板荷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
板荷駅
駅舎(2011年5月)
駅舎(2011年5月)
いたが - Itaga
TN 19 北鹿沼 (5.1km)
(3.6km) 下小代 TN 21
所在地 栃木県鹿沼市板荷222
駅番号 TN 20
所属事業者 東武鉄道
所属路線 日光線
キロ程 74.9km(東武動物公園起点)
電報略号 イタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
155人/日
-2011年-
開業年月日 1929年昭和4年)7月7日
ホーム及び跨線橋(2011年5月)

板荷駅(いたがえき)は、栃木県鹿沼市板荷にある東武鉄道日光線である。駅番号はTN 20

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。かつては外側に通過線があり、優等列車を待避することが可能な構造であり、下り待避線から上り待避線に入線することも可能であったが、2006年にホーム有効長を4両編成対応から6両編成対応に延伸する際に待避線を埋める形で延伸したため、ホームの幅員はかなり広い。また、東武日光寄りの上り待避線には引込線があった。駅舎は線路の東側にあり、ホームとは跨線橋により連絡している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 日光線 上り 新栃木東武動物公園
東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面
2 日光線 下り 下今市東武日光鬼怒川線 鬼怒川温泉方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗降人員は155人である。近年の1日平均乗降人員の推移は下記の通り。

乗降人員推移
年度 1日平均乗降人員
2000 178
2001 175
2002 156
2003 165
2004 149
2005 126
2006 129
2007 135
2008 157
2009 161
2010 162
2011 155

駅周辺[編集]

板荷 - 下小代間の築堤を行く6050系区間快速(2008年9月)

駅は鹿沼市板荷地区(旧・板荷村)の中心から南に外れた位置にあり、周辺に民家はまばらである。駅前の県道板荷玉田線を2kmほど北上すると板荷地区の中心部に至る。

このほか、1984年に東京・足立区が鹿沼野外レクリエーションセンターを開設したが、利用客の減少などで2012年3月をもって閉鎖した。[1]

バス路線[編集]

駅前を通る県道に東武板荷駅前停留所があり、鹿沼市民バス(リーバス)小来川森崎線が運行されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東武鉄道
日光線
快速(東武日光方面行き)
通過
区間快速・普通
北鹿沼駅 (TN 19) - 板荷駅 (TN 20) - 下小代駅 (TN 21)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]