松山市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松山市駅
松山市駅ビル(いよてつ高島屋)
松山市駅ビル(いよてつ高島屋
まつやまし - Matsuyamashi
所在地 愛媛県松山市湊町5丁目
所属事業者 伊予鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 鉄道3面3線/軌道2面2線
開業年月日 1888年(明治21年)10月28日(松山駅として)
乗入路線 4 路線
所属路線 高浜線
大手町 (0.9km)
所属路線 横河原線
(0.8km) 石手川公園
所属路線 郡中線
(0.7km) 土橋
所属路線 花園線*
(0.4km) 南堀端
備考 *花園線の駅名は松山市駅前

松山市駅(まつやましえき)は、愛媛県松山市湊町5丁目にある伊予鉄道

なお、当項目では、隣接する伊予鉄道松山市内線の松山市駅前駅(まつやましえきまええき)についても述べる。

概要[編集]

地元ではJR四国松山駅と区別するため市駅(しえき)と略して呼ばれ、道路標識にもその表記がみられるなど、広く通用している。駅前広場には、道後温泉方面へ向かう同社の松山市内線(軌道)の松山市駅前電停、バスターミナル、タクシープールなどがある。

松山市の実質的な中心駅であり、当駅の駅ビルに入居している四国最大の百貨店であるいよてつ高島屋を始めとして、周辺には繁華街やオフィス街が広がる。

松山市駅前電停では、「坊っちゃん列車」を牽引する蒸気機関車を模したディーゼル機関車が渡り線上で方向転換する作業の様子が見られる。 駅前のバスターミナルは、東京京阪神からの高速バスなども発着する(JR松山駅前にも立ち寄る便が多い)。

ダイヤ混乱時は、当駅と古町駅での抑止を基本とした運転整理が行われる。

四国初の自動改札機設置駅であったが、2014年2月16日に、ICい~カードの普及に伴って、タッチセンサー(簡易改札機)を増設して、自動改札機は撤去された。

利用可能な鉄道路線[編集]

歴史[編集]

三津駅古町駅とともに、四国最初の鉄道駅の1つ。

松山市に国鉄松山駅が開通する前からほぼ現在の場所にあり、開業当時は“松山駅”という駅名であったが、1927年に国鉄松山駅が開業することになった際に国鉄線の駅名を松山にするために、松山駅改称運動を起こされた。伊予鉄側は国鉄の駅名を「伊予松山駅」とすればよいと強く反発したが、伊予鉄の運輸課長が東京の本省に呼び出されて圧力を掛けられ、国のすることには勝てないと松山駅を国鉄に譲って松山市駅に改称することになった[1]

年表[編集]

駅構造[編集]

各路線の線路は東西に延びており、駅舎の南北に出入り口を設け、それぞれ北口、南口と称している。花園線のホームは北口前のロータリー内にあり、松山市駅前駅や松山市駅前停留場と呼ばれることもある。また北口改札内には自動体外式除細動器が設置されている。

松山市駅
ホーム 路線 行先
郊外電車 プラットホーム
1 横河原線 久米梅本横河原方面
2 高浜線 衣山三津高浜・(松山観光港[2])方面
3 郡中線 余戸松前郡中港方面
市内電車 電停
北側 降車専用
南側 1号線 環状 JR松山駅前木屋町方面
2号線 環状 大街道鉄砲町方面
3号線 道後温泉行き

郊外電車のりば[編集]

松山市駅郊外線配線図

高浜方面

郡中港方面
0 Dvoie 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Dvoie 0 Dbifb 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 Dbifd xV Dbifg 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 Dbifh 0 Dvoie 0 0 0 0 quai quai quai 0 0 0 1番線
0 0 0 Dvoie 0 courbehg voie voie voie voie voie voie courbebd 0 0
0 0 0 0 courbehg voie voie bifbg voie voie voie voie voie Dbifg 0 2番線
0 0 0 voies voiesd voie bifhd courbebd 0 quai quai quai 0 0 Dvoie
0 0 0 0 0 0 courbebg voie bifhg voie voie butoird 0 0 0 3番線
0 0 0 0 0 Mvoie 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

横河原方面
凡例
出典:川島令三、2007、『全国鉄道事情大研究 四国編』、草思社
備考
  • 引込み線の位置の都合で2番線から発車する横河原行きの列車が平日朝の1本存在する。
  • 配線構造により、郡中方面行きは3番線以外からの発着が不可能となっている。郡中線で使用される電車は朝、古町からの回送扱いで2番線に入線し、その後留置線経由で3番線へと入線する。
  • 2番ホームと3番ホームの間には、かつて使用されていた切り欠き状のホームの跡がある。
  • 1番・2番線が18メートル級4両編成対応、3番線が18メートル級車両3両編成対応。

この駅ではオリジナルの電車発車メロディが流れる。かつてはそれぞれの番線で別のメロディが鳴っており、 特に2番線と3番線は同時発車するために同時にメロディが鳴っても違和感が無いように工夫されたメロディが用意されていた。 のちにすべてのホームが1番線のものに共通化され、2011年6月の終わり頃には「この街で」に変更された。 これは松山市とのパートナーシップ協定の一環で、この曲が松山市の「ことばのちから」イベントで生まれた歌であることが起因する。 なおこのメロディはJRの松山駅でも採用され、かつ同一のものを採用しているが、JRのものがフルコーラスなのに対して若干短く切られている。

異電圧直直セクション[編集]

市内電車のりば[編集]

市内電車のりば

乗車は南側のホームで行われる。1系統 環状線JR松山駅回り、2系統 環状線大街道回り、3系統 道後温泉行きの3系統が発着する。なお、「坊っちゃん列車」の乗車は同ホームの東端にて行われる。

降車は、全系統とも、北側のホームで行われる。 乗客の降車後、車両の向きと線を変えて、乗車側ホーム・線へと向かう。

駅周辺[編集]

北口

  • いよてつ高島屋本館:四国最大の百貨店
    • 大観覧車くるりん
    • ローズホール(多目的ホール)
    • まつやまマドンナ郵便局
  • 松山市駅前地下街:四国唯一の地下街、高島屋のデパ地下と直結。
  • 松山銀天街
  • 伊予鉄道本社
  • 伊予鉄ターミナルビル地下駐輪場
  • 松山湊町郵便局
  • 伊予銀行湊町支店

南口

バス路線[編集]

駅前ロータリー
駅前ロータリー
松山市駅前を発車するバス
松山市駅前を発車するバス

駅前ロータリーにはバスのりばが設置されている。乗車8バース、降車3バース、合計11バース。なお、以前は現在高島屋本館の東半分(再開発での増床分)が位置している場所にバスターミナルが設置されていた。

のりば 路線名・行先 備考 運行事業者
1番 北伊予線 北伊予駅行き 30分間隔運行 伊予鉄道
松山中央公園線 坊っちゃんスタジアム行き 60分間隔運行
市坪はなみずき線(市坪まわり) 40分間隔運行
2番 オレンジライナーえひめ号 新宿行き   伊予鉄道・西東京バス
オレンジライナーえひめ号 名古屋行き   伊予鉄道・名鉄バス
京都エクスプレス 京都行き   伊予鉄道・京阪バス
オレンジライナーえひめ号 大阪行き   伊予鉄道・阪急バス
ハーバーライナー 神戸行き   伊予鉄道・神姫バス
吉野川エクスプレス 徳島行き   伊予鉄道・JR四国バス徳島バス
坊っちゃんエクスプレス 高松行き   伊予鉄道・JR四国バス・四国高速バス
マドンナエクスプレス 岡山行き   伊予鉄道・JR四国バス・下津井電鉄両備バス
なんごくエクスプレス 高知行き   JR四国バス
ホエールエクスプレス 高知行き   伊予鉄道・とさでん交通
キララエクスプレス 新尾道・福山行き   伊予鉄道・本四バス開発瀬戸内しまなみリーディング中国バス
道後エクスプレスふくおか 北九州・福岡行き   伊予鉄道・伊予鉄南予バス
3番 森松・砥部線 森松・とべ動物園・えひめこどもの城・丹波・上林皿ヶ嶺登山口行き 15分間隔運行(市役所前からJR四国バスが平行路線を運行) 伊予鉄道
4番 松山空港リムジン 新空港通り経由松山空港行き 30分間隔運行 伊予鉄道
松山空港・湯の山ニュータウン線(普通便) 旧空港通り経由松山空港行き 15分間隔運行
三津・吉田線 三津港・金比羅前行き 30分間隔運行
今出線 今出港行き 朝夕1日2本のみ運行(日中は余戸駅発着に集約し、余戸駅前より今出までは30分間隔運行)
八幡浜・三崎特急線 三崎行き 1日3本運行
松山特急線 宇和島・城辺行き 高速道路経由 30 - 60分間隔運行 宇和島自動車
5番 北条線 堀江・北条行き 15分間隔(日・祝日は20~35分間隔)運行 伊予鉄道
勝岡線 勝岡東・運転免許センター行き 30分間隔運行
大三島特急線 今治桟橋・宮浦港行き 60 - 90分間隔運行 瀬戸内運輸
6番 10番線 JR松山駅前・津田団地前行き 15分間隔運行 伊予鉄道
7番 都心循環東南線 小坂方面行き(循環) 40分間隔運行 伊予鉄道
8番線 東野経由道後温泉駅前行き 20分間隔運行
松山観光港リムジン 大街道経由道後温泉駅前行き 60分間隔運行
松山空港リムジン 大街道経由道後温泉駅前行き 30分間隔運行
松山空港・湯の山ニュータウン線(普通便) 一番町経由道後温泉駅前・湯の山ニュータウン・湧ヶ淵行き 30分間隔運行
五明線 道後平ニュータウン経由向陽第一公園前・野外活動センター前・城山行き 60分間隔運行
河中線 米野々行き 1日2本運行(瀬戸内運輸の大三島特急線が一部区間を除いて併走)
市坪はなみずき線(はなみずきまわり) 40分間隔運行
8番 10番線 久米駅前行き 15分間隔運行 伊予鉄道
川内線 清水橋・川内・さくらの湯行き 30~45分間隔運行
新居浜特急線 新居浜駅前行き 30~60分間隔運行 伊予鉄道・瀬戸内運輸
降車 降車用

隣の駅[編集]

伊予鉄道
高浜線
大手町駅 - 松山市駅
横河原線
松山市駅 - 石手川公園駅
郡中線
松山市駅 - 土橋駅
花園線(松山市内線)
1環状線・2環状線・3市駅線
松山市駅前駅 - 南堀端停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武智 恒喜 「伊予鉄道開業120年をめぐって」 鉄道ピクトリアル802号 pp.27-31 電気車研究会 2008年4月
  2. ^ 終着の高浜駅よりバスで連絡する。

関連項目[編集]