美濃大久保駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美濃大久保駅跡

美濃大久保駅(みのおおくぼえき)は、かつて岐阜県大垣市赤坂町の西濃鉄道昼飯線上にあったである。

貨物駅であり、石灰石輸送が行なわれていた。

概要[編集]

  • 大久保駅はスイッチバック構造であり、駅構内は本線と2本の側線で構成されていた。隣接して古田石灰があり、石灰石の積み込みが行われていた。
  • 美濃赤坂駅方面からの貨物列車は、貨車機関車が押し、美濃大久保駅で方向を換え機関車が貨車を牽引していた。逆に昼飯駅からの貨物列車は、貨車を機関車が押し、美濃大久保駅で方向を換え機関車が貨車を牽引していた。
  • 貨物列車の設定がなくなってからは、当時西濃鉄道が受託していた廃貨車の解体のため構内に多数の貨車が留置されていた。

歴史[編集]

座標: 北緯35度23分28秒 東経136度34分34.5秒 / 北緯35.39111度 東経136.576250度 / 35.39111; 136.576250