福住駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福住駅
3番出入口札幌ドームへ向かう観客や、バスターミナルへの連絡通路となっている
3番出入口
札幌ドームへ向かう観客や、バスターミナルへの連絡通路となっている
ふくずみ - Fukuzumi
◄H13 月寒中央 (1.0km)
札幌市豊平区月寒東1条13丁目
駅番号 H14
所属事業者 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東豊線
キロ程 13.6km(栄町駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
16,178人/日(降車客含まず)
-2013年度-
開業年月日 1994年(平成6年)10月14日 [1]

福住駅(ふくずみえき)は、北海道札幌市豊平区月寒東1条13丁目にある札幌市営地下鉄東豊線の終点の駅。駅番号はH14札幌ドームの最寄駅。

駅構造[編集]

改札口

プラットホーム[編集]

1面2線の島式ホームで、北側に両渡り式転轍機、南側に留置線が3本設置されている。終点駅であり、札幌ドームへ向かう利用客や接続するバスへの乗り換え客が多いものの、ホームの幅員は延伸区間の他駅とあまり替わらないため、手狭となっている。

開業当初は栄町駅と同様に一旦南側の留置線へ回送しその後2番ホームへ入線していたが、2004年以降は北側の両渡り式転轍機を利用して転線し、ホームで折り返しが行われるようになった。これは沿線にある月寒グリーンドームや札幌ドームで開催されるコンサートやイベント、プロ野球などの観客が大幅に増加したため、一部の客が回送車に誤乗車する例が目立つようになったことやホームの混雑による転落事故を防止するためとされる。東豊線の終点駅で定期的にホーム折り返し運転が行われるのは、延伸前の豊水すすきの駅で行われて以来10年ぶりとなる。

のりば
1 東豊線 大通さっぽろ栄町方面
2 東豊線 大通・さっぽろ・栄町方面

出入口[編集]

出口は4ヶ所。エレベーターは当初2番出口にしかなかったが、後に3番出口・バスターミナルへの通路にもエレベーターが設置された。

改札[編集]

東豊線の駅では早い段階で南改札口の全ての改札機がカード対応になった。当時はまだカード非対応改札機が混在していた時期であったが、札幌ドームの開業前に更新が実施された。そのため当初改札口のカード専用改札機の上に「カードご利用の方は、この改札をお通り下さい」という案内は「当駅の南改札口は、全てカード対応です」に切り替わった。全駅がカード対応改札機に更新された後も、しばらくは枠のみが残っていた(現在は南改札口側は撤去、北改札口には残っている)。

また、2009年からのICカード「SAPICA」導入に向け、当駅の改札機は北改札口・南改札口ともに全てSAPICA対応に更新された(券売機・精算機は一部非対応)。これは大通駅やさっぽろ駅よりも先である。

利用状況[編集]

札幌市交通局の調べによれば、2013年度の1日平均乗車人員は16,178人である。

開業当初より、東豊線ではさっぽろ駅大通駅に次いで第3位であり、他線との乗り換えがない単独駅としては東豊線内で第1位である。札幌ドームが開場した2001年度からは上昇傾向が続いており、2010年度以降は当駅と同じく南端の駅である真駒内駅の乗車人員を上回っている。

開業以降の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
1994年(平成06年) 9,164
1995年(平成07年) 11,680
1996年(平成08年) 11,971
1997年(平成09年) 11,744
1998年(平成10年) 11,665
1999年(平成11年) 11,742
2000年(平成12年) 11,624
2001年(平成13年) 13,484
2002年(平成14年) 13,514
2003年(平成15年) 13,620
2004年(平成16年) 14,158
2005年(平成17年) 14,596
2006年(平成18年) 15,212
2007年(平成19年) 15,211
2008年(平成20年) 15,302
2009年(平成21年) 15,541
2010年(平成22年) 15,299
2011年(平成23年) 15,997
2012年(平成24年) 16,103
2013年(平成25年) 16,178

駅周辺[編集]

福住駅周辺の様子。手前の道路は国道36号

隣の月寒中央駅より国道36号(月寒通・室蘭街道)の下を通っており、出口もすべて国道36号沿いにある。
周辺は国道36号沿いを中心に商業施設や企業が集積しており、周囲をマンションなど住宅街が取り囲んでいる。

バス路線[編集]

福住駅で接続するすべてのバスは、併設されたバスターミナルから発着している。

歴史[編集]

備考[編集]

  • 当初札幌市では北海道立産業共進会場付近を経由して北野方面へ地下鉄を建設すると予定しており、実際はやや異なる経路となった。このために当初計画の「共進会場駅」は不可能に近く、また北野方面が東西線に近く採算性が不透明といわれ、現在の福住駅から国道36号線の下をそのまま南下して清田区役所方面への延伸も一時期検討されたことがあるが、今後の延伸は未定である。東豊線各駅ホームの壁にある路線案内図では、当駅より先に2駅程度の空白がある。
  • 札幌ドームで催事があるとき、福住駅から札幌ドームまでは通常徒歩15分弱であるが、イベント終了後は大勢の人々が福住駅に向かうため歩道は行列となり、福住駅まで20分弱かかる場合もある。歩道が幹線道路である国道36号に面していることもあり、危険防止のため交通整理員を各所に配置している。

隣の駅[編集]

札幌市営地下鉄
東豊線
月寒中央駅 (H13) - 福住駅 (H14)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “都心直結 期待を乗せて 東豊線延長 福住駅で発車式”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1994年10月13日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]