美濃赤坂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美濃赤坂駅
駅舎
駅舎
みのあかさか - Mino-akasaka
所在地 岐阜県大垣市赤坂町153-1
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
日本貨物鉄道(JR貨物)
西濃鉄道
電報略号 ミア
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
340人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1919年大正8年)8月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 東海道本線支線(美濃赤坂支線
キロ程 5.0km(大垣起点)
東京から415.0km
荒尾 (1.6km)
所属路線 西濃鉄道市橋線(貨物線)
キロ程 0.0km(美濃赤坂起点)
(1.3km) 乙女坂
備考 駅員無配置駅

美濃赤坂駅(みのあかさかえき)は、岐阜県大垣市赤坂町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・西濃鉄道である。

JR東海・JR貨物の東海道本線支線(通称:美濃赤坂支線)と、西濃鉄道の市橋線貨物線)が乗り入れる。付近の金生山石灰石を産出するため、当駅は石灰石輸送の中継地点となっており、1日2 - 3往復の貨物列車が発着する。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームに隣接する線路が美濃赤坂駅の本線となっている。また付属する機回し線が現存している。ホームは駅構内の西端にあり、その北端に駅舎が置かれている。旅客駅としては大垣駅が管理する無人駅で、隣の荒尾駅と同様にTOICA導入は見送られている。自動券売機は設置されていない。当駅を発着する列車のうちワンマン運転を行っていないものは、当駅に着くと車掌が切符を回収し、発車後に車掌が切符を発券する。

副本線は7番線と機回し線隣の2番線の2線。7番線は貨物列車の着発線で、ここに市橋線が接続している。このほか、駅構内には複数の側線があり、貨車留置などに使用されていた。現在でもJR東海の保線用車両が留置されることがある。2番線東隣の3番線には貨物ホームが設置されているが、現在は鉄道貨物の積み下ろし作業は行われていない。構内南側には西濃鉄道の機関区が設置されている。かつて駅東側の矢橋大理石工場へ続く専用線も存在した。なお、分岐器操作などの駅業務はJR東海より委託された西濃鉄道が行っている。駅舎は事実上西濃鉄道の事務所として使用されている。

利用状況[編集]

「岐阜県統計書」によると、一日平均の乗車人員は以下の通りである。

  • 2005年度 - 375人
  • 2007年度 - 357人
  • 2008年度 - 364人
  • 2009年度 - 349人
  • 2010年度 - 365人
  • 2011年度 - 362人
  • 2012年度 - 340人

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1919年大正8年)8月1日 - 国有鉄道東海道本線の美濃赤坂支線開通と同時に設置。
  • 1928年昭和3年)12月17日 - 西濃鉄道が乗り入れ。
  • 1958年(昭和33年)10月1日 - 大垣 - 美濃赤坂間の電化に伴い、駅構内を電化。
  • 1968年(昭和43年)10月1日 - 国鉄のヨンサントオダイヤ改正に伴い、東京駅発の夜行普通列車(大垣夜行)が同駅行きとして運転(1969年10月1日に大垣止まりへ変更)。
  • 1971年(昭和46年)5月1日 - 荷物の取扱いを廃止。同時に旅客窓口業務を廃止。
  • 1974年(昭和49年)10月1日 - 小荷物の取扱いを開始。
  • 1976年(昭和51年)8月21日 - 小荷物の取扱いを廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、国鉄の駅は東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅となる。
  • 1999年平成11年)12月4日 - 東海道本線名古屋方面の直通列車を13.5往復(平日一日)から下り1本(名古屋駅発当駅行き)のみに大幅削減。
  • 2006年(平成18年)3月31日 - 西濃鉄道昼飯線廃止。
  • 2006年(平成18年)10月1日 - 当駅発豊橋駅行き区間快速が設定される。
  • 2009年(平成21年)3月14日 - 区間快速設定廃止。最遠で名古屋駅までの普通列車のみの運転となる。
  • 2010年(平成22年)3月13日 - ダイヤ改正にて当駅発豊橋駅行き新快速が設定される(平日のみ)。
  • 2011年(平成23年)3月12日 - 新快速設定廃止。
  • 2011年(平成23年)3月 - 貨物ホームの建屋南側1/3が切り詰められる。
  • 2011年(平成23年)7月下旬 - 8月上旬 - 矢橋大理石への専用線跡が分岐部分を含めて撤去される。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - 朝など一部の時間帯をのぞきワンマン運転開始。
  • 2013年(平成25年)1月ごろ - 駅東の矢橋大理石の木造建屋が解体。西濃鉄道通運解散のため、貨物ホームのコンテナ・倉庫などが撤去される。
  • 2013年(平成25年)3月16日 - 直通の設定がなくなり、すべての旅客列車が大垣駅までの運行となる。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
東海道本線(美濃赤坂支線)
荒尾駅 - 美濃赤坂駅
西濃鉄道
市橋線(貨物線)
美濃赤坂駅 - 乙女坂駅

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]