和気駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和気駅
駅舎
駅舎
わけ - Wake
吉永 (5.3km)
(4.6km) 熊山
所在地 岡山県和気郡和気町福富572-9
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)*
所属路線 山陽本線
キロ程 114.8km(神戸起点)
電報略号 ワケ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,390人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1891年明治24年)3月18日
備考 直営駅
みどりの窓口
* 1991年まで同和鉱業片上鉄道も乗り入れていた。
ホーム
片上鉄道和気駅 ホーム
1981年(昭和56年)頃

和気駅(わけえき)は、岡山県和気郡和気町福富にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である。

概要[編集]

駅構内には、運転取り扱い業務に携わるJR西日本岡山支社管内の社員の訓練を行う「実設訓練センター」がある。岡山方面からの普通列車の半数近くが当駅で折り返しとなる。当駅から先、相生・姫路方面へ向かう列車は1時間あたり1本になる。

1991年までは、同和鉱業片上鉄道との接続駅であった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は1番のりば側にあり、島式の2・3番のりばへは跨線橋で連絡している。通常は1・3番のりばのみが使用され、2番のりばは当駅折返し列車や、当駅で特急を待避する列車が使用する。

かつては片上鉄道の島式ホームがさらに1面あった。同線の廃止後はほとんどの施設が撤去され、現在はJR西日本社員の訓練に使われる踏切や信号機付きの線路2線が整備されており、実際の車両を使った訓練が1ヶ月に1回程度行われている。

直営駅で、東岡山駅の管理下にあり、地区駅として位置付けられている。

2007年平成19年)夏にICOCA対応の自動改札機が当駅から南岩国駅まで導入され、同年9月1日より利用可能となった。ただし、当駅以東ではICOCAの利用ができない(京阪神地区の利用エリアである相生駅以東に行くこともできない)。なお、当駅の自動改札機は集札機能のない簡易タイプであるため、降車客の乗車券は駅係員が集札する(窓口非営業時は改札機裏側の集札箱に乗車券を投入する)。改札外にICOCA入金機設置。

便所は、改札外・改札内ともに男女別の水洗式便所がある。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 山陽本線 上り 相生姫路方面 待避列車は2番のりば
2・3 下り 岡山三原方面 2番のりばは当駅始発のみ

上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりばであり、2番のりばは上下共用の待避線(中線)である。

2番のりばから姫路方面へ発車する旅客列車は2008年3月改正まで設定されていなかったが、2015年(平成25年)3月14日改正時点では、当駅で「スーパーいなば」を待避する上り列車が17時台に設定されており、当該列車が2番のりばを使用する。

朝5時台に、当駅始発で広島駅まで直通する普通列車が1本だけある。(岡山駅から回送)

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 1,721
2000 1,745
2001 1,689
2002 1,660
2003 1,622
2004 1,559
2005 1,434
2006 1,410
2007 1,407
2008 1,396
2009 1,361
2010 1,343
2011 1,322
2012 1,344
2013 1,390

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線
吉永駅 - 和気駅 - 熊山駅

かつて存在した路線[編集]

同和鉱業
片上鉄道
中山駅 - 和気駅 - 本和気駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連記事[編集]

外部リンク[編集]