駅弁大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

駅弁大学(えきべんだいがく)とは、1946年(昭和21年)の学制改革に基づいて新設され急増した新制大学を揶揄する呼称。

当時、急行列車の停車する駅では弁当(駅弁)が売られていたが、それらの駅がある町には新しい大学があるという意味である[1]。それ以前には帝国大学をはじめ稀少であった旧制大学に対して、ありふれたものである新設地方国立大学を嘲笑ぎみに呼んでいるものである[1]。駅伝大学との誤植も多い。

概要[編集]

占領下の日本において連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) の主導により行われた学制改革によって「一県一国立大学」が実現されたが、それに伴って新設されて急増した国立新制大学諷刺した呼称である。

実際には、旧帝国大学や一流とは言えない無個性の地方国立大学をイメージするものとして使われる。旧帝国大学を除く地方の国立大学については「地方国立大学」と呼ぶのが一般的であり、「駅弁大学」の呼称は現在ではインターネットスラングなどでの使用に限定される。

背景[編集]

戦前の状況[編集]

戦前のいわゆる旧制大学は、1877年(明治10年)にお雇い外国人により国際的学問水準を確保した旧制東京大学が東京に設立され、1886年(明治19年)の帝国大学令によって、旧制東京大学は唯一の総合大学である帝国大学となった。この帝国大学令が根拠となって複数の学部(分科大学)を有する帝国大学だけが官立の大学として設置を許されることになり、その後、東京の組織を手本に京都帝国大学1897年)、東北帝国大学1907年)、九州帝国大学1911年)、北海道帝国大学1918年)、京城帝国大学1924年)、台北帝国大学1928年)、大阪帝国大学1931年)、名古屋帝国大学1939年)が各地に誕生した。なお、京都帝国大学の設立時に、東京の帝国大学は「東京帝国大学」と改称された。一方、その頃すでに1903年(明治36年)にはいくつかの一定水準に達した専門学校専門学校令による「私立大学」として高等教育にあたっていたが、学位の授与はなく、実業家などの子息がその財力を頼みに進学する先であり、水準は必ずしも高くなかったとみなされた。

その後第一次世界大戦好景気を背景に高等教育機関の拡充が叫ばれ、その結果1918年(大正7年)に公布された大学令によって官立、公立の単科大学と私立大学の設置が正式に認められた。これにより、有力な官公立の専門学校と十分な基本財産を持つ私立専門学校が旧制大学として順次昇格していった。しかし、双方をあわせてもその進学率は同世代の男子の数%に過ぎなかった。

駅弁大学の誕生[編集]

第二次世界大戦で日本軍が敗れると、軍部の独走を阻止できなかった原因のひとつとして、健全な知識階級の絶対数の不足が指摘され、再び高等教育機関の大拡充が行なわれることになった。しかし、それは敗戦直後のハイパーインフレ下という最悪の環境下で行われたため、大学新設は質的向上をもたらさず、結局全国の専門学校が一斉に看板を新制大学に架け替えるという「移行」にとどまった。特に、教員養成課程は戦前中等学校レベルである師範学校が母体となったため「二階級特進」などと揶揄された。

その結果、「国鉄急行停車駅ごとに大学がある」と評されるほどに、全国各地で新制大学が急増し、ある程度の規模の都市にはどこでも国立大学があるような状態になった。大宅壮一はこれを諷して「急行の止まる駅に駅弁有り、駅弁あるところに新制大学あり」と発言したとされる[2]かつての進学校生徒などが、「地元の駅弁を出て、でもしか教師になり、気楽な一生をすごすのさ」などと使うのが、典型的な用例であった。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b 駅弁大学を知っていますか 板坂元『男の装い』PHP研究所、平成10年7月27日第1版
  2. ^ 大宅は特定の大学を指して「駅弁大学」と揶揄したことはない[要出典]

参考文献[編集]

  • 現代人のための日本語の常識大百科(池田弥三郎著、講談社) 
  • 大学評価の研究(東京大学出版会)