南荒尾信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯35度22分22秒 東経136度35分10秒 / 北緯35.37278度 東経136.58611度 / 35.37278; 136.58611

南荒尾信号場
左から垂井線、下り線、上り線、美濃赤坂方面
左から垂井線、下り線、上り線、美濃赤坂方面
みなみあらお - Minami-arao
所在地 岐阜県大垣市熊野町
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
電報略号 ラオ←ラヲ
駅構造 信号場
開業年月日 1918年(大正8年)4月25日
乗入路線 3 路線
所属路線 東海道本線(上り本線・垂井線)
キロ程 413.1km(東京起点)
大垣 (3.1km)
(5.0km) 垂井
所属路線 東海道本線(下り本線)
大垣 (3.1km)
(10.7km) 関ヶ原
所属路線 東海道本線(美濃赤坂支線)
大垣 (3.1km)
(0.3km) 荒尾
構内配線図

南荒尾信号場(みなみあらおしんごうじょう)は、岐阜県大垣市熊野町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線信号場である。

構造[編集]

大垣駅より垂井駅方向に約3.1kmにある信号場である。

本信号場から垂井駅方向に、上り本線・下り本線・垂井線・東海道本線支線(通称:美濃赤坂線)を分岐している。

構内配線図の通り、垂井駅・関ヶ原駅方面は立体交差であるが、美濃赤坂駅方面に向かう列車は、渡り線通過のため上り線を支障する。

路線解説[編集]

  • 下り本線は、本信号場から関ヶ原駅までの間に存在する最大25パーミル(25/1000)の上り勾配を回避するため、1944年に開業した迂回線(新垂井駅(廃止)経由・最大勾配10パーミル)に切り換えられ、旧下り線の線路は第二次大戦中の鋼材確保を理由に撤去された。
  • 垂井線は1944年に撤去された旧下り線を、1946年に別線(本信号場 - 垂井駅間は下り専用、垂井駅 - 関ヶ原駅間は上下双方向に運転可能な単線)として復活させたものである。
  • この区間の下り列車は、普通列車は垂井駅に停車する必要があるため垂井線経由で運転され、垂井駅に停車する必要のない特急列車や勾配緩和が必要な貨物列車は下り本線(迂回線)経由で運転される。また、関ケ原駅始発の上り列車も、大垣車両区から下り本線経由で回送されている。

周辺[編集]

荒尾駅に隣接している。周辺には耕作地および住宅が広がる。南側には一般国道475号東海環状自動車道大垣西インターチェンジが設置されている。

歴史[編集]

南荒尾信号場付近の航空写真
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
東海道本線上り・垂井線(下り普通列車)
大垣駅 - 南荒尾信号場 - 垂井駅
東海道本線下り(優等列車のみ)
大垣駅 - 南荒尾信号場関ヶ原駅
美濃赤坂線
大垣駅 - 南荒尾信号場 - 荒尾駅

外部リンク[編集]

未来航路 垂井線の謎