下野大沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下野大沢駅
駅舎(2009年6月)
駅舎(2009年6月)
しもつけおおさわ* - Shimotsuke-Ōsawa
文挟 (5.8km)
(5.7km) 今市
所在地 栃木県日光市土沢557
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 日光線
キロ程 28.2km(宇都宮起点)
電報略号 オワ←ヲワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
773人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1929年(昭和4年)11月1日
備考 業務委託駅
* 開業時から1990年までは「しもけおおさわ」で呼称。

下野大沢駅(しもつけおおさわえき)は、栃木県日光市土沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線である。

歴史[編集]

  • 1929年昭和4年)11月1日 - 下野大沢駅(しもずけおおさわえき)として開業。
  • 1971年(昭和46年)10月1日 - 無人化。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄の分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。
  • 1990年平成2年)12月1日 - 読みをしもつけおおさわに改称。
  • 1995年(平成7年) - 有人化。
  • 2008年(平成20年)3月14日 - 出札窓口の営業が終了する。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - Suicaのサービス開始。
  • 2010年(平成22年)7月 - 西口駅舎の工事開始。
  • 2010年(平成22年)11月15日 - 西口駅舎完成。
  • 2010年(平成22年)12月4日 - 西口駅舎の開設式を挙行。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅である。業務委託駅JR東日本ステーションサービス受託)。簡易Suica改札機設置駅。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 日光線 上り 鹿沼宇都宮方面 一部2番線から発車
2 日光線 下り 今市日光方面  

2番線を上下主本線とした一線スルーとなっているが、早朝などの一部列車を除き、原則として方向別に発着する。

利用状況[編集]

  • 2013年度の1日平均乗車人員は773人である。
乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2000 999
2001 988
2002 933
2003 960
2004 943
2005 913
2006 912
2007 908
2008 851
2009 826
2010 805
2011 770
2012 763
2013 773

駅周辺[編集]

当駅は日光市大沢地区(旧大沢村)の西の外れにあり、同地区中心部へは栃木県道110号下野大沢停車場線で連絡している。駅周辺には宇都宮ベッドタウンが広がる。

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
  下野大沢線 大沢地区センター、土沢十文字、東武下今市駅前、JR今市駅 今市車庫 日光市営バス
落合・猪倉地区デマンドバス    

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
日光線
文挟駅 - 下野大沢駅 - 今市駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]