下新田信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下新田信号場
下新田信号場付近の航空写真国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
下新田信号場付近の航空写真
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
しもしんでん - Shimo-Shinden
所在地 群馬県桐生市相生
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
わたらせ渓谷鐵道
電報略号 モシ
駅構造 地上駅
ホーム 3線
開業年月日 1909年明治42年)4月15日
乗入路線 2 路線
所属路線 両毛線(JR東日本)
キロ程 54.6km(小山起点)
桐生 (1.7km)
(2.3km) 岩宿
所属路線 わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線
キロ程 1.7km(桐生起点)
桐生 (1.7km)
(0.2km) 下新田
構内配線図
下新田信号場
(桐生駅側から岩宿駅方向)
下新田信号場
(下新田駅側から桐生駅方向)
高崎総合訓練センター

下新田信号場(しもしんでんしんごうじょう)は、群馬県桐生市相生にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線およびわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線信号場である。桐生駅より岩宿駅方向に約1.7kmにある信号場。岩宿駅方よりわたらせ渓谷線が両毛線に合流する。

両毛線とわたらせ渓谷線の施設上の分界点でもある。なお、営業上(運賃計算上)の境界は桐生駅で、桐生駅 - 本信号場間は、JR東日本とわたらせ渓谷鐵道の双方に属する。

構造[編集]

構内配線図のとおり、本信号場は「単線分岐型」および「単線交換型」の複合型信号場である。 桐生駅方から進むとわたらせ渓谷線を分岐した直後に両毛線の交換設備が設置されている。 上記のような配線のため、わたらせ渓谷線の列車同士の交換・待避は不可能である。

似た構造の信号場の一つにJR予土線土佐くろしお鉄道中村線川奥信号場がある。こことの違いは分岐型と交換型が一体化しており、双方の列車同士の交換・待避が可能であるので同じ複合型信号場でも条件が異なる。

桐生駅から当信号場までの間は見かけ上複線となっているが、南側の線路は桐生駅 - JR東日本高崎総合訓練センター間の引込線である。したがって南側の線路には営業列車は走行しないため、この区間は単線である。

信号場の速度制限[編集]

  • わたらせ渓谷線側への分岐は45km/hの速度制限、直後の安全側線のポイント通過には50km/hの速度制限を受ける。
  • 両毛線桐生側交換設備の分岐は両開きポイントのため、両方向の列車とも60km/hの速度制限を受ける。
  • 両毛線岩宿側交換設備の分岐は片開きポイントのため、桐生→岩宿方向の列車のみ60km/hの速度制限を受ける。

周辺[編集]

  • わたらせ渓谷線下新田駅およびJR東日本高崎総合訓練センターが隣接している。
  • 信号場の岩宿駅側には東武桐生線の陸橋が架かる。信号場内に連絡線を設け、東武線をJR桐生駅まで乗り入れさせる構想がある。

高崎総合訓練センター[編集]

主に高崎支社管内の運転関係社員・設備関係社員の訓練を実施する場として設置されている。

留置線が併設されており、桐生発着列車の待機スペースにもなっている。また保守基地も併設されている。

歴史[編集]

交通手段[編集]

わたらせ渓谷線下新田駅より歩いてすぐ。

隣の施設[編集]

東日本旅客鉄道
両毛線
桐生駅 - 下新田信号場 - 岩宿駅
わたらせ渓谷鐵道
わたらせ渓谷線
桐生駅 - 下新田信号場 - 下新田駅