西鉄高速バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西鉄グループ > 西鉄バス > 西鉄高速バス
西鉄高速バス株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
810-0071
福岡県福岡市中央区那の津四丁目3番22号
設立 2000年4月6日
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役社長 東 欣哉
資本金 5,000万円
従業員数 410名
主要株主 西日本鉄道 100%
外部リンク http://www.nishitetsu.co.jp/nhb/
テンプレートを表示
夜行高速路線用車両
高速バス(ふくふく天神号)

西鉄高速バス株式会社(にしてつこうそくバス)は、福岡県福岡市に本社を置き、主に高速バスの運行を手がける西鉄グループ路線バス事業者である。

なお、本項では同社の概要とともに、西鉄グループの高速バス事業全般について説明する。

概要[編集]

西日本鉄道の高速バスは、福岡市天神を拠点に路線網を広げており、主に九州内他事業者と共同運行の昼行路線のほか本州方面への夜行バスも運行している。

西鉄高速バスは西日本鉄道自動車部門の高速バス組織を分社化して発足したものであり、「高速バス専業の路線バス会社」である。営業面では西鉄高速バス発足直後に近距離昼行路線(西鉄本体の路線を含む)の運賃(片道)を1000円・1500円・2000円と行ったわかりやすい定額に値下げする、福岡 - 熊本線で大幅な増便に踏み切るなどの積極策をとった。これに対してJR九州が九州新幹線または都市間特急が利用できる特別企画乗車券を発売するなど、両者は競合関係にある。運賃面では一部路線を除いて再値上げとなっており、近年では共同予約サイト「楽バス」や共同乗り放題切符「SUNQパス」の構築などソフト面の強化に注力している。

今後の開業方針[編集]

西日本鉄道は、2013年度中に福岡・天神と西日本の地方都市を結ぶ高速バス路線3~4本の開設を検討している、と報じられた[1]

地方都市路線は、季節や曜日によって利用者数の偏りが大きく、バス事業者にとって採算が取りにくい路線だったが、2012年7月に国土交通省の高速乗合バス制度改正により、事業者が需要に応じて運賃を柔軟に設定することや、航空業界で主流の「早割」の導入などが可能となった。
また、高速バスは格安航空会社(LCC)に乗客の一部を奪われており、西鉄はLCCと競合しない本州の地方都市から、天神へ買い物客や観光客を運び、2011年の博多駅ビル開業で買い物客が減少している天神地区において、自社運営商業施設との相乗効果も狙う。

沿革[編集]

主に西鉄高速バスの沿革についてを記す。

  • 2000年4月6日: 西鉄高速バス設立。
  • 2000年7月1日: 西日本鉄道から福岡 - 佐世保線(させぼ号)・福岡 - 伊万里線(いまり号)・福岡 - ハウステンボス線(ハウステンボス号)の運行を移管。
  • 2000年7月20日: 西日本鉄道から北九州(小倉) - 久留米線の運行を移管。
  • 2001年1月21日: 西日本鉄道から高速バス11路線の管理委託と福岡・北九州の両高速自動車営業所の管理を委託。
  • 2001年3月1日: 福岡 - 下関間に「ふくふく天神号」運行開始(サンデン交通と共同運行)。
  • 2002年3月31日: 福岡 - ハウステンボス線廃止。
  • 2003年3月31日: 福岡 - 伊万里線の運行から撤退(昭和バス単独運行に)。
  • 2003年7月19日北九州(小倉) - 小野田・宇部線を1年間の試験運行として運行開始(サンデン交通と共同運行)。
  • 2004年1月18日: 北九州(小倉) - 小野田・宇部線の運行から撤退(サンデン交通単独で試験運行続行→同年7月より正式運行に)。
  • 2004年3月20日: 福岡 - 鳥栖線運行開始(鳥栖支社を新設し西鉄バス佐賀へ管理委託)。
  • 2004年10月17日: 福岡 - 鳥栖線路線廃止(鳥栖支社廃止)。
  • 2004年10月23日: 福岡 - 鳥栖線を引き継ぐ形で、福岡 - 鳥栖プレミアム・アウトレット線(西鉄高速バス直営路線)を土日祝日運行の臨時高速バスとして運行開始。
  • 2005年7月: 福岡 - 大分線(とよのくに号)の4乗番を西鉄観光バスに移管。その後2006年1月に残りを管理委託先変更の形で西鉄観光バスが全便担当するようになる。
  • 2007年7月1日: 九州・山口県外初の直営路線として福岡 - 高松線(さぬきエクスプレス福岡号)を運行開始。
  • 2008年4月1日: 一部の近距離路線で運賃を100円から200円値上げ。
  • 2008年6月6日: 福岡 - 松山線(道後エクスプレスふくおか号)を運行開始。
  • 2009年9月頃: 福岡 - 鹿児島線(桜島号)の夜行便を当社直営として移管(昼行便は従来通り西鉄本体が担当)。
  • 2010年4月1日: 福岡 - 松山線(道後エクスプレスふくおか号)の運行から撤退(新たに伊予鉄南予バスが参入し伊予鉄道との共同運行に)。
  • 2010年7月16日: 福岡 - 三重線(お伊勢さんエクスプレス福岡号)を運行開始。
  • 2010年10月頃: 福岡 - 大分線(とよのくに号)の4乗番を西鉄観光バスから再移管。残り分(西鉄本体運用分(ノンストップ系統を除く))についても西鉄観光バスの管理委託から当社に移管・譲渡された形となり全便が当社の担当となる。
  • 2011年4月13日: 福岡 - 宮崎線「フェニックス号」に従来の西鉄本体運用分とは別に直営便として新規参入。
  • 2011年11月14日: 福岡 - 三重線の運行日を週末と繁忙期に限定化[2][3]
  • 2011年11月21日北九州(小倉) - 久留米線の運行を西日本鉄道の管理委託に変更。
  • 2011年12月8日: 福岡 - 横浜・池袋・大宮線(「Lions Express」ライオンズエクスプレス)を運行開始[4][5]
  • 2013年 4月1日
    • 福岡 - 三重線の運行から撤退(繁忙期以外週4便 → 週3便に減便し、三重交通の単独運行となる)。※路線自体も2014年1月5日福岡出発便を以って廃止。
    • 福岡 - 宮崎線の西鉄本体担当分と、福岡 - 鹿児島線の昼行便を直営便として移管(ただし1往復ずつ本体担当便を残している)により、南九州2路線は夜行便を含むほとんどの便が当社の担当となる。
    • 福岡 - 大分線(スーパーノンストップ系統)と福岡 - 佐世保線の運行を当社直営から当社管理委託路線に変更し、運営を西鉄本体へ移管。
  • 2014年7月18日: 福岡・北九州 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパン線を運行開始[6]。西鉄本体の運行。
  • 2014年8月2日: 福岡・北九州 - 静岡富士山富士急ハイランド線(「博多・フジヤマ Express」)を運行開始[7]。西鉄本体と富士急山梨バスの共同運行。
  • 2014年12月16日: 福岡・北九州 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパン線を廃止。 本来は12月17日まで運行予定だったが、降雪による運休(12月17日及び18日)のため16日が最終日となった。代わりに、12月19日よりムーンライト号がユニバーサル・スタジオ・ジャパンに停車。

営業所(車庫)所在地[編集]

運行に関与する路線[編集]

路線としては、西鉄高速バス直営の路線(西日本鉄道から運行移管した路線、あるいは西鉄高速バス発足後に出来た路線)と、西日本鉄道からの管理委託路線がある(九州 - 本州間の夜行高速バスは管理委託対象外)。

なお、西日本鉄道本体の直営路線の中には一部の便を他の西鉄グループのバス会社(地域分社)や亀の井バスに管理委託している路線もある。<>内は共同運行会社、《 》は一部便をグループ各社に管理委託する。

西鉄高速バスの直営路線[編集]

さぬきエクスプレス福岡号
ライオンズエクスプレス
福岡支社・北九州支社が管轄[8]し、四国高速バスと共同で全便座席指定制にて夜行一日一往復運行している。2007年7月1日から運行を開始した。1999年5月に西日本鉄道はりまや号の運行から撤退して以来、西鉄グループの高速バスとしては8年ぶりに四国に乗り入れる路線となっている。当初は2008年1月31日までの7ヶ月間の試行運行だった[9]が、利用好調を受けて試行運行終了後に本格運行に移行した[10]経緯がある。当社では三菱ふそう エアロクィーンI(西工ネオロイヤルSD-II) スーパーハイデッカー独立3列シートを使用している。
以下運行経路。太字は停留所または途中休憩地点。福岡県内のみ及び香川県内のみの利用不可。
高松行きは呉服町出入口経由、福岡行きは博多駅東出入口経由。
高松行きはめかりPAおよび鴻ノ池SAで休憩する。
福岡行きは粒江PAおよび壇之浦PAで休憩する。
ゆめタウン高松・高松中央インターバスターミナル・善通寺インターバスターミナルでは、48時間無料の駐車場あり。
高松・丸亀発福岡着便を利用の際、西鉄イン博多の大浴場を300円で利用できる特典がある(上記の便の博多バスターミナル降車時に運転手から利用券をもらう)。
西鉄高速バス運行便に限り、軽食サービスとして大塚製薬SOYJOYポカリスエットが配られる。[11]尚、2014年9月1日運行便より軽食サービスを廃止する。
坂出駅 - 高松駅間はかなりの遠回りをしているため、1時間35分もかかっている。そのため同区間はJRで行った方が遅く出発でき、早く到着する。そのうえ運賃面でも大差がない(若干安い)。

西日本鉄道からの管理委託路線[編集]

車両は西鉄本体が保有し、乗務員は西鉄高速バスの所属。

北九州~久留米線(西鉄バス)
座席定員制で予約は受け付けていない(満席の場合は乗車できない)。1日2往復運行で、全区間の所要時間は約1時間55分。
西日本鉄道の運行であるが、北九州側を西鉄高速バス北九州支社、久留米側を西鉄バス久留米京町支社にそれぞれ管理委託。ハイデッカーまたはスタンダードデッカー(一般路線モデルベース、通称:B高)4列シート、トイレなし車を使用。過去にはひのくに号から転用されたトイレ付き車両が一部で使用されていたが、のちに廃車となった。
  • 1982年4月25日 - 運行開始。
  • 2000年7月1日 - 運賃1,500円以上の区間の運賃を1,500円に値下げ。久留米~小倉間の片道運賃は2,400円→1,500円、往復運賃は4,300円→2,700円となる。
  • 2008年4月1日 - 燃料高騰への対応措置として運賃1,500円の区間の運賃を1,700円(往復3,050円)に値上げ。
  • 2011年7月20日 - 久留米市内の経路を変更し、新たに市役所前・縄手を停車地に追加。また、久留米方面の便の行先はすべて縄手行きとなった。 
  • 2011年11月21日 - 運行会社を全便西日本鉄道(西鉄)に変更、それにともない1日12往復から8往復に減便。 
  • 2013年4月1日 - 1日8往復から2往復に減便。
運行経路は以下の通り。太字は停車停留所。
クローズドドアシステムを採用しており、砂津 - 三萩野間および東合川商工団地 - 久留米駅間のみの利用不可となっている。しかし、東合川商工団地・百年公園から乗車して西鉄久留米駅・六ツ門・市役所前・JR久留米駅・縄手までの利用は可となっている。なお、福岡IC・高速須恵・太宰府ICには本路線のみが停車する。
小倉駅ではコレット井筒屋(旧伊勢丹)前発、小倉駅バスセンター着。黒崎IC引野口では黒崎ICから一般道に出た引野口バス停に停車。
西鉄久留米では1番乗り場から発着。JR久留米駅では駅前バスロータリー5番のりばから出発し、駅から横断歩道を渡ったところにある降車場に到着する。縄手では京町営業所内のバス停に停車。

運行支援[編集]

西鉄では運行をしない(いずれも過去に運行していたが撤退)が、発券および運行支援業務を行うバス路線。

参考 (運行に関与しない路線)[編集]

以下の路線は、西鉄高速バスが関与しない路線である。

西日本鉄道本体の路線[編集]

西鉄バス北九州の路線(直営)[編集]

その他グループ各社への管理委託路線[編集]

その他グループ各社が運行する専業路線[編集]

過去に運行していた高速バス路線[編集]

西日本鉄道「山笠号」用車両

この項については関与しない路線も含む。※*印は、路線自体は現存しているが、西鉄が運行から撤退した路線(撤退後も引き続き発券業務を行っている路線は除く)。<>内は共同運行会社。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西鉄・高速バス 本州・地方都市-福岡、新設へ 買い物・観光需要を喚起 産経新聞 2013年2月9日[リンク切れ]
  2. ^ 夜行高速バス「福岡〜三重」線 運行形態の変更について (PDF) - 西鉄高速バス 2011年10月7日
  3. ^ 夜行高速バス「三重福岡線」運行形態の変更について (PDF) - 三重交通 2011年10月7日[リンク切れ]
  4. ^ [高速バス]福岡〜横浜・池袋(大宮)線「Lions Express」12/8から運行開始 (PDF) - 西鉄高速バス リリース 2011年11月11日
  5. ^ 高速バス新路線 大宮福岡線(Lions Express)開業のお知らせ (PDF) - 西武バス 公式パンフレット 2011年11月11日[リンク切れ]
  6. ^ 7月18日(金) 新たな夜行高速バス「福岡・北九州~ユニバーサル・スタジオ・ジャパン線」運行開始! (PDF) - 西日本鉄道 2014年6月27日
  7. ^ 8月2日(土) 新たな夜行高速バス「福岡・北九州~静岡・富士山・富士急ハイランド線」運行開始! (PDF) - 西日本鉄道 2014年6月27日
  8. ^ 福岡天神BC - 砂津間は本社の乗務員が、砂津 - 高松駅間は北九州支社の乗務員が担当する。
  9. ^ 高速バス「福岡・北九州~丸亀・高松線」7月1日より試行運行を開始します! - 2007年5月30日付にしてつグループニュースリリース
  10. ^ 高速バス「福岡~高松線」線本格運行の実施記念・ご利用感謝キャンペーンの開催について 2008年2月8日付にしてつグループインフォメーション
  11. ^ 夜行高速バス「福岡~高松線(さぬきエクスプレス福岡号)」軽食サービスの開始について
    西鉄の高速バス「はかた号」でも配られている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]