湯野上温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
湯野上温泉駅
駅舎(2006年8月撮影)
駅舎(2006年8月撮影)
ゆのかみおんせん - Yunokami-onsen
(3.8km) 塔のへつり
福島県南会津郡下郷町大字湯野上字大島無番地
所属事業者 会津鉄道
所属路線 会津線
キロ程 22.7km(西若松起点)
電報略号 ユミ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
93人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1932年(昭和7年)12月22日
備考 簡易委託駅
会津田島方面ホームと駅舎
会津田島方面ホームと駅舎
会津若松方面ホームと保線機械留置線(右端)
会津若松方面ホームと保線機械留置線(右端)
待合室の囲炉裏と湯野上文庫
待合室の囲炉裏と湯野上文庫
以前に大内宿ツアーとして運行していた『猿游号』
以前に大内宿ツアーとして運行していた『猿游号』

湯野上温泉駅(ゆのかみおんせんえき)は、福島県南会津郡下郷町大字湯野上字大島にある会津鉄道会津線である。

茅葺き屋根の駅舎を有し(当駅以外では豊後中村駅のみ)、駅名標には「江戸風情と湯けむりの里」とある。茅葺き屋根は最寄りの観光スポットである大内宿の街並みになぞらえて第三セクター転換後にふかれたもの。待合室には茅の虫除けのためにも必要な囲炉裏があり、有人時間帯には火が入れられている。

これらの特徴から、2002年(平成14年)に東北の駅百選に選定され、2005年(平成17年)度には、日本鉄道賞・特別賞を授与された。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する有人駅(朝から夕方のみ)で、列車交換が可能。簡易委託駅であり、駅業務を下郷町観光協会に委託している。

ホームは千鳥配置で、両方向の列車とも対向列車の手前側に停止する。駅舎は下りホーム(会津田島会津高原尾瀬口方面)側にあり、上りホーム(会津若松方面行)とは構内踏切で結ばれている。

利用状況[編集]

  • 会津鉄道 - 2013年度の1日平均乗車人員は93人であった[1]
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 118
2001 112
2002 112
2003 110
2004 93
2005 107
2006 107
2007 121
2008 134
2009 115
2010 107
2011 77
2012 99
2013 93

その他[編集]

各種のサービスは、朝から夕方までの有人時間帯のみに限られる。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

会津鉄道
会津線
快速AIZUマウントエクスプレス(会津田島以北快速運転の列車)
芦ノ牧温泉駅 - 湯野上温泉駅 - 塔のへつり駅
快速AIZUマウントエクスプレス(会津田島以北各駅停車の列車)・普通
芦ノ牧温泉南駅 - 湯野上温泉駅 - 塔のへつり駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]