旅と鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旅と鉄道
愛称・略称 旅鉄、タビテツ
ジャンル 鉄道趣味誌
刊行頻度 季刊(創刊 - 2007年6月)
月刊(2007年9月 - 2009年1月・休刊)
隔月刊(2011年11月 - )
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 鉄道ジャーナル社(1971年 - 2009年)
朝日新聞出版(2011年 -)
編集部名 鉄道ジャーナル社(1971年 - 2009年)
天夢人(2011年 - )
編集長 竹島紀元(1971年 - 2007年3月)
宮原正和(2007年3月 - 2009年1月)
芦原伸(2011年11月-)
刊行期間 1971年 - 2009年(休刊)、2011年(復刊) -

旅と鉄道(たびとてつどう)は隔月刊の鉄道趣味および旅行雑誌。愛称(略称)のタビテツと呼ばれることが多い。鉄道ジャーナル社により1971年より2009年まで発行されて休刊2011年9月(同年11月号)より版元を朝日新聞出版に変えて復刊された。

概要[編集]

鉄道模型車両実物を中心とした鉄道趣味の視点から編集を行っていた当時の他の鉄道誌や、旅行の目的地を紹介することに力点を置いていた当時の他の旅行雑誌に対して、列車を利用するという視点を取り入れ、出発の時から鉄道という線で結んで旅行の過程そのものを楽しむ新しい旅行雑誌をコンセプトとし、『鉄道ジャーナル』の姉妹誌として創刊。

初代編集長は鉄道ジャーナル社代表取締役の竹島紀元が兼務。文字組は鉄道ジャーナル誌の横書きに対し、当誌は縦書きにしていた(数字も漢数字を使用)。

当初は12月・3月・6月・9月(12月の冬の号が年の起点となる)の15日に発売される季刊誌であったが、1997年以降は年4回の定期号の他に夏・冬2回の増刊号発行が定例化していた。

2007年6月15日発刊の「夏の号」(通算167号)誌上において、情報提供の拡大を目指すべく、同年9月から月刊誌としてリニューアルする事が発表され、2007年10月号から判型をAB判からB5判に変更するとともに月刊化された。発売日はこれにより毎月10日に変更し、毎月21日発売である鉄道ジャーナル誌で漏れた情報や、逆に先行情報も掲載できる体制とした。

2007年春の号(同年3月15日発刊、通算166号)からは竹島紀元が高齢に伴い「鉄道ジャーナル」同様、宮原正和に編集長の座を譲った。

しかし、折からの出版不況に加えてこの『鉄道ジャーナル』との差別化が図り難いのも一因として、月刊化による活性化を図るも思う様に売上が伸びず、2009年1月10日発売の同年2月号を以って本誌は休刊となった。休刊についての公表は2008年12月8日、鉄道ジャーナル社のウェブサイト上、12月10日発売の2009年1月号それぞれにおいて行われた。体制建て直しを図った上でいずれ再開の意思があるとのコメントが添えられたが、結局、鉄道ジャーナル社発行による「旅と鉄道」の復刊がなされることはなかった[1]

2011年11月号(同年9月21日発行)から朝日新聞出版発行、株式会社天夢人編集により復刊された。天夢人は元鉄道ジャーナル社でフリーライターの芦原伸の会社である。発売は2011年9月21日で奇数月の21日発売の隔月号となる(誌齢は鉄道ジャーナル社時代を引き継がず、再び第1号からカウント)。定価は980円[2]

連載・コーナー[編集]

鉄道ジャーナル社時代[編集]

  • 種村直樹の汽車旅相談室(2006年6月発刊の「夏の号」をもって、117回の連載終了)
  • 花の旅-かわぐちつとむ
  • タビテツ探検隊
  • イラストルーム(月刊化に伴い終了)
    • 未完成ひとこまマンガ
  • 列車旅行ニュース
  • 日本列島外周気まぐれ列車-種村直樹(未完)
  • みににゅ〜す
  • 話題のコンパートメント
    • 旅日記(読者による)(月刊化に伴い終了)
    • 読者の編集会議

関連記事[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その後、鉄道ジャーナル社は2010年に成美堂出版と提携し、鉄道ジャーナル誌についても成美堂出版に発売元が移管されている。
  2. ^ 『旅と鉄道』復刊! -朝日新聞出版 2011年9月

外部リンク[編集]