富士急山梨バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士急山梨バス株式会社
FUJIKYU YAMANASHI BUS CO.,LTD.
Fujikyu-yamanashi-bus-f1201-1280.jpg
種類 株式会社
本店所在地 日本の旗 日本
401-0302
山梨県南都留郡富士河口湖町小立4837
設立 1991年1月10日
業種 陸運業
事業内容 一般貸切旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業
旅行業
代表者 代表取締役社長 篠原勇[1]
資本金 1億円[2]
主要株主 富士急行
外部リンク http://www.yamanashibus.com/
http://www.fujikyu.co.jp/heiwa/
テンプレートを表示
富士急山梨バス本社営業所

富士急山梨バス株式会社(ふじきゅうやまなしバス-)は、山梨県南東地域を中心に路線を運営する富士急行の地域子会社である。神奈川県相模原市緑区藤野地区、山梨県上野原市大月市都留市道志村富士吉田市山中湖村富士河口湖町笛吹市甲府市などに路線を持っている。

営業所記号は「F」を用いるが、これは富士急行富士吉田営業所を引き継いだ時からのもので、それ以前の自社発注車では営業所記号は使用されていなかった。

概要[編集]

富士急行の乗合バス事業の利用者は、昨今の少子化や路線エリア内の企業・工場のリストラに伴うパート・アルバイト要員の削減、モータリゼーションのさらなる進展に伴い、大幅な減少がつづいており、利用者の増加は望めない状況にあった。これらを抜本的に改善するため、新規路線や運行回数の変更など利用客のニーズや潜在需要を喚起する方法がとられてきた。また、利用実態に合った小型車の導入等や嘱託運転士の採用、管理・整備部門の合理化などの支出削減もあわせて行ってきたものの、慢性的な赤字状態に陥っていた。このため、段階的に富士急行本体から子会社への路線の移譲や委託運行が進められていった。

このような状況の中で、1991年1月10日に都留市内を中心とする路線を担当する会社として「富士急都留中央バス」が設立された。その後の路線移譲などを通じて、山岳地域において人口の少ない地域や、観光客のみられる富士吉田、河口湖および上野原などを担当している。このため、同社は2002年6月1日に「富士急山梨バス」に社名変更された。

1980年代・中期まで自由乗降区間で「メロディーバス」を運行、「ふるさと」「富士山」を屋根上のスピーカーより流していた。

河口湖・西湖周遊バスとタウンスニーカー(100円バス)を除く全ての一般路線バスと一部の高速バスで、PASMOSuica等の交通系ICカードが利用可能。

沿革[編集]

  • 1991年(平成3年)1月10日 - 富士急都留中央バスとして設立。
  • 2002年(平成14年)6月1日 - 富士急山梨バスに社名変更。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月10日 - 上野原営業所の路線バスでPASMO導入。
    • 2月19日 - 大月営業所の路線バスでPASMO導入。
    • 2月26日 - 本社営業所の路線バスでPASMO導入(河口湖・西湖周遊バス、タウンスニーカーを除く)。
    • 9月30日 - 富士急バスカードの販売を終了。
    • 10月1日 - 富士急バスカードの無料払い戻し開始。
  • 2009年(平成21年)9月30日 - 富士急バスカードの利用を終了。
  • 2012年(平成24年)4月1日 - この日の出発便から富士急行河口湖営業所の閉鎖に伴い、同営業所の路線移譲を受ける。
  • 2013年(平成25年)3月23日 - 交通系ICカードの全国相互利用サービス開始に伴い、新たに8つの交通系ICカードが利用可能になる[3]
  • 2014年(平成26年)12月1日 - 富士急平和観光を合併し、同社の路線移譲を受ける[4]

本社および営業所[編集]

本社営業所[編集]

河口湖周遊レトロバス
富士吉田市内線 白糸町付近
  • 401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立4837
    以前は吉田営業所だった。車庫の移転と同時に、こちらが本社営業所となっている。富士急行河口湖営業所が併設されていたが、2012年4月1日の出発便をもって、全路線・車両が富士急山梨バスに移譲された。
  • 所管系統
    • 河口湖駅 - 富士急ハイランド - 富士山駅 - 山中湖 旭日丘 - 御殿場駅 - 御殿場プレミアムアウトレット
      富士急行と共同運行。
      一部の便は大橋(忍野八海)を経由する。
    • 富士山駅 - 忍野入口 - 北富士駐屯地入口 - 山中湖 旭日丘 - 山中湖 平野 - 道志小学校前
      平日のみ運行。
    • 山中湖 旭日丘 - 山中湖 平野 - 道志の湯 - 道志小学校前
      4月 - 11月のみ運行。
    • 富士山駅 - 忍野入口 - 忍野八海入口 - 内野 - 山中湖 旭日丘 - 山中湖 平野
      平日にそれぞれ1便ずつ富士山駅 → 市役所 → 内野間、内野 → 富士山駅 → 山梨赤十字病院間、内野 → 市役所 → 月江寺駅前間(富士山駅非経由)で運転する。
    • 富士山駅 - 忍野入口 - 大橋(忍野八海) - ファナック前 - 山中湖 旭日丘 - 山中湖 平野
      平日に1便のみ山中湖 平野 → 月江寺駅前間(富士山駅非経由)間で運転する。
      富士山駅行の1便のみ長池入口を経由する。また、平日に1往復のみ富士山 山中湖 - 長池入口 - 山中湖 平野で運転される。
    • 山中湖周遊レトロバス「ふじっ湖号」
      • 「左回り(山中湖 旭日丘方面)」 富士山駅 → 大橋(忍野八海) → 内野 → 富士山 山中湖(ホテルマウント富士入口) → 山中湖 旭日丘 → 山中湖 平野 → 富士山 山中湖(ホテルマウント富士入口) → 大橋(忍野八海) → 富士山駅
      • 「右回り(山中湖 平野方面)」 富士山駅 → 大橋(忍野八海) → 内野 → 富士山 山中湖(ホテルマウント富士入口) → 山中湖 平野 → 山中湖 旭日丘 → 富士山 山中湖(ホテルマウント富士入口) → 大橋(忍野八海) → 富士山駅
      平日は市立病院を、土休日は浅間神社を経由する。
      市立病院(平日のみ)や大橋(忍野八海)で山中湖方へ折り返す便もある。
    • 甲府駅南口 - 玉諸小学校
      平日のみ運行。この路線は全区間で山梨交通のバスも走っていたが、2013年4月1日に廃止されて単独路線となった。
    • 富士山駅 - 富士急ハイランド - 河口湖駅 - 下黒駒 - 県立博物館 - 石和温泉駅入口 - 甲府駅南口
      甲府駅南口 - 下黒駒間の区間運転便もある。全区間で甲府営業所のバス、および山梨県立博物館 - 甲府駅南口間で山梨交通のバスも走っている。これらのバスが石和温泉駅前のロータリーを経由する(山梨交通の御所循環を除く)のに対し、こちらは経由しない。
      平日に1便のみ甲府駅南口 → 富士山駅 → 忍野八海入口 → 内野間で運転する。
    • 富士山駅 - 富士急ハイランド - 河口湖駅 - 下黒駒 - 県立博物館 - 石和温泉駅入口 - かいてらす - 甲府駅北口
      上記の甲府駅南口発着のバスとは異なり、河口湖大橋、上黒駒バイパス、愛宕トンネルを走行する[5]
      山梨英和大学入口 - 県立博物館間とかいてらす - 甲府駅北口間は山梨交通のバスも走っている。山梨交通のバスが石和温泉駅前のロータリーを経由する(山梨交通の御所循環を除く)のに対し、こちらは経由しない。
    • 河口湖駅 - 天下茶屋
    • 富士山駅 - 富士急ハイランド - 河口湖駅 - 大石プチペンション村 - 芦川農産物直売所
      2010年12月、若彦トンネルの開通に伴い大石プチペンション村から笛吹市芦川地区の上芦川へ延伸。
      2011年5月、芦川地区の折り返し場が芦川農産物直売所に変更となる。
      1便のみ芦川農産物直売所 → 富士山駅 → 中央通り間で運転する。
    • 富士山駅 - 富士急ハイランド - 河口湖駅 - 精進 - 本栖湖 - 富士宮駅 - 新富士駅
      本栖入口 - 新富士駅間は快速運転を行う。
      富士山駅 - 本栖湖間、富士山駅 - 風穴間、富士山駅 - 富士緑の休暇村間の区間運転便もある。
      風穴発着便は春 - 秋の土休日に運転する。富士緑の休暇村発着便は平日のみの運行で富士北稜高校を経由する。
    • 富士山駅 - 富士急ハイランド - 河口湖駅 - 精進 - 本栖湖 - 古関 - 甲斐常葉駅 - 下部温泉駅 - 下部温泉郷
      古関 - 下部温泉郷間の区間運転便もある。
    • 富士山駅 - 富士急ハイランド - 河口湖駅 - 長浜 - 西湖民宿
    • 富士山駅 - 河口湖駅 - 富士北麓駐車場(登山期間のみ経由) - 富士山五合目(富士スバルラインが1合目までの営業の場合は運休)
      登山期間中は富士山駅や河口湖駅を経由しない便もある。
    • 大池公園 - 河口湖駅 - 富士北麓駐車場 - 富士山五合目(2014年の登山期間中に運転した)
    • 河口湖駅 - 山梨赤十字病院
      平日のみ運行。
    • レトロバス
      • 河口湖周遊バス:河口湖駅 → 河口湖ハーブ館 → 河口湖自然生活館 → 河口湖ハーブ館 → 河口湖駅 → ハイランドリゾートホテル&スパ → 河口湖駅
      • 西湖・青木ヶ原周遊バス:河口湖駅 → 河口湖ハーブ館 → 西湖民宿 → 富岳風穴 → 西湖前浜 → 河口湖ハーブ館 → 河口湖駅
    • タウンスニーカー
      • 中央循環: 富士山駅 - 市立病院 - 市役所前 - 下吉田駅 - 月江寺駅前 - 富士山駅
      • 上暮地・明見循環: 富士山駅 - 白糸町 - 向原 - 職業訓練所 - 市立病院 - 富士山駅
      • 熊穴・新倉循環: 富士山駅 - 下吉田中学校前 - 旭町上 - 警察署前 - 昭和大学入口 - 熊穴団地 - 市立病院 - 富士山駅
      いずれの路線にも右回りと左回りがある。
    • 富士山世界遺産ループバス

大月営業所[編集]

大月営業所
大月駅前バス乗り場
無生野バス停留所
  • 409-0614 山梨県大月市猿橋町猿橋184-6
    吉田営業所の車庫が移転するまでは本社だった。2002年10月に都留営業所は当営業所に統合されている。
  • 所管系統
    • 大月駅 - 岩殿 - 日影入口 - 日影
    • 大月駅 - 岩殿 - 日影入口 - 田無瀬 - 猿橋 - 営業所前 - 猿橋駅 - 大月駅
    • 大月駅 - 猿橋駅 - 営業所前 - 猿橋 - 田無瀬 - 奈良子入口 - 奈良子
    • 大月駅 - 猿橋駅 - 営業所前 - 猿橋 - 田無瀬 - 奈良子入口 - (奈良子) - 浅川入口 - 浅川(一部は奈良子経由)
    • 大月駅 - 猿橋駅 - 営業所前 - 猿橋 - 田無瀬 - 奈良子入口 - 浅川入口 - 瀬戸 - 八坪 - 上和田 - 新竹の向橋 - 竹の向 - 深城ダム - 小菅の湯
      2014年11月18日、国道139号松姫バイパスの開通に伴い小菅の湯まで延伸。小菅の湯では西東京バス奥多摩駅方面へ乗継可能[6][7]
    • 大月駅 - 猿橋駅 - 営業所前 - 猿橋 - (富浜中学校) - 鳥沢駅前 - 梁川駅前 - 新倉(一部は富浜中学校経由)
    • 大月駅 - 猿橋駅 - 営業所前 - 猿橋 - (富浜中学校) - 鳥沢駅前 - 山谷(一部は富浜中学校経由)
    • 鳥沢駅前 - 山谷 - 梨ノ木平扇山登山口(8月を除く4月 - 11月の土休日に梨ノ木平扇山登山口方面のみ運行)
    • 大月駅 - 猿橋駅 - 営業所前 - 関屋 - 四季の丘 - 藤崎
    • 桂台 - 猿橋駅 - 営業所前 - 関屋 - 四季の丘 - 藤崎
    • 大月駅 - 猿橋駅 - 営業所前 - 関屋 - 幡野入口 - 小沢 - 朝日小沢上
    • 大月駅 - 猿橋駅 - 石動団地入口 - 下和田団地 - 堀江製作所前
    • 大月駅 - 下真木 - 初狩駅前 - 原公民館前/笹子原 - 笹子駅前 - 追分 - 新田
    • 大月駅 - 下真木 - 大月西小学校 - 上真木 - 間明野 - ハマイバ前
    • 大月駅 - 浅利小学校前 - 遅能戸 - 西奥山
    上記各線とも区間便あり。また、大月駅発着便の一部は大月中央病院前、大月東中学校(及びその付近の類似名称のバス停)に発着する便または経由する便がある。
    • 大月駅 - 田野倉 - 禾生駅前 - 赤坂 - 都留市駅
      平日のみ運行。
    • 大月駅 - 田野倉 - 県立リニア見学センター
      県立リニア見学センター休館日は運休。上記以外のバス停には停車しない。2014年7月19日より運行を開始した。
    • 桂高校前 - 都留市立病院前 - 都留市駅 - おかじま食品館前 - 細野 - 菅野上 - 道坂隧道 - 唐沢 - 和出村 - 道志中学校前 - (道志の湯) - 道志 - 道志小学校前 - 小善地 - 久保 - 月夜野(一部は道志の湯経由)
    • 長又 - 唐沢 - 和出村 - 道志中学校前 - (道志の湯) - 道志 - 道志小学校前 - 小善地 - 久保 - 月夜野(一部は道志の湯経由)
    • 都留市駅 - 都留市立病院前 - 学校前 - (大野) - つるぎ - 宝鉱山(都留市駅 - つるぎ間の区間便は、つるぎ行きのみ大野経由)
    • 都留市内循環バス
      都留市駅 - 都留市立病院前 - 赤坂 - 芭蕉月待ちの湯 - 都留文科大学前 - 都留市駅 - 都留市立病院前
      都留市地域公共交通会議での検討をもとに平成23年10月 - 12月の試験運行を経て、平成24年8月1日より運行を開始した[8][9]

上野原営業所[編集]

上野原営業所
小菅の湯に停車中のF1568

主に上野原駅を発着する路線を管轄する営業所である。

  • 409-0112 山梨県上野原市上野原3643
  • 所管系統
    • 藤野駅シュタイナー学園 → 名倉 → 藤野駅
    • 上野原駅 - 上岩 - 井戸
    • 本町三丁目 - 上野原駅 - 坂下 - 奥牧野 - 釣場 - 無生野
      坂下 - 無生野間は自由乗降区間となっている 
    • 諏訪神社前 - 本町三丁目 - (石の公園) - 四方津駅 - 大野貯水池 - 太田上
    • 上野原駅 - 本町三丁目 - (上野原高校前帝京科学大学)-(石の公園) - 四方津駅 - 大野貯水池 - 犬目
    • 上野原駅 - 本町三丁目 - 新井 - 向風
    • 上野原駅 - 本町三丁目 - 新井 - 棡原中学校入口 - 飯尾 - 小菅の湯 - 松姫峠
      飯尾 - 松姫峠間は季節運行
    • 上野原駅 - 本町三丁目 - 甲東小学校前 - 不老下
      大曽根 - 不老下間は自由乗降区間となっている。
    • 上野原駅 - 帝京科学大学
    • 上野原駅 - 日大明誠高校
      上記2路線は学生、教職員向けの直通路線。

甲府営業所[編集]

甲府営業所

かつての富士急平和観光が担当していた路線を管轄する営業所である。

  • 400-0814 山梨県甲府市上阿原町736-1
  • 所管系統
    • 甲府駅 - 石和温泉駅 - 鵜飼山 - 県立博物館 - 下黒駒 - 河口湖駅 - 富士急ハイランド - 富士山駅
    平日朝に1往復のみ運行する。本社営業所のバスとは異なり、こちらは石和温泉駅前のロータリーを経由する。
    • 市立甲府病院 - 風土記の丘農産物直売所 - 高速バス停[注釈 1] - 下曽根 - 中道支所 - 上九一色出張所 - 古関町
    • 塩山駅 - 甲州市役所 - 下於曽西 - ぶどうの丘 - 勝沼支所 - 図書館・文化館 - 河口湖駅 - 富士急ハイランド - 富士山駅
    土休日に2往復のみ運行する。
    • 笛吹市営バス
      • 石和温泉駅 - 山梨県立博物館 - 栗合 - 笛吹市芦川支所 - 鶯宿

八王子営業所[編集]

八王子営業所

貸切バスの拠点となっている営業所である。

  • 192-0918 東京都八王子市兵衛2-32-1

高速バス[編集]

休廃止路線[編集]

旧大平バス停(2012年撮影)
  • 〔急行〕河口湖駅 - 富士急ハイランド - 富士山駅 - 旭日丘 - 御殿場駅 - 三島駅南口
  • 三つ峠駅 → 都留市立病院前
    • 2004年1月5日:運行廃止。
  • 富士吉田駅 - 都留市駅
    • 2009年10月1日:運行廃止。
  • 大月駅 - 猿橋駅 - 鳥沢駅前 - 梁川駅前 - 四方津駅 - 上野原駅
    • 2010年4月5日:運行廃止。新倉 - 四方津駅間のみの廃止であったため廃止バス停は無かった。
  • 都留市駅 - 禾生駅前 - 神社前 - 大平
  • 都留市駅 - 禾生駅前 - 神社前 - 曽雌 - 無生野 - 秋山釣場 - 奥牧野 - 上野原駅 - 本町三丁目
  • 都留市立病院前 - 都留市駅 - 東桂駅前 - 砂原
    • 2012年10月1日:休止
      2012年10月1日より、富士急山梨ハイヤーが予約型乗合タクシーつる〜と東桂を運行[8]
  • 都留市立病院前 - 都留市駅 - 上戸沢 - 芭蕉月待ちの湯
    • 2012年8月1日:休止
      2012年8月1日より、都留市内循環バスを運行[9]
  • 上野原駅 - 本町三丁目 - 四方津駅 - 大野貯水池 - 不老下
    • 2000年代初旬に運行廃止。廃止バス停は野田尻入口のみ。
  • 上野原駅 - 本町三丁目 - 新井 - 棡原支所前 - 日原
    • 2004年1月5日:運行廃止、廃止区間は棡原支所前 - 日原間。
  • 富士山静岡空港線富士山静岡空港 - 静岡駅南口 - 新富士駅 - 富士宮駅 - 河口湖駅 - 富士急ハイランドバスターミナル
    • 富士山静岡空港 - 新富士駅は高速バス(事前予約定員制)、新富士駅 - 富士急ハイランドバスターミナルは快速バス(事前予約不要)として運行していた。
    • 2008年6月4日:運行開始。2010年3月31日:運行休止。
  • 河口湖 - 横浜線」河口湖駅 - 横浜駅西口(相鉄自動車と共同運行)
  • 河口湖 - 静岡線」河口湖駅 - 富士急ハイランド - 静岡駅
    • 富士急静岡バスに移管。

車両[編集]

車種はいすゞ日野三菱ふそう日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)の国内4社の他、ヒュンダイを採用している。富士急行全体としては日野車が中心であり、ここもその例に漏れない。低公害バス導入以後は他の地区同様、日産ディーゼル車の比率も高くなっている。また、この地区では、富士急ハイランド駐車場内にCNG充填施設を独自に設置したおり、山梨県が独自の補助金制度を導入したこともあって、毎年の新車に必ず低公害バスが含まれており、オフシーズンには運用の限定も特にない。低公害バスは長らくCNGバスが導入されていたが、2006年以降は日野ブルーリボンシティ・ハイブリッドも導入されている。三菱車については貸切・高速用では以前から導入されていたが、路線車での導入は少ない。また、富士急行バスグループとしても2006年を最後に導入が止まっている。(当社では2012年に日野自動車のセレガハイブリッド、いすゞ自動車のエルガCNGバス2台が、富士急行バスグループで初めて導入された。

CNGバス導入の経緯については「富士急行#CNGバス「エバーグリーンシャトル」」を参照されたい。

本社営業所の車両は2008年11月4日以降、順次富士山ナンバーに変更され、2010年1月現在で全車両のナンバー変更が完了している[11]。変更後のナンバーは原則として社番に合わせたものになっているが、一部車両のナンバーは「22-36」(富士山麓)や、「225」(ふじっこ)に変更されている。なお、22-95(富士急行)と37-76(富士山の標高)の車両ナンバーは存在していない。また他地区から転属された車両では、一部を除いて希望ナンバーを取得していない。

付記[編集]

  • 1995年以前の営業所記号は以下の通りであった。
    • P…吉田営業所
    • R…都留営業所
    • S…大月営業所
    • T…上野原営業所

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 中央高速バス甲府線(甲府南経由)「中道」及び山交タウンコーチ75系統「銚子塚古墳入口」バス停と同一地点。

出典[編集]

  1. ^ “2014年安全報告書” (PDF) (プレスリリース), 富士急山梨バス, http://www.yamanashibus.com/2014anzen%20%20.pdf 2014年12月6日閲覧。 
  2. ^ “有価証券報告書 ‐ 第113期(平成25年4月1日 ‐ 平成26年3月31日)” (プレスリリース), 富士急行, (2014年6月23日), https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/E01EW/BLMainController.jsp?uji.verb=W00Z1010initialize&uji.bean=ek.bean.EKW00Z1010Bean&TID=W00Z1010&PID=W1E63011&SESSIONKEY=1417794006562&lgKbn=2&pkbn=0&skbn=1&dskb=&askb=&dflg=0&iflg=0&preId=1&mul=%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%80%A5%E8%A1%8C&fls=on&cal=1&era=H&yer=&mon=&pfs=4&row=100&idx=0&str=&kbn=1&flg=&syoruiKanriNo=S100252T 2014年12月6日閲覧。 
  3. ^ “交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります!” (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会, (2012年12月18日), http://www.pasmo.co.jp/news/pdf/174-20121218_release.pdf 2014年12月1日閲覧。 
  4. ^ “【お知らせ】会社合併について” (PDF) (プレスリリース), 富士急平和観光, (2014年12月1日), http://www.fujikyu.co.jp/heiwa/osirase.pdf 2014年11月29日閲覧。 
  5. ^ “やまなしバスコンシェルジュ - バスマップ” (プレスリリース), 山梨県バス協会, http://busmaps.jp/yamanashi/modules/BusMap2/?lat=35.5774&lng=138.6822&zoom=11&routes=201 2014年12月1日閲覧。 
  6. ^ 小菅線運行開始について - 富士急山梨バス2014年11月14日
  7. ^ 東京から山梨へ新ルート ◆◆◆ 奥多摩駅と大月駅からの路線バスが小菅村で結ばれます。 (PDF, 西東京バス 2014年11月14日)
  8. ^ a b c 都留市役所 地域公共交通
  9. ^ a b 広報つる 2012年 7月号
  10. ^ 三島駅〜河口湖駅直通・急行便廃止に伴う「直通乗車券」の発売終了について
  11. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻119号 p84-85

関連項目[編集]

外部リンク[編集]