火鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
火鍋
Day177lilybday.JPG
火鍋の各種食材
中国語
繁体字 火鍋
簡体字 火锅
別名
繁体字 打邊爐 / 打甂爐
簡体字 打边炉 / 打甂炉
ベトナム語
ベトナム語 lẩu
台湾の鴛鴦火鍋(ユアンヤンフオグオ)。「鴛鴦」とはオシドリのことで、鍋を2つに仕切り仲睦まじい様を表す。
重慶火鍋

火鍋(ひなべ、フゥオグゥオ)は、中国人の食文化において広く知られる鍋料理中国大陸に限らず、香港マカオ台湾シンガポールマレーシアなどの華僑社会でも食され、その他日本やアメリカ[1]など世界の中華街や、火鍋専門店などの中華料理店においても提供されている。

概要[編集]

火鍋の起源は、内モンゴルの羊肉料理として発祥したものであるとか[2]、磁器口の船乗りが牛・豚の内臓に塩・山椒を振りかけて完成した事により広まった「重慶火鍋」、「四川火鍋」などの名称で火鍋料理が知られるように、中国四川省を発祥としているとも言われるが、はっきりとはわかっていない。鍋の由来も、中国のまたはの頃に国王がを作り、火で煮て食べたのが鍋の雛形であるとか[3]漢代の軍中の用具であった「焦斗」を火鍋の始まりだとするものなどがある[4]

火鍋は唐代に普及し[5]の時代の軍中の食事や[3]明代の時代には羊肉が具材に見られ[5]、清朝の乾隆帝の時代には、火鍋は満漢全席で最高潮に達した[3]

現代の中華料理店や火鍋専門店で提供される火鍋は、金属製の丸鍋を使うものの他、中央を太極の「陰陽」に見立てて仕切った金属製の丸鍋の中に、白湯(パイタン)と呼ばれる白濁のスープ(鍋底(グオヂィ))と、唐辛子山椒など調味料を沢山入れた辛い味付けの紅湯の麻辣(マーラー)スープの2種類を別々に入れて煮立て、好みの食材を好みのスープに入れて煮て食べる「鴛鴦火鍋」(ユアンヤンフオグオ。二色鍋)と呼ばれる形式も多く見受けられる。また、ラム肉(羊肉)をメインにした火鍋料理は、今日[いつ?]中国のいたる都市で目にすることができ、チェーン店最大手の「小肥羊」(シャオフェイヤン。内蒙古小肥羊餐飲連鎖有限公司)は日本を含む海外展開もしており、香港で株式上場している。

火鍋は日本において「中国のしゃぶしゃぶ」と呼ばれることもあるが、むしろ北京の火鍋の一つ「シュワンヤンロウ(中国語:涮羊肉 ピンイン:shuàn yángròu)」(羊のしゃぶしゃぶ)が京都に伝来し、日本の「しゃぶしゃぶ」のルーツになったともいわれる[2]。また火鍋に用いられる食材は、日本のしゃぶしゃぶのように、すぐに火が通るものばかりではなく煮込むものもあるため、食べ方も同じとはいえない。

なお火鍋は、広東省など地域によっては「打甂爐」「打邊爐」 (広東語 ダーピンロウ)という別名も持つ。マレーシアでは中国料理店で食べる火鍋をスチームボート(steam boat、マレーシア語 Stimbot、スティムボッ)と呼び、日本人などの観光客にも人気がある。

種類[編集]

火鍋は中国全土に見られ、その種類は多く、使用される食材や味付けも様々である。代表的なものに次の火鍋がある。

この他、香港マカオで食される火鍋、台湾の火鍋もある。また麻辣味と呼ばれる辛味をベースにした火鍋は特に「麻辣火鍋」と呼ばれ、中国四川省や台湾の火鍋にバリエーションを見ることができる[6]

危険性[編集]

人気のある火鍋だが、あまりにも辛い味付けを施したものについては、胃に負担をかける。特に、辛さを示すランクの上位である「重辣」の鍋を食べて、胃痛を訴え大量吐血した例が存在する。また、消化器系病院の中には、入院患者の15%が、火鍋が原因と思われる症状で入院している例もある。辛さだけが原因ではなく、山椒や唐辛子を使わず安価な化学調味料や添加剤に頼る火鍋店が少なくなく、その安全性が疑問視されている[7]

参考資料・脚注[編集]

  1. ^ 「火鍋 ~シアトル中華街で四川料理を堪能」(ブログ) America Club
  2. ^ a b 『「火鍋」とは?』 モラタメ.net ハウス食品株式会社
  3. ^ a b c ウォーカーグルメ
  4. ^ 上海ウォーカー
  5. ^ a b 『甘粛特産風味指南』 1985年(中国語)
    - 「足见"火锅"在唐代已经很流行了。溉羊肉明代称"生鼻羊"。十七世纪清官彼膳房称"羊肉片火锅" 。
  6. ^ 『本場気分で楽しむ台湾風麻辣火鍋』 All About 台湾
  7. ^ “中国で愛される“恐怖の火鍋” 超激辛スープで胃壁に穴…大量吐血”. サンケイビズ. (2012年12月15日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121215/mcb1212151901023-n1.htm 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]