名古屋高速2号東山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋高速道路

名古屋高速2号標識

名古屋高速2号東山線
地図
名古屋高速と周辺有料道路のルート図。赤線が名古屋高速。
総距離 10.3km
開通年 1986年 - 2003年
接続する
主な道路
記法
5号万場線
都心環状線
名古屋第二環状自動車道
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

名古屋高速2号東山線(なごやこうそく2ごうひがしやません)は、愛知県名古屋市中村区新洲崎JCTから愛知県名古屋市名東区高針JCTへ至る名古屋高速道路路線である。道路法上は、名古屋市道高速1号(中川区島井町~千種区鏡池通)の一部と名古屋市道高速1号四谷高針線(千種区鏡池通~名東区猪高町)の全部からなる[1]

概要[編集]

  • 起点 : 愛知県名古屋市中村区名駅南
  • 終点 : 愛知県名古屋市名東区高針
  • 距離 : 10.3km
  • 出入口 : 6箇所(入口 : 6箇所・出口 : 6箇所)
  • 分岐 : 3箇所
  • 車線 : 4車線

起点から吹上東出入口を過ぎるあたりまでは若宮大通の上を通っている。そこから東側は終点まではほとんど掘割または地下区間となる。四谷出入口-高針JCT東山トンネルがある。

接続高速道路[編集]

出入口など[編集]

  • 施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通区間の名称は仮称。
  • 接続路線名の特記がないものは市道
  • 途中で天白区も通るが、出入口はない。
出入口番号 施設名 接続路線名 起点から
km
備考
- 新洲崎JCT (5)万場線
211/201 白川出入口 若宮大通 千音寺(東名阪道)方面出入口
- 白川東出入口 若宮大通 計画中
- 丸田町JCT (R)都心環状線 高針方面接続
212/202 吹上東出入口 若宮大通 千音寺・都心環状方面出入口
- 吹上連絡路 廃止
213/203 吹上西出入口 若宮大通 高針方面出入口
214/204 春岡出入口 国道153号 高針方面出入口
215/205 四谷出入口 山手グリーンロード 千音寺・都心環状方面出入口
- 高針料金所 - 千音寺・都心環状方面
216/206 高針出入口 愛知県道59号名古屋中環状線 千音寺・都心環状方面出入口
- 高針JCT 名古屋第二環状自動車道
  • 201-206 東行、211-216 西行
吹上連絡路
都心環状線が全通する前には、5号万場線から3号大高線への連絡経路として吹上東出入口付近のループ構造でUターンを行う吹上連絡路があった。このカーブは都心環状線ができるまでの暫定的なものであった。また、そのためカーブが急であり、大型トラックなどが通る際に減速するので渋滞の温床にもなっていた。
都心環状線の全通により廃止になったが、現在はETC車限定で吹上東出入口と周辺の一般道を利用してUターンが可能である[2]

歴史[編集]

当初、東山線は上社JCTを介して名古屋ICに直結する計画であったが、住民の反対運動で東山トンネルを介して高針JCTで名古屋第二環状自動車道に接続するように変更された[3]。よって、名古屋ICから名古屋都心へ向かう場合に東山線を利用すると、短い距離(4km弱)であるが名古屋第二環状自動車道の料金を支払わなければならずトータルの料金に割高感がある。このため、社会実験ではあるが2004年12月1日から2005年9月25日までETC割引実験を行ったことがある[4]

交通量[編集]

平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

  • 愛知県名古屋市中区大須2丁目 : 18,755
  • 愛知県名古屋市千種区吹上2丁目 : 37,877
  • 愛知県名古屋市名東区猪高町高針 : 31,692

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 路線名・整備計画図”. 名古屋高速道路公社. 2012年3月6日閲覧。
  2. ^ ETC割引情報(ETC迂回乗り継ぎ)”. 名古屋高速道路公社. 2012年3月6日閲覧。
  3. ^ QA通行料金”. 名古屋高速道路公社. 2012年3月6日閲覧。
  4. ^ 名古屋高速・東名阪(名古屋-高針)社会実験の継続実施について”. 国土交通省 中部地方整備局 愛知国道事務所 (2005年3月11日). 2009年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]