昼飯駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
昼飯駅
昼飯駅駅舎跡(2006年8月)
昼飯駅駅舎跡(2006年8月)
ひるい - Hirui
美濃大久保 (0.8km)
所在地 岐阜県大垣市昼飯町
所属事業者 西濃鉄道
所属路線 昼飯線
キロ程 1.9km(美濃赤坂起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1928年昭和3年)12月17日
廃止年月日 2006年平成18年)3月31日*
備考 路線廃止に伴い廃駅
* 1983年(昭和58年)9月より休止
昼飯駅構内跡(2006年8月)

昼飯駅(ひるいえき)は、かつて岐阜県大垣市昼飯町にあった西濃鉄道昼飯線貨物駅廃駅)である[1]。昼飯線の終点駅であった。

概要[編集]

当駅より石灰石輸送が行なわれていた。また、当駅から石灰石の採掘場への専用線(鉱山鉄道)が存在していた。この専用線は西濃鉄道の路線ではなく、各石灰石関連の会社専用線であり、軌間610mm、蓄電池機関車で運行されていた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅構内は本線と5本の側線で構成されていた。隣接して古田石灰、上田石灰、河合石灰があり、石灰石の積み込みが行われていた。

隣の駅[編集]

西濃鉄道
昼飯線
(貨)美濃大久保駅 - (貨)昼飯駅
各石灰石会社
専用線
(貨)昼飯駅 - (貨)採掘場 (0.5km)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]