伊予鉄道郡中線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Iyotetsu logo.svg 郡中線
郡中線鎌田駅付近を走る700系(2005年)
郡中線鎌田駅付近を走る700系(2005年)
路線総延長 11.3 km
軌間 1067 mm
電圧 750 V(直流
停車場・施設・接続路線
uSTR
花園線
uSTRlf
松山市駅前駅
ABZq+l
0.0 松山市駅
STR
高浜線横河原線
BHF
0.7 土橋駅
KRZu STRq
予讃線
BHF
2.2 土居田駅
BHF
3.5 余戸駅
BHF
4.2 鎌田駅
WBRÜCKE
重信川
eBHF
5.0 出合駅 1937年以降廃止
BHF
5.6 岡田駅
BHF
6.6 古泉駅
BHF
7.9 松前駅
BHF
8.6 地蔵町駅
BHF
9.5 新川駅
BHF
10.7 郡中駅
STR STR+1
予讃線
11.3 郡中港駅
STR
伊予市駅

郡中線(ぐんちゅうせん)は、愛媛県松山市松山市駅から愛媛県伊予市郡中港駅までを結ぶ伊予鉄道鉄道路線である。

路線データ[編集]

沿線概要[編集]

松山市駅を発車した列車は南西に進路を取り、まもなく交差する国道56号線(今治街道)を過ぎると、土橋駅に到着する。土橋にはかつて中央卸売市場が置かれていたが、移転をして久しい今日ではその活気を想起することは難しい。土橋を過ぎると進行方向右手に愛媛県道18号線(途中から愛媛県道326号線となる)と並走をしながら、住宅街の中を進む。JR予讃線松山南環状線との立体交差を過ぎると土居田駅である。

続く余戸駅は、古くは(旧)余土村の中心であり、今でも松山市南西部の中心的な地域にあることから、駅西部とを結ぶ電車連絡バスが発着している。余戸を過ぎても列車は相変わらず住宅街の中を走るが、次の鎌田駅を過ぎて渡る重信川を越えると市街化調整区域へと入り一転して田園が広がる。なお、重信川は松山市と松前町の境界ともなっている。

岡田駅古泉駅と列車はしばらく田園の中を走るが、古泉駅には大型商業施設が2008年に隣接して開業しており、利用客増加が見込まれている。

車窓に再び住宅が目立つようになると、松前町の中心駅である松前駅に到着する。松前は漁業で栄えている町であり、昔は当路線の列車内でも松山まで魚介類を売りにいく当地の行商人の姿がよく見受けられた。また、鉄道唱歌でも歌われているように義農精神を今時に伝える作兵衛の墓が近く、駅付近には「義農通り」も走る。

次の地蔵町駅を過ぎると伊予市に入り、新川駅に到着する。付近には古くから開けた新川海水浴場があるが、郡中港駅近くに五色姫海浜公園が開園して以降はシーズン時でも閑散としている。

駅を出てすぐの新川を渡ると、商店街や大型商業施設などが見られる伊予市の中心街に入り、郡中駅と続く終点の郡中港駅へと至る。駅名となった郡中港は目と鼻の先にあるが、現在定期旅客航路は設けられていない。なお、予讃線の伊予市駅が道を挟んで近接しており、乗り換えが可能である。

運行形態[編集]

各駅に停車する普通列車のみの運転。すべて線内折り返しで高浜線横河原線との直通運転はない。松山市駅から終点郡中港駅までの所要時間は24分。松山市発で9時から20時半までは完全15分間隔(00・15・30・45分)で運行されているが、平日ダイヤの早朝の始発から午前9時前後までは、末端部の松前 - 郡中港間が約20分間隔の運行となる。なお、松山市 - 松前間には松山市発松前折り返し列車が土曜日を除く平日のみ2本運行される。この列車は臨時列車扱いであるが事実上、定期列車として運転されており、駅掲出分をはじめ、各種時刻表にも記載されている。20時台後半から22時30分の終電までは30分間隔で運転される。必要編成数は平日朝ダイヤにおいては5本、日中においては4本である。

編成両数は平日及び土曜日の朝は全列車が3両編成であり、その他の曜日及び時間帯では3000系使用列車のみ3両編成、それ以外は2両編成となる。また、松山まつり・後述の三津浜花火大会開催時や台風などの異常気象時は終日3両編成となる(古泉駅の正面に完成したエミフルMASAKIオープン時もおよそ2週間にわたり終日3両編成で運用された)。さらに、土曜夜市開催日は松山市駅21時発列車から終電まで3両編成で運行される(松山市駅到着後、2両編成は留置線に入り増結を済ませた3両編成と入れ替える)。

増結分の車両は運転台付きの電動車で、単体自走で車庫と松山市駅間を回送されるため、朝のラッシュ時間終了後、1両で回送される同車を見ることができる。

なお、毎年8月第1(または第2)日曜日に行われる松山港まつり・三津浜花火大会開催時は松山市駅23:30発まで終電が延長される。基本的に終日3両編成となるが、一部2両編成となる(2両編成運行分の一部を610系電車で運用)。

610系電車は、以前は日祝日ダイヤで運用されていたが、前述の松山港まつり・三津浜花火大会開催時を除いて2006年9月以降の運用実績がない。

歴史[編集]

松山から郡中方面への延伸は伊予鉄道が計画していたが実現できず、宮内治三郎ら地元の有志で設立された南予鉄道によって1896年に開業した。八幡浜方面への延伸構想があったが資金難から郡中駅までの開業にとどまった。その後、伊予鉄道に合併される。国鉄讃予線(現在の予讃線)が1930年に南郡中駅(現在の伊予市駅)まで延伸されると、対抗して郡中線も郡中港駅まで延伸した。

  • 1896年(明治29年)7月4日 南予鉄道により藤原(現在の松山市) - 郡中間が開業[1]
  • 1900年(明治33年)5月1日 伊予鉄道が南予鉄道を合併。郡中線となる。藤原駅を外側(現在の松山市)駅に統合。
  • 1901年(明治34年)2月21日 地蔵町駅開業。
  • 1902年(明治35年)6月1日 外側駅を松山駅に改称。
  • 1909年(明治42年)7月1日 新川駅開業。
  • 1910年(明治43年)7月4日 出合駅を貨物駅に変更出願。
  • 1910年(明治43年)7月18日 岡田駅開業。
  • 1916年(大正5年)12月31日 伊予鉄道の伊予水力電気合併による社名変更で伊予鉄道電気の路線となる。
  • 1927年(昭和2年)3月1日 松山駅を松山市駅に改称。
  • 1930年(昭和5年)3月6日 土居田駅開業。
  • 1937年(昭和12年)以降 余戸 - 岡田間の出合駅廃止。
  • 1937年(昭和12年)7月22日 全線の軌間を762mmから1067mmに改軌
  • 1939年(昭和14年)5月10日 郡中 - 郡中港間が開業。
  • 1942年(昭和17年)4月1日 伊予鉄道電気の電力事業分離により再び伊予鉄道の路線となる。
  • 1950年(昭和25年)5月10日 松山市 - 郡中港間が電化。
  • 1953年(昭和28年)4月15日 土橋駅開業。
  • 1967年(昭和42年)2月15日 鎌田駅開業。
  • 1967年(昭和42年)3月9日 古泉駅開業。
  • 1976年(昭和51年)3月25日 架線電圧が750Vに昇圧される。
  • 1980年(昭和55年)重信川堤防改修に伴い、重信川橋梁を開業時のダブルワーレントラスから、プレートガーダー方式に架け替える。
  • 1991年(平成3年)8月1日 地蔵町駅に交換設備を設置し、運転間隔を3両編成日中20分間隔から2両編成15分間隔に短縮。
  • 2009年(平成21年)12月12日 3000系の運用が郡中線でも始まり、18年ぶりに日中平常時の3両編成運転が復活する。運転間隔は変更なし。

駅一覧[編集]

全駅が愛媛県に所在する。#印を付けた駅は行き違いができる駅。

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 駅員の有無 所在地
松山市駅 - 0.0 伊予鉄道:高浜線横河原線花園線松山市駅前駅 有人(直営) 松山市
土橋駅 0.7 0.7   有人(委託)
土居田駅# 1.5 2.2   有人(委託)
余戸駅# 1.3 3.5   有人(委託)
鎌田駅 0.7 4.2   無人
岡田駅# 1.4 5.6   有人(委託) 伊予郡松前町
古泉駅 1.0 6.6   有人(委託)
松前駅# 1.3 7.9   有人(直営)
地蔵町駅# 0.7 8.6   有人(委託)
新川駅 0.9 9.5   有人(委託) 伊予市
郡中駅 1.2 10.7   有人(委託)
郡中港駅 0.6 11.3 四国旅客鉄道:予讃線伊予市駅 有人(委託)

その他[編集]

かつて(昭和30年代前半)は、貨物取り扱いもあり、余戸駅松前駅郡中駅等の主要駅の2番線もしくは3番線には貨物ヤードがあった。2006年現在、軌道撤去されたものが大半であり、余戸駅では花園に、郡中駅では駐輪場や直営マンション用地等に転用されている。また、松前駅構内の撤去されなかった軌道には極稀に保線車両を待避させている。

脚注[編集]

  1. ^ 官報では藤原を外側「運輸開業免許状下付」『官報』1896年7月13日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]