新古河駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新古河駅
西口(2012年8月)
西口(2012年8月)
しんこが - Shin-koga
TN 04 栗橋 (6.7km)
(3.0km) 柳生 TN 06
所在地 埼玉県加須市向古河732
駅番号 TN 05
所属事業者 東武鉄道
所属路線 日光線
キロ程 20.6km(東武動物公園起点)
電報略号 シコ
駅構造 地上駅橋上駅舎
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,172人/日
-2013年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日*
備考 * 1935年7月21日 現在地に移転
東口(2011年5月)
東口(2011年5月)
改札口(2011年5月)
改札口(2011年5月)

新古河駅
配線図

栗橋駅

1 2


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

柳生駅

新古河駅(しんこがえき)は、埼玉県加須市向古河にある東武鉄道日光線である。駅番号はTN 05。駅名の由来である茨城県古河市中心部は、同駅近くを流れる渡良瀬川の対岸に位置する。

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅で、橋上駅舎を有している。PASMO対応自動改札機設置。エスカレーターエレベーターおよび多機能トイレは設置されていない。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 日光線 上り 南栗橋東武動物公園
東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面
2 日光線 下り 新栃木東武日光鬼怒川線 鬼怒川温泉
宇都宮線 東武宇都宮方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。
  • 2013年3月16日のダイヤ改正で、当駅は区間快速の停車駅から外れ、また当駅と東武動物公園方面を直通で結ぶ列車は上りの始発列車(区間急行浅草行き)と下りの最終列車(区間急行新栃木行き)の1往復のみとなった。当該電車以外で当駅から東武動物公園方面を行き来する場合は、南栗橋駅で乗り換えとなる。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は2,172人である[1]

毎年8月第一土曜日に茨城県古河市のゴルフ場『古河ゴルフリンクス』(渡良瀬川河川敷)で古河花火大会が開催される際は、当駅が最寄り駅ということもあり、乗降客が増える。花火大会時には、板倉東洋大前駅始発、南栗橋方面の臨時列車が運行される。

近年の1日平均乗降人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均乗降人員
1999年(平成11年) 3,021
2000年(平成12年) 3,003
2001年(平成13年) 3,035
2002年(平成14年) 2,908
2003年(平成15年) 2,819
2004年(平成16年) 2,797
2005年(平成17年) 2,818
2006年(平成18年) 2,760
2007年(平成19年) 2,691
2008年(平成20年) 2,651
2009年(平成21年) 2,565
2010年(平成22年) 2,472
2011年(平成23年) 2,288
2012年(平成24年) 2,257
2013年(平成25年) 2,172

駅周辺[編集]

東口[編集]

西口[編集]

東武鉄道が開発した住宅地「東武CITY新古河」がある。この地域は、加須市陽光台の台地(微高地)上にある新興住宅地である。

路線バス[編集]

西口に新古河駅西口バス停留所があり、加須市コミュニティーバスが発着する。

乗り場 主な経由地 行先 運行事業者 備考
新古河駅西口 北川辺総合支所・柳生駅・道の駅童謡のふる里おおとね
・大利根総合支所・加須市役所・加須駅南口
騎西総合支所 朝日自動車 加須営業所(市側が委託) 日曜・年末年始運休
  • かつては、東口駅前(東口)から茨城県西部各方面への東武鉄道の路線バスが発着していた。
  • また、古河駅西口経由で栃木大町との間を往復する東武鉄道の路線バスが発着していたこともある。その当時の古河駅前は非常に狭く、転車台でバスの向きを変えていた。

隣の駅[編集]

東武鉄道
日光線
快速・区間快速
通過
普通
栗橋駅(TN 04) - 新古河駅(TN 05) - 柳生駅(TN 06)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]