栃木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栃木駅
栃木駅北口(2012年5月)
栃木駅北口(2012年5月)
とちぎ - Tochigi
所在地 栃木県栃木市沼和田町
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
東武鉄道駅詳細

栃木駅
配線図
新大平下駅 大平下駅


東武1 2 3 JR2 1


STR ENDEa STR STR
STR STR STR STR
ABZrg ABZrf STR STRrg ABZrf
STRg STRf STRf STRg STRf
STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STRg STRf STRf STRg STRf
STR ABZlf ABZlg STRlf ABZlg
ABZrg STRrf STR STR
WASSERq WVIADUKT1-R STR WVIADUKT1-L WASSERq
STRrg STRq KRZo STRq KRZo STRq STRrf
思川駅 新栃木駅


栃木駅(とちぎえき)は、栃木県栃木市沼和田町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道である。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本の両毛線と、東武鉄道の日光線が乗り入れ、接続駅となっている。東武の駅については、日光線系統のほか、隣の新栃木駅から分岐する宇都宮線のほとんどの列車も乗り入れ、かつ当駅で折り返すため、実質2路線3方向の列車が利用できる。また駅番号として「TN 11」が付与されている。

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

JR 栃木駅
とちぎ - Tochigi
大平下 (4.4km)
(5.4km) 思川
所在地 栃木県栃木市沼和田町1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 両毛線
キロ程 10.8km(小山起点)
電報略号 トキ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
5,206人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1888年明治21年)5月22日
備考 直営駅管理駅

島式ホーム1面2線を有する高架駅地上駅時代は2面3線の形態であった。

直営駅駅長配置)であり、管理駅として、大平下駅思川駅を管理している。 Suica対応自動改札機指定席券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 両毛線 下り 小山方面
2 両毛線 上り 佐野前橋高崎方面


東武鉄道[編集]

東武 栃木駅
とちぎ - Tochigi
TN 10 新大平下 (4.8km)
(3.0km) 新栃木 TN 12
所在地 栃木県栃木市沼和田町1-35
駅番号 TN 11
所属事業者 東武鉄道
所属路線 日光線
宇都宮線直通含む)
キロ程 44.9km(東武動物公園起点)
電報略号 トキ
駅構造 高架駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
11,187人/日
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を有する高架駅。PASMO対応自動改札機設置駅。

かつてはJR東日本に駅業務を委託していたが、高架化完成後は自社で業務を行っている。地上駅時代は島式ホーム1面2線の形態であった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 日光線 上り 南栗橋東武動物公園
東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草
JR新宿方面
2・3 日光線 下り 新栃木東武日光鬼怒川線 鬼怒川温泉方面
宇都宮線 - 東武宇都宮方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。実際の案内では東武動物公園駅も「東武スカイツリーライン」の駅に内包されている。

付記[編集]

  • 2番線から発車する列車はすべて当駅始発である。1番線到着後、浅草寄りの引き上げ線に入ってから折り返し2番線に入線する形態で、浅草方面から2番線に入線することは不可能である。また、新栃木から回送される列車は、2番線に直接入線する。
  • 2006年平成18年)3月18日から東武とJR東日本との直通運転が開始されたため、東武線のホームにもJR車両が入線するようになった。
  • 2007年(平成19年)10月31日から東武宇都宮線でワンマン運転が開始され、その際2番線には運転士出発信号機が開通したことを知らせるメロディとして「メリーさんのひつじ」が流れるようになった。発車メロディの役割も果たしているが、列車発車後も信号の現示が赤に変わるまで流れるので、正確には発車メロディではない。

改札外の施設[編集]

NEWDAYSはJR東日本が運営するコンビニエンスストア、Accessは東武鉄道の駅売店の名称である。

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2012年度の1日平均乗車人員は5,206人である[1]
  • 東武鉄道 - 2012年度の1日平均乗降人員は11,187人である[2]
    • 日光線内では東武動物公園駅、幸手駅杉戸高野台駅に次ぐ第4位で、栃木県内の東武線の駅では第1位である。

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は以下の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 JR東日本 東武鉄道
1日平均
乗車人員[3]
1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[3]
2000年(平成12年) 5,747
2001年(平成13年) 5,646 11,719
2002年(平成14年) 5,389 11,112
2003年(平成15年) 5,398 11,115 5,580
2004年(平成16年) 5,300 11,124 5,629
2005年(平成17年) 5,279 11,216 5,747
2006年(平成18年) 5,197 11,451 5,817
2007年(平成19年) 5,189 11,169 5,424
2008年(平成20年) 5,202 11,204 5,699
2009年(平成21年) 5,085 10,859 5,502
2010年(平成22年) 5,124 10,876 5,523
2011年(平成23年) 5,038 10,760 5,392
2012年(平成24年) 5,206 11,187

駅周辺[編集]

北口[編集]

駅前からは蔵の街大通りで約1kmほど北に離れた市街地へとつながっている。大通り沿道は景観整備が完了し、土曜日・休日には「蔵の街」見物に多くの観光客が沿道を歩く様子が見られる。また、市街地への道路沿いには多数の大手予備校から小規模塾等数多くの予備校・塾が軒を連ね、県内随一の塾街と化している。

旧駅舎時代は狭隘な駅前広場であったが、駅周辺の区画整理事業と平行して新駅舎完成後に駅前広場整備が進んだ。2000年の東武栃木駅、2003年のJR栃木駅の高架化に伴いシビックコア重点整備地区として再開発区画整理事業が行われ、これまでに國學院大学栃木学園教育センターや栃木県立学悠館高等学校、高層マンションなどが複数建設されたほか、栃木地方合同庁舎やシビックセンターの建設が予定されている。広場には彫刻家前田哲明の「煌樹(こうじゅ)」が、駅前モニュメントとして設置されている[5]イトーヨーカドー撤退など、区画整理事業後も空き地となっているところが随所に目立っていたが、マンション建設や銀行支店、飲食店等の進出などにより、2005年(平成17年)12月中旬の時点では、高架沿い以外では空地は少なくなっている。

また、入舟町にあった栃木市役所は、2014年2月に万町にかつてあった福田屋百貨店栃木店の建物を改装して移設した。新市役所には、1階に東武宇都宮百貨店栃木店も同年3月に開業している。

蔵の街大通り

河合町

沼和田町

境町

片柳町一丁目

  • 宇都宮地方法務局 栃木支局
  • 栃木銀行 栃木西支店
片柳町二丁目
  • 栃木市商工会館
  • JAしもつけ 本店
  • 栃木サンプラザ
  • 栃木自動車教習場

南口[編集]

南口は1984年昭和59年)に栃木南高校(現・栃木翔南高校)の通学口として設置された。北口からの続きの市街地となっている。

南口(2012年5月)

沼和田町

境町

川連

路線バス[編集]

北口[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者
栃木駅 國學院線 倭町一丁目・下都賀病院・栃木女子高栃木商業高・二杉神社 國學院 関東バス
栃木商工会議所・片柳一丁目・二杉神社
寺尾線 栃木商工会議所・栃木商業高・栃木女子高・下都賀病院 ヨークベニマル 栃木市営バス
倭町一丁目・栃木高イオン・福寿園・梅沢新町・下河原 出流観音
倭町一丁目・栃木高・イオン・福寿園・梅沢新町・下河原・星野遺跡 星野御嶽山入口
大宮国府線 下都賀病院・新栃木駅野州平川駅・保健福祉センター・野州大塚駅 国府公民館
皆川線 下都賀病院・栃木女子高・栃木商業高・皆川郵便局・柏倉温泉 南柏倉公民館前
樋ノ口線 岩下記念館・栃木年金事務所 樋ノ口生協団地第一公園前
部屋線 下都賀病院・栃木女子高・栃木商業高・カインズモール大平下駅
新大平下駅・ゆうゆうプラザ・部屋出張所・藤岡総合支所
藤岡駅
下都賀病院・栃木女子高・栃木商業高・カインズモール・大平下駅
・新大平下駅・ゆうゆうプラザ・部屋出張所
部屋南部桜づつみ公園
真名子線 栃木女子高・下都賀病院・新栃木駅・赤津郵便局・真名子介護保険事業所
・水木集落センター・道の駅にしかた・西方総合支所
東武金崎駅
栃木女子高・下都賀病院・新栃木駅・赤津郵便局・水木集落センター 真名子介護保険事業所
金崎線 下都賀病院・新栃木駅・合戦場郵便局・都賀総合支所・家中駅
・東武金崎駅・西方総合支所
道の駅にしかた
栃木駅前 市街地循環線 (東回り)栃木文化会館・本町郵便局・市民会館 新栃木駅(循環)
(西回り)下都賀病院・栃木市役所・嘉右衛門町
(東回り・西回り)医師会病院 栃木駅前(循環)
市街地北部循環線 (東回り)新栃木駅・イオン・栃木警察署
(西回り)法務局・十二社・総合運動公園

夜行高速バス[編集]

南口[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
栃木駅南口 藤岡線 医師会病院栃木翔南高カインズモール大平下駅新大平下駅
・和泉駐在所・藤岡総合支所・藤岡駅・三鴨郵便局
道の駅みかも 栃木市営バス
医師会病院・栃木翔南高・カインズモール・大平下駅・新大平下駅
・和泉駐在所・藤岡総合支所・藤岡駅・藤岡総合体育館
道の駅きたかわべ 平日運行
医師会病院・栃木翔南高・カインズモール・大平下駅・新大平下駅
・和泉駐在所・藤岡総合支所・藤岡駅・藤岡総合体育館
谷中湖 土・日・祝日運行
栃木駅南 市街地循環線 (東回り)- 栃木駅前
(西回り)医師会病院

歴史[編集]

旧駅舎(2002年8月)
旧駅舎 正面より(2002年8月)

旧駅舎は鉄道高架化のため撤去されたが、民間事業者が部材を引き取り、栃木市野中町の自動車博物館魔方陣スーパーカーミュージアム」のエントランスとして再利用している(2004年開業)。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
両毛線
大平下駅 - 栃木駅 - 思川駅
東武鉄道
日光線
  • 特急「けごん」「きぬ」・JR線直通特急「日光」「スペーシア日光」「きぬがわ」「スペーシアきぬがわ」 停車駅
快速・区間快速・区間急行・普通
新大平下駅(TN 10) - 栃木駅(TN 11) - 新栃木駅(TN 12)
宇都宮線
  • 特急「しもつけ」 停車駅
普通
栃木駅(TN 11) - 新栃木駅(TN 12)

過去の接続路線[編集]

備考[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2012年度) 2014年4月5日閲覧。
  2. ^ 駅情報(乗降人員) | 企業情報 | 東武鉄道ポータルサイト 2014年4月5日閲覧。
  3. ^ a b 栃木県統計年鑑
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 札幌彫刻美術館「第13回本郷新賞 受賞作について」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]