新栃木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新栃木駅
西口(2007年5月)
西口(2007年5月)
しんとちぎ - Shin-tochigi
所在地 栃木県栃木市平柳町1丁目8-18
駅番号 TN 12
所属事業者 東武鉄道
電報略号 トチ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
3,743人/日
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 日光線
キロ程 47.9km(東武動物公園起点)
TN 11 栃木 (3.0km)
(2.1km) 合戦場 TN 13
所属路線 宇都宮線
キロ程 0.0km(新栃木起点)
(2.0km) 野州平川 TN 31►

新栃木駅(しんとちぎえき)は、栃木県栃木市平柳町にある東武鉄道である。駅番号はTN 12

日光線宇都宮線が乗り入れている。宇都宮線は当駅を起点としているが、宇都宮線の列車の大多数は日光線経由で隣の栃木駅まで運転される。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎は線路の西側にあり、島式ホームとは跨線橋により連絡している。PASMO対応自動改札機設置駅。

当駅北側に南栗橋車両管区新栃木出張所(旧・新栃木検修区)が所在し、ホーム東側には側線がある。

のりば[編集]

1番線ホームから2・3番線ホームを望む
2・3番線ホーム駅名標
番線 路線 方向 行先
1 日光線 下り 下今市東武日光鬼怒川線 鬼怒川温泉方面
宇都宮線 - 東武宇都宮方面
2・3 日光線 上り 栃木東武動物公園
東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面
(宇都宮線からの列車を含む)
下り 下今市・東武日光・鬼怒川線 鬼怒川温泉方面
宇都宮線 - 東武宇都宮方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。
  • 1番線から上り列車が発車することはない。
  • 快速・区間快速は下りが1番線、上りが2番線発着である。特急は基本的に通過するが、下りは1番線、上りは2番線を走行する。

付記[編集]

宇都宮線の列車が発車する際には、運転士に出発信号機が開通したことを知らせるメロディとして「かっこうワルツ」が流れる。列車発車後も信号の現示が赤に変わるまで流れる。

輸送上の特徴[編集]

当駅は日光線と宇都宮線の分岐駅であり、快速も停車するなど、輸送上の主要駅として機能している。

特急「けごん」「きぬ」2006年平成18年)3月18日に新設された早朝の当駅始発と深夜の終着列車の「けごん」以外は通過する。以前は東武日光・鬼怒川温泉等を発着する「けごん」「きぬ」の一部も停車していたが、2001年(平成13年)3月28日よりJR東日本(東日本旅客鉄道両毛線の乗り換え客を考慮し栃木駅停車に変更された。

2006年(平成18年)3月18日に行われたダイヤ改正をもって、浅草 - 当駅(一部東武日光)間で運行されていた準急は区間急行に名称変更のうえ朝夕のみの運行となり、代わって南栗橋発着の地下鉄半蔵門線東急田園都市線直通の急行と接続する南栗橋 - 当駅間の普通が毎時2本設定された。また、2009年(平成21年)6月6日に行われたダイヤ改正に伴い、区間急行の運転区間が当駅までとなった。

2011年(平成23年)、東日本大震災に伴う夏の節電ダイヤ実施時には、平日日中の南栗橋 ‐ 当駅間の本数が毎時2本に減便されていたほか、一部編成長が6両から4両に減車されていた(当駅発着の毎時2本の普通のうち1本を運休、区間快速は通常通り)[1]。9月に節電ダイヤが終了した後も平日日中の同区間においては引き続き毎時2本のまま存置されていたが、東京スカイツリー開業の2012年5月22日に解除された。

2013年3月16日のダイヤ改正より南栗橋 ‐ 当駅間の普通列車は4両編成に変更された。また、当駅始発・終着の区間急行は6050系による1日1往復のみ(5:00発・0:14着)となり通勤車での運用が廃止された。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員3,743人である[2]

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は以下の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均乗車人員[4]
日光線 宇都宮線
2000年(平成12年) 4,771
2001年(平成13年) 4,183
2002年(平成14年) 4,043
2003年(平成15年) 4,081
2004年(平成16年) 4,119
2005年(平成17年) 4,121
2006年(平成18年) 3,895
2007年(平成19年) 3,817
2008年(平成20年) 3,757 1,192 711
2009年(平成21年) 3,525 1,121 654
2010年(平成22年) 3,492 1,131 624
2011年(平成23年) 3,519 1,080 675
2012年(平成24年) 3,743

駅周辺[編集]

駅周辺は栃木市市街地の北部に当たり、基本的には新興住宅地となっている。

栃木郵便局
ヤオハンプラザアイム

西口[編集]

平柳町1丁目

昭和町

東口[編集]

平柳町2丁目

  • ハイテックビューティー専門学校
  • 新栃木コミュニティ会館

今泉町2丁目

  • マロニエ医療福祉専門学校
  • ビジネスホテル柳泉
  • グリーンカースル新栃木

路線バス[編集]

西口[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者
新栃木駅前 市街地循環線 (東回り)嘉右衛門町・栃木市役所・下都賀病院・医師会病院 栃木駅(循環) 栃木市営バス
(西回り)市民会館・本町郵便局・栃木文化会館・医師会病院
市街地北部循環線 (東回り)イオン栃木警察署・総合運動公園・十二社・法務局
(西回り)旧福田屋百貨店
真名子線 旧福田屋百貨店・下都賀病院・栃木女子高栃木商業高 栃木駅
赤津郵便局・真名子介護保険事業所・水木集落センター
道の駅にしかた・西方総合支所
東武金崎駅
赤津郵便局・水木集落センター 真名子介護保険事業所
金崎線 旧福田屋百貨店・下都賀病院 栃木駅
合戦場郵便局・都賀総合支所・家中駅・東武金崎駅・西方総合支所 道の駅にしかた

東口[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者
新栃木駅東口 大宮国府線 旧福田屋百貨店・下都賀病院 栃木駅 栃木市営バス
野州平川駅・保健福祉センター・大宮公民館・野州大塚駅 国府公民館

歴史[編集]

  • 1929年昭和4年)4月1日 - 東武日光線開通と同時に開業。
  • 1931年(昭和6年)8月11日 - 東武宇都宮線開業。
  • 1974年(昭和49年)7月23日 - 特急ロマンスカーが1日1往復、停車を開始する。
  • 1985年(昭和60年)8月19日 - 特急の停車本数が増加される。
  • 2001年平成13年)3月28日 - 特急の停車駅が新栃木駅から栃木駅へと変更される。これにより特急は一部を除いて当駅を通過することとなった。
  • 2005年(平成17年)7月 - ホームライナー格の浅草発新栃木行き急行「きりふり」241号が金曜限定で運行開始される。
  • 2006年(平成18年)3月18日 - 上記の急行「きりふり」241号を発展させる形で、当駅始発・終着列車(早朝上り「けごん」200号浅草行き、深夜下り浅草発「けごん」239号)の運行が開始される。
  • 2007年(平成19年)
  • 2009年(平成21年)6月6日 - ダイヤ改正に伴い、区間急行の運転区間が当駅までに変更。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - 東武鉄道の駅ナンバリングに伴い、TN-12を当駅に付番。
  • 2013年(平成25年)3月16日 - ダイヤ改正に伴い、当駅始発・終着の区間急行が1往復の運転に変更。

隣の駅[編集]

東武鉄道
日光線
特急「けごん」一部始発・終着駅
快速(東武日光方面行き)
栃木駅(TN 11) - 新栃木駅(TN 12) - 新鹿沼駅(TN 18)
区間快速・普通
栃木駅(TN 11) - 新栃木駅(TN 12) - 合戦場駅(TN 13)
区間急行(日光線内は各駅に停車)
栃木駅(TN 11) - 新栃木駅(TN 12)
宇都宮線
特急「しもつけ」 停車駅
普通
栃木駅(TN 11) -新栃木駅(TN 12) - 野州平川駅(TN 31)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] (PDF)
  2. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  3. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  4. ^ 栃木県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]