新大平下駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新大平下駅
東口駅舎(2011年5月)
東口駅舎(2011年5月)
しんおおひらした - Shin-ōhirashita
TN 09 静和 (2.8km)
(4.8km) 栃木 TN 11
所在地 栃木県栃木市大平町富田571-2
駅番号 TN 10
所属事業者 東武鉄道
所属路線 日光線
キロ程 40.1km(東武動物公園起点)
電報略号 オヒ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
2,457人/日
-2012年-
開業年月日 1931年昭和6年)11月1日
西口(2012年10月)

新大平下駅(しんおおひらしたえき)は、栃木県栃木市大平町富田にある東武鉄道日光線である。駅番号はTN 10

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅。東口・西口の双方に駅舎があり、各ホームとは跨線橋により連絡している。PASMO対応自動改札機設置駅。トイレは各駅舎の改札内に設置されている。

1970年頃まで日立製作所栃木工場に直接引き込まれていた貨物専用線の一部を再利用したごく短い留置線が4番線の外側(東口駅舎側)にあり、工事用機械などが留置される。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 日光線 下り 新栃木東武日光鬼怒川線 鬼怒川温泉
宇都宮線 東武宇都宮方面
3・4 日光線 上り 南栗橋東武動物公園
東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。
  • 一部の上り区間快速・普通は当駅で特急を待避する。
  • 一部の普通は当駅で快速を待避する。 
  • 2・3番線が本線、1・4番線が待避線である。
  • 下り新栃木寄りに上り線から下り線への片渡り線がある。非常時は上りホームから当駅で下り方面への折り返しも可能だが、使用する機会は殆どない。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員2,457人である[1]

近年の1日平均乗降人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降人員[2]
年度 1日平均乗降人員
2000年(平成12年) 3,276
2001年(平成13年) 3,100
2002年(平成14年) 2,828
2003年(平成15年) 2,720
2004年(平成16年) 2,609
2005年(平成17年) 2,545
2006年(平成18年) 2,487
2007年(平成19年) 2,464
2008年(平成20年) 2,456
2009年(平成21年) 2,363
2010年(平成22年) 2,382
2011年(平成23年) 2,335
2012年(平成24年) 2,457

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

  • 路線バスは東口ロータリーを発着する。
乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
東武新大平下駅
・プラッツおおひら
藤岡線 大平下駅カインズモール栃木翔南高医師会病院 栃木駅南口 栃木市営バス
和泉駐在所・藤岡総合支所・藤岡駅・三鴨郵便局 道の駅みかも
和泉駐在所・藤岡総合支所・藤岡駅・篠山 道の駅きたかわべ 平日運行
和泉駐在所・藤岡総合支所・藤岡駅・篠山 谷中湖 土・日・祝日運行
部屋線 大平下駅・大平図書館・カインズモール・栃木女子高・下都賀病院 栃木駅
ゆうゆうプラザ・部屋出張所・藤岡総合支所 藤岡駅
ゆうゆうプラザ・部屋出張所 部屋南部桜づつみ公園

歴史[編集]

1988年(昭和63年)10月ダイヤ改正以前は、当時の日立製作所栃木工場の通勤利用が多かったことから、宇都宮線から直通する当駅始発・終着列車が設定されていた。

隣の駅[編集]

東武鉄道
日光線
快速・区間快速
板倉東洋大前駅(TN 07) - 新大平下駅(TN 10) - 栃木駅(TN 11)
区間急行・普通
静和駅(TN 09) - 新大平下駅(TN 10) - 栃木駅(TN 11)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  2. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]