江曽島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江曽島駅
東口(2010年2月)
東口(2010年2月)
えそじま - Esojima
TN 37 西川田 (2.0km)
(1.8km) 南宇都宮 TN 39
所在地 栃木県宇都宮市大和二丁目12-31
駅番号 TN 38
所属事業者 東武鉄道
所属路線 宇都宮線
キロ程 20.3km(新栃木起点)
電報略号 エソ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
2,339人/日
-2012年-
開業年月日 1944年昭和19年)7月1日
西口

江曽島駅(えそじまえき)は、栃木県宇都宮市大和二丁目にある東武鉄道宇都宮線である。駅番号はTN 38

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。エレベーターエスカレーターは設置されていない。PASMO対応簡易ICカード改札機設置駅。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 宇都宮線 下り 東武宇都宮方面
2 宇都宮線 上り 栃木方面

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員2,339人である[1]

近年の1日平均乗降人員の推移は下表のとおりである。

年度 1日平均乗降人員
2001年(平成13年) 2,915
2002年(平成14年) 2,698
2003年(平成15年) 2,627
2004年(平成16年) 2,638
2005年(平成17年) 2,581
2006年(平成18年) 2,576
2007年(平成19年) 2,606
2008年(平成20年) 2,524
2009年(平成21年) 2,420
2010年(平成22年) 2,283
2011年(平成23年) 2,261
2012年(平成24年) 2,339

駅周辺[編集]

駅名の「江曽島」はもとは旧横川村西部にあった地名で、この一帯は1954年(昭和29年)の横川村本体の宇都宮市編入に先立って1952年(昭和27年)に部分的に宇都宮市へ編入された区域である。現在の江曽島周辺は陽南通りや江曽島本通りなどを中心に住宅街として発展している。

西口[編集]

東口[編集]

  • 宇都宮南警察署宮本町交番
  • 宇都宮市役所陽南出張所
  • 宇都宮市南生涯学習センター
  • 宇都宮市立陽南中学校
  • 宇都宮市立陽南小学校
    • 宇都宮市陽南地域コミュニティセンター
  • 宇都宮市立緑ヶ丘小学校
  • 陽南第2公園
  • 宮原運動公園(南宇都宮駅からもアクセス可)
    • 宇都宮市営宮原球場
  • 宇都宮市陽南プール
  • 栃木県自動車学校
  • 栃木県立がんセンター
  • 栃木県立衛生福祉大学校
  • 報徳会宇都宮病院
  • 宇都宮双葉郵便局
  • 宇都宮江曽島郵便局
  • アピタ宇都宮店
  • ヤマダ電機 テックランド宇都宮南店(徒歩10分)

バス路線[編集]

東口に関東自動車江曽島駅停留所[2]がある。

  • [ 31 ] 西川田東行き
  • [ 01 ] 陽南通り・一条経由JR宇都宮駅行き

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東武鉄道
宇都宮線
普通
西川田駅(TN 37) - 江曽島駅(TN 38) - 南宇都宮駅(TN 39)

脚注[編集]

  1. ^ 駅情報(乗降人員) | 企業情報 | 東武鉄道ポータルサイト 2014年4月5日閲覧。
  2. ^ 駅名の読みが「えそま」であるのに対しバス停名は「えそま」と読む。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]