伊予鉄南予バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊予鉄南予バス株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
愛媛県八幡浜市江戸岡1-9-2
設立 1989年8月8日
業種 陸運業
事業内容 一般乗合・一般貸切旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役社長 関谷俊夫
資本金 8,000万円
売上高 5億1600万円
主要株主 伊予鉄道
外部リンク 44名
テンプレートを表示
ノンステップバス
(2009年12月、八幡浜駅前にて)
モノコック車
(2006年12月、八幡浜駅前にて)
八幡浜市にある本社

伊予鉄南予バス株式会社(いよてつなんよバス)は、愛媛県南予地方をエリアとする路線バス貸切バスを運営する伊予鉄道100%出資の路線バス高速バス貸切バス事業者で、伊予鉄グループの一員である。本社は愛媛県八幡浜市にある。

概要[編集]

伊予鉄道自動車部(バス部門)からの分社化により新設された会社である。営業エリアは、愛媛県南予地方のうち、伊予鉄道のバスが乗り入れる八幡浜市以北で、三崎港西宇和郡伊方町)を含む。また、2005年10月1日に、同じ伊予鉄グループの伊予鉄久万バス(本社:久万高原町)を吸収合併し、伊予鉄久万バスが運行していたすべての路線を引き継いだため、久万(上浮穴郡)地域もカバーしている。

八幡浜市内では、同じく南予地域を主たる営業エリアとする宇和島自動車と、おおむねJR八幡浜駅を境として、同社が北部、宇和島自動車が南部とすみわけている(市立病院への乗り入れ等一部例外あり。)なお両社の競合区間では、同一地点にある停留場であっても、伊予鉄南予バスが「大黒町一丁目」としているのに対し宇和島自動車が「銀行前」であるなど、互いに名称が異なる例が存在する。

車両は路線車、高速車、貸切車いずれも親会社の伊予鉄道の車両と外見上はほぼ同じであり、同社で新車購入した車両を除いては、 伊予鉄道自動車部からの譲渡車両である。後輪タイヤ横の社名や、観光タイプ車両後部の社名記載の違いがある程度である。 ただし、ICカード機器を搭載していないため ICい〜カードは利用できない。伊予鉄道の車両に貼り付けられている「ICい〜カード」ステッカーの有無でも判別可能である。

歴史[編集]

事業所[編集]

主な路線[編集]

通学・通院利用が中心のため、土曜・休日は全便運休となる路線が多い。

  • 八幡浜駅前 - 新伊方 - 三崎
  • 八幡浜駅前 - 伊方町役場 - 加周(加周 - 三崎間は2014年9月30日で廃止)
  • 長浜駅前 - 大洲病院前 - 八幡浜港
  • 長浜 - 磯崎
  • 長浜 - 郡中
  • 内子 - 中山
  • 久万 - 面河 - 石鎚土小屋
  • 久万 - 上直瀬 - 杣野前組(そまのまえぐみ)(上直瀬 - 杣野前組は2014年9月30日で廃止)。

また伊予鉄道の下記路線につき、運行管理を受託している。

  • 三崎特急線: 松山市駅 - 伊予市 - 大洲 - 八幡浜港 - 三崎
  • 高速バス大阪線: 八幡浜駅・松山市駅 - 阪急梅田(伊予鉄担当便のうち八幡浜発着の2往復)
  • 高速バス名古屋線: 高速バス名古屋線: 八幡浜駅 - 松山市駅 - 名鉄バスセンター(伊予鉄担当便)
  • 高速バス東京線: 八幡浜駅 - 松山市駅 - 横浜駅 - 新宿駅西口(伊予鉄担当便)

高速バス[編集]

休止・廃止路線[編集]

外部リンク[編集]