桜島号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桜島号(西日本鉄道)
桜島号(西鉄高速バス)
桜島号(JR九州バス)
桜島号(いわさきバスネットワーク)
桜島号(南国交通)
桜島号夜行便(西鉄高速バス)

桜島号(さくらじまごう)は、福岡県福岡市鹿児島県鹿児島市を結ぶ高速バス路線である。昼行便(1日23往復)と夜行便(1日1往復)がある。

席は全便座席指定制で、乗車には予約が必要である。

運行会社[編集]

昼行便10往復を西鉄2社が担当、昼行便12往復をJR・南国・いわさき・鹿観の4社が3往復ずつ担当(4社の担当する便は月ごとにローテーションされる)、昼行便1往復と夜行便を西鉄本体とJRを除く4社が日替わりで担当する。なお、西鉄側の運行に関しては、元々は西日本鉄道が全て本体直営で運営していたが、2001年頃より運行業務を西鉄高速バスに管理委託されるようになり、2009年頃からは夜行便のみ西鉄高速バス直営として移管し、2013年4月からは昼行便の移管(ただし1往復のみ本体便を残している)に伴い西鉄便のほとんどが西鉄高速バス直営となり、1往復は引き続き西鉄高速バスの管理委託だったため全便を西鉄高速バスが担当している形となっていたが、2014年6月10日より1往復の管理委託便を博多自動車営業所へ移管に伴い14年ぶりに本体直営に戻っている。

沿革[編集]

  • 1990年3月22日 西日本鉄道南国交通林田産業交通鹿児島交通(当時)の4社共同運行により運行開始。
    • 当時の運行本数 昼行:6往復 夜行:1往復
  • 1990年12月20日 ジェイアール九州バスが参入し(1往復増発)、5社共同運行になる。
  • 1991年3月20日 昼行便を15往復(6時から20時まで1時間毎)に大増発
  • 1999年3月28日現在の停車地
    • 昼行便 - 博多駅交通センター、西鉄天神バスセンター、久留米インターチェンジ(一部の便のみ停車)、鹿児島空港南、西鹿児島駅前、天文館、いづろ
    • 夜行便 - 博多駅交通センター、西鉄天神バスセンター、西鉄久留米、西鹿児島駅前、天文館、いづろ
  • 2002年12月1日 福岡~鹿児島間の往復乗車券を9,000円→8,000円、4枚つづり回数券を18,000円→15,000円に値下げ。
  • 2004年2月13日 停車地追加。
    • 久留米ICに停車する便が新たに帖佐に停車するようになる。
    • 夜行便も鹿児島空港南に停車するようになる。
  • 2004年4月1日 鹿児島交通運用分が南九州バスネットワークに移管される。
  • 2006年9月1日 南九州バスネットワーク解散に伴い、運用分が林田バスに移管し、4社共同運行になる。
  • 2007年3月21日 停車地追加。
    • 昼行便すべてが久留米IC、帖佐に停車するようになる。
    • 全便とも停車地に高速基山、下伊敷を追加。
    • 下伊敷停車追加により経路一部変更(鹿児島ICが鹿児島北ICへ)
  • 2007年4月頃 新たに鹿児島交通観光バスが参入。再び5社共同運行となる(車両は旧南九州バスネットワーク所属車を林田バスより譲渡される)。
  • 2008年2月1日 林田バス清算により、同社運行便がいわさきバスネットワークに変更。
  • 2008年10月20日 夜行便の停車バス停を久留米バスセンターから昼行便同様久留米インターチェンジへ変更。
  • 2009年2月1日 いづろ高速バスセンター廃止に伴い、鹿児島市内の始終着バス停を鹿児島本港(高速船ターミナル)へ変更。[1]
  • 2009年6月1日 バスセンターが併設されていた南国日生ビルの建て替えに伴い、鹿児島中央駅前の乗降車バス停を変更[2]
  • 2009年10月頃 夜行便の西日本鉄道運用分が西鉄高速バスに移管される(昼行便は従来通り西日本鉄道が運行)。
  • 2010年7月1日 夜行便の停車バス停にキャナルシティ博多を追加。
  • 2010年7月21日 昼行便23往復中18往復について、一部の席を通常運賃の半額の運賃とする「席割」を実施(2012年3月31日まで)。
  • 2011年3月12日 九州新幹線の全線開通に伴い、「九州新幹線全線開通割引きっぷ」を4月27日まで発売(6月1日より「九州新幹線de高速バス割引きっぷ」と名称を変更し通年発売)。
  • 2012年2月29日 これまで期間限定で実施してきた「席割」を通年発売に変更、同年4月1日以降は夜行便・臨時便を除く全便が対象になる(設定席数は時間帯や運行時期により変動)。[3]
  • 2012年4月23日 - 南国交通鹿児島中央駅前バスセンターの開業に伴い、鹿児島中央駅前乗降場所を変更[4][5]。また、この日から新たに八女インターチェンジに停車開始。
  • 2013年4月1日 - 昼行便の西日本鉄道担当便を1往復を除き西鉄高速バスに移管。
  • 2013年7月1日 - 同日出発便より、Webでの予約先が「@バスで(ハイウェイバスドットコム)」に変更される。また、これまで実施してきた「席割」が廃止され、代わりにWeb予約でカード事前決済時のみ安くなるWEB早割5を導入する(繁忙期は対象外)[6]
  • 2014年6月10日 1往復の西鉄本体担当便を西鉄高速バス管理委託(福岡高速営業所)から博多自動車営業所へ移管され、西鉄本体直営路線に変更。
  • 2014年12月18日 - 昼行便のこれまでの宮原SA1箇所における10分間の途中休憩から、北熊本SAえびのPAの2箇所においてそれぞれ15分間ずつの休憩に変更。これにより所要時間が20分延びる。また、夜行便のみ停車していた「キャナルシティ博多」における乗降扱いを廃止[7]

運行経路・停車停留所[編集]

太字は停車停留所。福岡市内-八女IC間のみ、鹿児島空港南-鹿児島市内間のみの利用は不可。

博多バスターミナル - 西鉄天神高速バスターミナル - 天神北ランプ - (福岡都市高速1号線2号線) - 太宰府IC - (九州自動車道) - 筑紫野〈二日市温泉入口〉 - 高速基山 - 久留米IC - 八女IC - 鹿児島空港南 - 帖佐 - 鹿児島北IC - 下伊敷 - 鹿児島中央駅前 - 天文館 - 鹿児島本港〈高速船ターミナル〉
  • 上記は昼行便の経路。夜行便は基本的に経路・停車箇所は同じであるが、下記のとおり若干の違いがある。
    • 西鉄天神高速バスターミナル始発・終着、博多バスターミナル経由(停車順が逆になる)。
    • 博多バスターミナル - 筑紫野間は福岡都市高速経由ではなく一般道(国道3号線)を経由したのち、太宰府ICから九州自動車道を走行するルートとなる(福岡行も同じ)。
    • 八女ICは不停車。
  • 昼行便はえびのPA北熊本SAでそれぞれ15分間ずつの乗客開放休憩有り(夜行便は車両点検・乗務員仮眠のために途中のSA・PAに停車するが、乗客は車外へは出られない)。

所要時間[編集]

  • 西鉄天神高速バスターミナル~鹿児島中央駅前間
    • 昼行便 - 最速4時間12分
    • 夜行便 - 福岡→鹿児島・6時間26分、鹿児島→福岡・6時間21分

車内設備[編集]

  • スーパーハイデッカーまたはハイデッカー、3列シート
    • 昼行便は原則2+1の配列、夜行便は独立3列
    • 南国交通は昼行便も全車独立3列シート(夜行仕様車を共用)
    • 西鉄・いわさきバスネットワーク・鹿児島交通観光バスは運用の都合上昼行便に夜行仕様車が充当される場合がある。
    • 2号車以降の続行便においては4列シート車が充当される場合がある。
  • 化粧室
  • ビデオ(昼行便のみ)・ラジオ
  • おしぼり
  • 毛布
  • コンセント(西鉄便の一部車両のみ)
    • 運行開始当初は車内に公衆電話も設置されていたが、携帯電話の普及に伴い各社とも2000年頃を目処に廃止された。このほか、飲み物(お茶・コーヒー)のサービスもあったが、コスト削減により現在は廃止されている。マルチステレオ(音楽サービス)も現在廃止している会社も多い。

脚注[編集]

  1. ^ 福岡~鹿児島線「桜島」号 鹿児島本港(高速船ターミナル)へ路線延長を行ないます(pdf)
  2. ^ 新バスターミナル開業までの間、出発場所は南国高速バスセンター(元「サンクス」店舗跡)で、到着場所はダイエー鹿児島中央店横の高速バスおりばとなっていた。
  3. ^ 高速バス福岡~鹿児島線「桜島」号 『席割』が新しくなって再スタート!(PDF)
  4. ^ 空港連絡バス・高速バスの発着所移転に関するお知らせ (PDF)”. 南国交通 (2012年3月13日). 2012年3月13日閲覧。
  5. ^ 発着場所は、鹿児島中央ターミナルビル(ソラリア西鉄ホテル「Reise(ライゼ)」1F)2番ホーム発・4番ホーム着となる。
  6. ^ WEB決済限定!高速バス「WEB運賃プラン」を導入します!(PDF) (PDF)”. 西日本鉄道 (2013年5月31日). 2013年6月3日閲覧。
  7. ^ 鹿児島~福岡線高速バス「桜島号」ご利用のお客様へ (PDF)”. 南国交通 (2014年11月21日). 2014年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]