タイスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイスキ(สุกี้ยากี้スキーヤキー、略称สุกี้スキー)とはタイ王国料理の一つであり、鍋料理[1]の一つである。

概要[編集]

MKレストランのタイスキ

中央に煙突の立ったシャブシャブ鍋もしくは通常の寄せ鍋用の鍋に湯を沸かし、野菜海産物肉団子などを一口大に下ごしらえした具を入れ、タレにつけて食べる。タレに各店が工夫をこらし、その店の特徴を決定付けるものとなっている。タレには刻みニンニクライムの絞り汁、唐辛子を好みによって入れてもよい。最後はおじやまたは麺類でしめる。一般の食堂で出される他、「コカレストラン」「MK(エム・ケー)」など、チェーン展開している専門店も存在する。日本人にも比較的なじみやすいタイ料理であり上記の2つのチェーン店の支店が日本にも進出している。

「タイ風のスキヤキ」という意味であり、「タイ風しゃぶしゃぶ」とも呼ばれるが、日本のスタイルとは異なる。

寄せ鍋に近いスタイルで、様々な具を入れて煮込んでから具とスープを各自取り分けて食べる[2]。火が通ったところで具を引き上げるが、その際は引き上げる為に小さな金網が各人に用意される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タイ国政府観光庁日本支局
  2. ^ タイ観光旅行ガイド バンコクナビ 「鍋が煮えたら、小さな器に具とスープを移す」

関連項目[編集]