製で代用している。
  • アメリカ版では2枚のディスクにタイバージョンとアメリカバージョンがあり、内容が若干違う。タイバージョンでは撃たれた父親は傷を負っただけで生きているが、アメリカバージョンではトニーの父親役が死んで仇を取るということになっている。アジア人以外の文化に対してはそのほうが自然だと監督が判断したとのこと。
  • 映画の中のマダム・ローズは性転換したキャラクター(金星の実生活も同じ)という設定なのだがストーリーに大きく反映はされていない。
  • ネイサン・ジョーンズは、ジェット・リー主演の映画『SPIRIT』に出演したのをきっかけにこの映画に誘われた。

外部リンク[編集]