海苔巻き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海苔巻き
浮世絵に描かれた寿司と海苔巻き(歌川広重・江戸後期)

海苔巻き(のりまき)とは、板海苔を巻く事により海苔の風味・香ばしさを料理に加える調理法であり、それを取り入れた料理そのものをも示す。寿司巻物に用いられる事が多く、その場合は単に「海苔巻[1]」とも呼ぶ[2]

寿司以外に、おにぎりに巻きつけた海苔むすびなどの料理に利用される。巻いて(もしくは衣に海苔を入れて)で揚げたものは「磯辺揚げ」、焼いたなどを板海苔で巻いたものは「磯辺焼き」という。

寿司[編集]

海苔巻き[1]は、1787年刊行『七十五日』を見ると、既に江戸すし屋メニューの一つとなっており[3]を汚さない寿司としても食べられている。

稲荷寿司と海苔巻きを組み合わせたものを「助六」というが、これは同題の歌舞伎演目に寄せ、油揚げと巻寿司で「揚巻」とした洒落である。

せんべい[編集]

煎餅に巻いたものは「海苔巻き煎餅(品川巻)」と呼び、「江戸草加 海苔巻」の名で売られる物もある。

出典[編集]

  1. ^ a b 明治元年創業「八幡鮨」 戦前「巻物といえば、のり巻き(かんぴょう巻き)か鉄火巻きか奈良漬巻きあたりが一般的」
  2. ^ 「海苔巻」とは 出典:講談社
  3. ^ 『七十五日』 1787年刊

文献[編集]

関連項目[編集]