レッドカレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッドカレー
ゲーン・ペッ・ガイ(鶏肉のレッドカレー)

レッドカレータイ語:แกงเผ็ด、ゲーンペッ)は、日本でタイカレーと呼ばれるタイ料理のひとつである。ゲーン・ペッとはタイ語で「汁物・辛い」を意味する。

香辛料ハーブニンニクコリアンダーエシャロット唐辛子ガランガルガピコブミカンの果皮、レモングラス)をすり潰したペースト(クルーン)を炒めてココナッツミルクナムプラー砂糖、具になる野菜豆ナス、タイナス)、タケノコバジリコ、肉を煮込んで作る。白飯や素麺にかけて食べる。

香辛料のペーストに完熟して赤いキダチトウガラシの一種プリック・キー・ヌーを加えているため、赤色となる。タイ国内の食品会社によって既製品のペーストがレトルト食品の形で商品化されており、海外にも輸出されているため、タイ国外でもよく知られ、ココナッツミルクと具を加えるだけで気軽に調理できるタイ料理のひとつとなっている。

関連項目[編集]