合戦場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
合戦場駅
駅舎(2011年5月)
駅舎(2011年5月)
かっせんば - Kassemba
TN 12 新栃木 (2.1km)
(2.4km) 家中 TN 14
所在地 栃木県栃木市都賀町合戦場513
駅番号 TN 13
所属事業者 東武鉄道
所属路線 日光線
キロ程 50.0km(東武動物公園起点)
電報略号 カセ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
306人/日
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日
備考 簡易委託駅
西口(2011年5月)
ホーム(2011年5月)
1番線に到着した上り快速(6050系
(2009年6月)

合戦場駅(かっせんばえき)は、栃木県栃木市都賀町合戦場にある東武鉄道日光線である。駅番号はTN 13

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。2007年(平成19年)5月に建て替えられた駅舎は浅草方面ホーム側にあり、東武日光方面ホームとは跨線橋により連絡している。東武日光方面ホーム側にも出入口(西口)が存在するが、駅舎はない。駅員無配置駅乗車券は駅前の自転車預かり所で発売している(簡易委託駅)。駅舎では管理駅から職員を派遣して乗車券を臨時に発売することがある。乗車時には駅舎にある乗車駅証明書発行機で乗車駅証明書を発券し、下車駅の有人改札にて支払いとなる。また、IC乗車券(PASMOSuica首都圏エリア)の利用エリア内であり、駅舎内に、IC乗車券用の簡易改札機が設置されている。また、インターホンを使い管理駅と連絡を取ることができる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 日光線 上り 新栃木東武動物公園
東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面
2 日光線 下り 下今市東武日光鬼怒川線 鬼怒川温泉方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員306人である[1]

近年の1日平均乗降人員の推移は下記のとおり。

年度別1日平均乗降人員[2]
年度 1日平均乗降人員
2000年(平成12年) 297
2001年(平成13年) 264
2002年(平成14年) 259
2003年(平成15年) 258
2004年(平成16年) 271
2005年(平成17年) 227
2006年(平成18年) 233
2007年(平成19年) 242
2008年(平成20年) 300
2009年(平成21年) 286
2010年(平成22年) 268
2011年(平成23年) 293
2012年(平成24年) 306

駅周辺[編集]

東口[編集]

  • 合戦場郵便局
  • 栃木市立合戦場小学校

東武宇都宮線野州平川駅まで約1.6kmの道のり(徒歩約20分)である。

西口[編集]

  • 栃木県南自動車学校
  • グリ-ンテニスクラブ

バス路線[編集]

最寄バス停合戦場郵便局前、栃木市営バス金崎線が発着する。

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者
合戦場郵便局前 金崎線 とちの木病院、新栃木駅、下都賀病院 栃木駅 栃木市営バス
家中駅前、東武金崎駅、西方総合支所 道の駅にしかた

歴史[編集]

旧駅舎(2001年1月)

駅名の由来[編集]

1523年大永3年)に宇都宮忠綱皆川宗成両軍が当地で合戦をした河原田合戦に由来する。

隣の駅[編集]

東武鉄道
日光線
快速(東武日光方面行き)
通過
区間快速・普通
新栃木駅 (TN 12) - 合戦場駅 (TN 13) - 家中駅 (TN 14)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  2. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  3. ^ なお、延伸方向は家中駅は北、東武金崎駅は南、楡木駅は北、樅山駅は南と交互に変わる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]