会津高原尾瀬口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
会津高原尾瀬口駅
駅舎(2006年8月)
駅舎(2006年8月)
あいづこうげんおぜぐち
- Aizukōgen-Ozeguchi -
福島県南会津郡南会津町滝原字羽根子1056-1
所属事業者 会津鉄道
野岩鉄道
電報略号 コケ(会津鉄道)・アコ(野岩鉄道)
駅構造 地上駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
(会津鉄道)-2012年-
36人/日(降車客含まず)
(野岩鉄道)-2012年-
266人/日(降車客含まず)
開業年月日 1953年昭和28年)11月8日
乗入路線 2 路線
所属路線 会津鉄道会津線
キロ程 57.4km(西若松起点)
所属路線 野岩鉄道会津鬼怒川線
キロ程 30.7km(新藤原起点)
男鹿高原 (5.7km)
ホーム(2011年10月)
駅に併設されている「会津高原駅プラザ憩の家」(2011年10月)
転車台の遺構

会津高原尾瀬口駅(あいづこうげんおぜぐちえき)は、福島県南会津郡南会津町滝原字羽根子にある会津鉄道野岩鉄道

利用可能な鉄道路線[編集]

両線の分界駅だが、会津田島駅までが電化区間のため、大半の列車は直通運転される。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅

会津鉄道の管轄駅である。駅舎は線路の西側に立地し、ホームとは新藤原端の構内踏切で連絡している。

1 会津鬼怒川線 新藤原鬼怒川温泉下今市新栃木浅草方面
2 会津線 会津田島西若松会津若松方面

乗車券は駅舎窓口のほか、階下の「会津高原駅プラザ 憩の家」(観光物産館)でも会津鉄道・野岩鉄道・会津乗合自動車(会津バス)のものを発売している。

駅のはずれに転車台の遺構がある。

利用状況[編集]

  • 会津鉄道 - 2012年度の1日平均乗車人員は36人であった[1]
  • 野岩鉄道 - 2012年度の1日平均乗車人員は266人であった[2]

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

会津鉄道
会津線
快速「AIZUマウントエクスプレス
会津田島駅 - 会津高原尾瀬口駅 - 上三依塩原温泉口駅(会津鬼怒川線)
東武鉄道内快速・区間快速、会津線内普通
七ヶ岳登山口駅 - 会津高原尾瀬口駅 - 男鹿高原駅(会津鬼怒川線)
野岩鉄道
会津鬼怒川線
快速「AIZUマウントエクスプレス」
上三依塩原温泉口駅 - 会津高原尾瀬口駅 - 会津田島駅(会津線)
東武鉄道内快速・区間快速、会津鬼怒川線内普通
男鹿高原駅 - 会津高原尾瀬口駅 - 七ヶ岳登山口駅(会津線)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 第128回福島県統計年鑑
  2. ^ 第128回福島県統計年鑑