四国高速バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四国高速バス株式会社
Shikoku Kousoku Bus Co.,Ltd.
Shikoku Kousoku bus.jpg
種類 株式会社
略称 SKB、四高バス
本社所在地 日本の旗 日本
761-8031
香川県高松市郷東町字東新開176番地
設立 1988年12月21日
業種 陸運業
事業内容 高速バス事業
代表者 代表取締役社長 白川統人
資本金 3,000万円
従業員数 91名
主要株主 大川自動車 50%
ことでんバス 50%
外部リンク www.yonkou-bus.co.jp/
特記事項:高松琴平電気鉄道持分法適用会社
テンプレートを表示
エアロバス さぬきエクスプレス福岡号 撮影:福岡天神
セレガR 高松エクスプレス京都号 撮影:京都駅前
新セレガ ハローブリッジ号 撮影:新宿高速バスターミナル
エアロキング ハローブリッジ号

四国高速バス株式会社(しこくこうそくバス)は、香川県高松市に本社のある高速バス専業のバス会社である。愛称は四高バス(よんこうバス)。

概説[編集]

1988年(昭和63年)の瀬戸大橋開通を期に、香川県の路線バス事業者であるコトデンバス(現在のことでんバス)・琴平参宮電鉄大川自動車が香川県と他県を結ぶ都市間高速バスの検討を行ったが、香川県の人口規模を勘案すると各社が独自に高速バスを運行することは難しいと判断し、3社が資本金の3分の1ずつを出資して設立した「長距離高速バス専業」の会社である。設立にあたっては、コトデンバス出身の白川統人が、バス2台、乗務員5名という前例のない小規模企業による運行免許取得[注 1]に主導的役割を果たしたという[1]。開業当初の車庫はコトデンバス新橋車庫(高松市福岡町)を貸借していた。

当初の出資3社のうち、琴平参宮電鉄は2009年4月1日にバス事業を大川自動車の子会社である琴参バスに事業譲渡した(その後特別清算)が、琴平参宮電鉄保有の四国高速バス株式の扱いは一旦琴参バスに移された後、出資比率調整のためことでんバスと大川自動車に譲渡され、現在はこの両社の折半出資となっている。また、ことでんバスが現在高松琴平電気鉄道(ことでん)の完全子会社となっている関係上、四国高速バスはことでんの持分法適用会社ともなっている。

沿革[編集]

各営業所(車庫)所在地[編集]

高松市に本社・営業所を、丸亀市に運行拠点となる営業所を有するほか、複数の営業窓口を有する(下記)。

丸亀駅高松駅ゆめタウン高松高松中央インターバスターミナルの各バス停にジェイアール四国バス(JR四国バス)との共同発券窓口がある。高松駅、ゆめタウン高松のチケットセンターには、両社それぞれの係員が常駐し、両社の販売システムに対応したチケット発行端末機(発車オ〜ライネット端末、高速バスネット端末、MARS端末)を設置。ゆめタウン高松・高松中央インターバスターミナルには発車オ〜ライネットと接続された自動券売機が設置されている。また、ゆめタウン高松・高松中央インターバスターミナル・善通寺インターバスターミナルでは、48時間無料の駐車場を確保している。

路線[編集]

四国高速バスの乗車券は、ことでんバス大川自動車でも予約・発券可能である。停車バス停留所などの路線の詳細は各項目参照のこと。

ハローブリッジ号[編集]

運行開始当初の四国高速バス ハローブリッジ号 日野ブルーリボングランデッカ(1992年)

丸亀市・坂出市・高松市と神奈川県横浜市東京都新宿区八王子市を結ぶ夜行高速バス路線。西東京バスとの共同運行。四国高速バスが初めて手がけた路線でもある。

停車停留所
丸亀駅 - 善通寺インターバスターミナル - 坂出駅 - 高松駅高速バスターミナル - ゆめタウン高松 - 高松中央インターバスターミナル - 高速三木 - 高速志度 - 高速津田 - 高速大内 - 高速引田 - 横浜駅西口 - 新宿高速バスターミナル( - 中央道三鷹 - 中央道深大寺 - 中央道府中 - 中央道日野 - JR八王子駅 - 京王八王子駅
  • 四国高速バス運行日は新宿発着(新宿高速バスターミナル - 京王八王子駅間は西東京バス運行日のみの隔日運転)
沿革
使用車両
三菱ふそうエアロキングエアロバス日野自動車2代目セレガが使用される。運行開始当初は日野ブルーリボングランデッカを導入しており、日野セレガや三菱ふそうエアロクィーンIが使用された時期もあった。

さぬきエクスプレス福岡[編集]

さぬきエクスプレス福岡号

丸亀市・坂出市・高松市と福岡県北九州市福岡市を結ぶ夜行高速バス路線。西鉄高速バスとの共同運行。2007年7月1日運行開始。

運行経路・停車停留所
太字は停留所または途中休憩地点。福岡県内のみ及び香川県内のみの利用不可。
使用車両
三菱ふそう エアロエース ハイデッカー独立3列シートで運行。坂出駅で乗務員が交代する。

さぬきエクスプレス名古屋[編集]

かつてさぬきエクスプレス名古屋を共同運行していた名鉄バス

丸亀市・坂出市・高松市・徳島県鳴門市愛知県名古屋市を結ぶ夜行高速バス路線。四国高速バスの単独運行(丸亀営業所担当)だが、名古屋側の運行支援を名鉄バスが行っている。

競合路線としてJR東海バスJR四国バスオリーブ松山号名古屋駅 - 徳島駅 - 高松駅 - 坂出駅 - 松山駅 - JR松山支店)があるが、そちらは徳島駅に立ち寄るため所要時間が長くなっており、所要時間面では本路線のほうが優位に立っている。

運行経路・停車停留所
丸亀駅 - 善通寺インターバスターミナル - 坂出駅 - 高松駅高速バスターミナル - ゆめタウン高松 - 高松中央インターバスターミナル - (高松自動車道) - 高速三木 - 高速志度 - 高速津田 - 高速大内 - 高速引田 - 鳴門西 -(神戸淡路鳴門自動車道・山陽自動車道・中国自動車道・名神高速道路・新名神高速道路・東名阪自動車道・名古屋高速5号万場線名古屋高速2号東山線)- 名鉄バスセンター
沿革

その他の路線(運行中)[編集]

以下の路線は発券業務のみを担当。

廃止路線[編集]

運行開始当初の瀬戸大橋高速バス トリトン号専用車両 日野セレガGD(1991年)

以下の路線は予約・発券業務のみ行っていた。

  • さぬきライナー(福山 - 高松、中国バス運行)
  • はりまや号(福岡 - 坂出 - 高知、とさでん交通運行) - 路線自体は現存するが、香川県内には停車しなくなったことから取扱い終了

車両[編集]

さぬきエクスプレス名古屋(四国高速バス)

高速路線バス専業事業者のため、高速バスタイプ車両のみが在籍する。メーカーは三菱ふそう日野で、路線網拡大や利用者増加、増備時の事情にあわせて車両の増備を行っているため、車種だけではなく内装の違いなどの差異も多いが、大半の車両は固定窓である。 次の6タイプに大別される。

  • 東京線用
2階建て 3列シート(一部4列シート) トイレ 乗務員仮眠室あり
  • 東京・福岡線用
3列シート センタートイレ 乗務員仮眠室あり
  • 名古屋線・丸亀-神戸・大阪線(一部)用
3列シート リアトイレ 乗務員仮眠室なし
  • 関西空港リムジンバス専用車
4列シート リアトイレ 直結クーラー式のエアポートリムジン仕様 出入口横に"Airport Limousine"のロゴが入る。この車種は固定窓でない。
  • その他路線用車両
4列シート センタートイレまたはリアトイレ 関西空港リムジンバス予備車だった1台は固定窓でないリアトイレ車。
3列+4列シートから改造された車両もあった。
3列+4列シート リアトイレ
5列目から4列になる36人乗り 丸亀-神戸・大阪線用として導入

  車両へのこだわりが強いことで知られている。新型セレガエアロエースでフラットな客室床が標準となる以前から、フラットな客室床の採用していた車両が存在する。他にも、カーペットを敷き詰めた客室、センタートイレや固定窓車両の導入、カーナビゲーションシステム搭載などのこだわりが見られていた。しかし、大阪線の大量増発に伴う増備前後から、競合バス会社の参入による価格競争の勃発(高松エクスプレス)もあり、一部車両はコスト重視となり、ハイデッカー車・リアトイレの採用など低コスト化も図られたものもある。その一方、日本バス協会の「高速バスにおけるバリアフリー対応」として推奨された車内案内表示装置はブラウン管またはLCD式のディスプレイ型装置(FM文字放送受信対応)をほとんどの車両に備えている。 新型車両の導入も早く、新型セレガやエアロエースも登場まもなく増備された。

車両の外装は、当初はアイボリーに、3色の帯(四国高速バスの出資3社の各社のイメージカラー。)が直線に入り、新宿線の愛称"HELLO BRIDGE"のロゴが入るデザインだったが、松山線(坊っちゃんエクスプレス)開業用に導入された車両からは、アイボリーに、3色の帯が渦状にデザインされ、車両後部に"TRIPLE LINER"のロゴが入ったものに変更されている。この"TRIPLE LINER"は愛称ではなく、四国高速バスの出資3社をイメージしていた。その後、"Sanuki Express"ロゴに加え、同社のキャラクターマスコットらぴっとくんがデザインされた車両も登場している。

備考[編集]

  • 四国高速バスの株主であるバス会社3社が設立した高速バス会社としてはすでに瀬戸大橋高速バスがあったが、同社は瀬戸大橋開通で影響を受けたフェリー会社(関西汽船加藤汽船[注 2]が中心)も出資しており、船舶会社の離職者対策会社という性格を持っていた。このことから路線展開に何らかの不都合があったため、株主からフェリー会社をはずした四国高速バスを新たに設立したと見られるが、真相は不明である。
  • 四国高速バスの予約センターの受付時間は8:00 - 19:00であるが、株式会社工房発車オ〜ライネットのサービスの一部として提供している音声認識式電話自動予約システムを導入して営業時間外でも予約受付できるようにした。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 乗合バス事業が免許制から許可制へ移行するのは2002年2月の「改正道路運送法」施行後のこと。
  2. ^ この2社は、後に競合企業となる高松エクスプレス(フットバス)を設立している。その後同社は加藤汽船の完全子会社となって現在に至る。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AERO ROAD 四国高速バス(株)(香川県)”. FUSO 2002年5月号(通巻379号). 三菱自動車工業. 2014年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]