西日本車体工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西日本車体工業株式会社
Nishi-nippon Shatai Kogyo Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 西工、NSK
本社所在地 日本
803-0801
福岡県北九州市小倉北区西港町11番地
設立 1946年10月1日
業種 輸送用機器
事業内容 各種バス車両製造
車体の修理
バス及び電車用品、中古車両の販売
代表者 取締役社長 黒川学
資本金 426 百万円
主要株主 西日本鉄道 59.52%
西鉄不動産 20.83%
九州メタル産業 19.65%
特記事項:2010年10月いっぱいで解散、2011年3月清算結了
テンプレートを表示
西工02MC SD-II
三菱 KL-MS86MP(西日本鉄道)
西工96MC B-I
日野 PJ-KV234N1(京都市交通局)
バス車内に取り付けられている銘板。右が西工の銘板

西日本車体工業株式会社(にしにっぽんしゃたいこうぎょう)は、かつて福岡県北九州市小倉北区西港町に本社を置き、バス車両の車体部分を製造していたメーカー(コーチビルダー)。西日本鉄道(西鉄)の連結子会社(議決権100%:間接保有含む)で、略して西工(にしこう)、またはNSKとも呼ばれる。

歴史[編集]

1946年、戦後のバス輸送復興を進めていた西鉄が、指定車体製造工場としてバス車体の製造・販売・補修整備を目的に設立した会社である。

日本国内の大型自動車メーカー4社(日産ディーゼル(現:UDトラックス)三菱ふそう日野自動車いすゞ自動車)のバス用シャシーにボディ架装を行ない、親会社である西日本鉄道(西鉄バス)向けをはじめ、主に九州関西中国地方のバス事業者に納入した。

1988年に日産ディーゼルとの共同開発で「スペースランナー」(RB→JM→RM系)を開発。同社のカタログモデルとして発売された。これ以後、日産ディーゼル車についてはこれまで納入例がほとんどなかった関東地方など全国各地に販売されることとなる。

1998年には、日産ディーゼルの中型ノンステップバス(KC-RM211GAN改)が西工のみの架装で発売される。また、平成10年および11年排出ガス規制によるモデルチェンジで、同じく日産ディーゼルのJPとRNのボディー架装から富士重工が撤退し、西工のみが対応するようになる。そして2002年1月、日産ディーゼルがバス車体の架装を西日本車体工業に集約する[1]と、これ以後は事業を日産ディーゼル向けのボディ架装にほぼ特化することとなり、他社製のシャシーへの架装例は減少していった(別項参照)。

2007年より日産ディーゼルと三菱ふそうがバス製造事業における業務提携を開始した際に、大型ノンステップバスや中型系の路線バスは三菱ふそうブランドも日産ディーゼルからのOEMに統一されたため、三菱ふそうへ「日産ディーゼル+西日本車体工業」の車両が多数OEM供給され(従来からの「日産ディーゼル+西日本車体工業」の組み合わせも以前に生産中止になった一部を除きすべて継続生産された)、三菱ふそうからは「エアロスター-S」(大型ノンステップ)「エアロミディ-S」(中型)として発売された。一方、逆に三菱ふそうが三菱ふそうバス製造(MFBM)で製造した観光系車両や大型ワンステップバス・ツーステップバスなどは日産ディーゼル工業にOEM供給されたことにより、大型ノンステップバスや中型系の路線バスの受注量が急増が予想される一方で、観光系や大型ワンステップバス・ツーステップバスへの架装台数は減少することとなっていた[2]

しかし、日産ディーゼルと三菱ふそうの関係は単なる業務提携にとどまることはなく、2009年8月31日には両社がバス事業における合弁会社の設立協議に入ることを発表した[3]。さらに日本経済新聞の報道によれば、新会社は2011年1月の発足を目指すとともに、西日本車体工業への生産委託を2011年8月までに打ち切り、生産をMFBMに集約するとしている。その後2009年9月8日付西日本新聞など、在福岡のマスメディアが報じたところによれば、西工において2010年8月に大型バスの生産終了、その1年後には中型バスも集約により生産終了すると日産ディーゼルから西工に伝えられており、これらに伴い200人余の派遣社員を11月末で雇い止め、約300人の正社員についても削減が避けられず、正社員については西鉄グループ各社及び日産ディーゼルに再就職の斡旋を依頼すると報じていた[4]

その後も大口顧客からの受注終了という経営環境の激変に際し、経営規模の大幅な縮小による会社の存続の道を探っていたが、2010年1月21日の西鉄の取締役会において「これ(日産ディーゼル工業。同年2月1日付で「UDトラックス」に社名変更)に代わる受注も見込めないことから、事業の継続は困難と判断」との理由により西日本車体工業を2010年8月31日付で解散し、2011年3月までに清算することが決議された[5]。その後、「従業員に対する再就職支援期間を確保するため」として、解散日は2010年10月31日付に変更された[6]。なお、前述のUD・ふそうの協議については同月29日付で打ち切りとなっている。

現在、アフターサービスについては共栄車体工業(西鉄の子会社)および桐生工業伊勢崎工場富士重工業の子会社)が行なっている。なお、2010年9月1日以降のUDトラックス(旧:日産ディーゼル)シャシーに関しては、同社からの委託を受ける形で共栄車体工業が行なっている[7]

年表[編集]

  • 1946年 - 八幡市(現・北九州市八幡東区)昭和町に会社・工場を設立。
  • 1947年 - 第一号車生産。シャシーは日産180型トラック。
  • 1949年 - 大型トレーラーバス生産。
  • 1952年 - 同社初のリヤエンジン民生BR325生産。
  • 1953年 - 小倉市(現・北九州市小倉北区)下到津に工場移転。
  • 1954年 - モノコックボデー本格量産、三菱リヤエンジン、日野BD、セミダブルデッカー等新車種が相次ぐ。
  • 1955年 - フルモデルチェンジを実施、丸みを帯びたボディとなる。同年いすゞリヤエンジンを架装、4メーカー架装が始まる。
  • 1957年 - 大阪に営業所を開設、翌年東京、広島、1961年高松と販路拡大を図ると共に、各地の有力車体メーカー(1959年東浦自工、1960年北村製作所、1961年京成自動車工業)と技術提携し、西工ボディを大阪、新潟、東京でも架装できるようにした。
  • 1958年 - 渡辺自動車工業(旧九州飛行機)を傘下に入れ、技術力を更に向上させた。
  • 1962年 - 小倉市西港町に工場移転。
  • 1966年 - フルモデルチェンジ実施。42MCと命名される。丸みのあるデザインから一変し、車体前後が「く」の字に折れ曲がった直線的なデザインに変更された。これは当時の米国のバスを模したものだといわれており、「アメリカンドリーム」の愛称名で発売されたようであるが、この愛称名はほとんど浸透しなかった。主に関西のバスファンからは“カマボコ形”のニックネームが付けられた[8]。メーカーによってヘッドライトのベゼル部分が違っており、特に日野車は角型ベゼルであった。
  • 1978年 - フルモデルチェンジ実施。新モデルは「53MC」と命名された。前代より車体前後の折れ曲がりが小さくなり、ヘッドライトのベセル部分もシャシーを問わない独自デザインの角型のものに統一した。
  • 1980年 - ハイデッカーを生産開始。
  • 1981年 - 中型車を生産開始。当初はいすゞ自動車の純正ボディメーカーであった川重車体工業ライセンス生産であったため、いすゞ車のみであった。
  • 1983年 - 全タイプのフルモデルチェンジ実施。スケルトン構造の車体に改められ、リベットをなくした箱型車体になった。58MCと呼ばれ、現行モデルの基本設計が完成した。全モデルの一斉フルモデルチェンジはこれが最後となった。
  • 1986年 - スーパーハイデッカーSD-I、SD-IIを生産開始。
  • 1992年 - 西鉄北九州線廃止に伴う代替バス用として、当時の日産ディーゼル中型車のシャーシ長さを延長し、大型車並みの収容力を持たせたバスを生産(U-JM210GTN改、のちに日産ディーゼルからU-JP211NTNとしてラインナップされる)。C型・SD型のフルモデルチェンジを実施し丸みを帯びたデザインの92MCとなる。
  • 1996年 - B型・E型のマイナーチェンジを実施。96MCとなる。バンパー部分の変更や見えない部分の改良が施されている。
  • 2002年1月 - 日産ディーゼルがバス車体の架装を西日本車体工業に集約することを決定。
    • 5月 - それまで日産ディーゼルのバス車体の架装の多くを手がけていた富士重工業がバス車体架装事業の中止を決定。
西工の最終製造車となった西鉄6265
  • 2005年 - B型・E型のマイナーチェンジを実施。側面窓最後部のサクションダクト(吸気口)が廃止、最後部窓の固定窓になる、大型車のホイールアーチが中型車向けと同じく真円型になるなど、いくつか変更が行われている。
  • 2007年 - 日産ディーゼル工業と三菱ふそうトラックバスとの相互OEM供給が開始された。これにより、三菱ふそうへの西日本車体工業製バスの提供が拡大される一方、日産ディーゼルへは三菱ふそう系列で製造されたバスが拡大する。
  • 2010年3月31日 - 受注打ち切り。
  • 2011年3月 - 清算結了。

導入地域・導入状況[編集]

西日本[編集]

  • 2000年頃までは、地域別では主に近畿地方・中国地方の山陽側・九州での導入が多かった。事業者別では、九州地方では親会社である西鉄をはじめとするほとんどの路線バス事業者が導入しており、近畿地方では公営各事業者(京都市交通局大阪市交通局高槻市交通部神戸市交通局尼崎市交通局伊丹市交通局明石市交通部姫路市交通局)・阪急グループ阪急バス神鉄バス大阪空港交通)・南海電気鉄道関西空港交通神姫バスなどが、中国地方では岡山電気軌道呉市交通局広島電鉄広島交通サンデン交通などが多く導入した。近畿地方以西では西工解散まで、後述するように日産ディーゼル以外のシャーシに架装される例も多かった。
  • ディーゼル車排気ガス規制のKC-、KK-適用以降は、日野製シャーシへの架装は親会社の西鉄など一部の例外を除いてほとんど存在しない。さらに日野自体もバス部門のジェイ・バスへの統合と生産車種の一本化により、2005年以降はシャーシ供給は皆無となりつつあったが2006年からいすゞOEMの大型路線車両に限って車体架装を再開し西工解散まで製造された。また、三菱ふそうおよびいすゞの観光系シャーシについても供給が行われなくなったため、2006年には親会社の西鉄も純正ボディである三菱ふそうバス製造製のエアロクィーン夜行バスに導入した。
  • 他のコーチビルダーに比べ特殊仕様への対応に精力的であり、西工を好んで導入する事業者も多かった。代表例として逆T字窓をいち早く採用した阪急バスが、かつて純正ボディではスタイルの相違が大きかったので統一ボディを好んだ京都市交通局があげられる。
  • 近畿地方以西の事業者でも、近鉄グループのバス会社では九州内の大分バス(現在は近鉄グループから離脱し、西鉄の資本が入る)を除き、ほとんど導入されていない。これは高度成長期に親会社の近畿日本鉄道と、西工の親会社である西日本鉄道(西鉄)の関係が悪かったことと、後年には西工への供給にあまり積極的ではない日野車を多数導入し、逆に日デ車が少ないことが起因している。一方、富士重工業製については、三重交通や大分バスが比較的多く導入していた。また、京阪グループのバス会社でも基本的にメーカー純正で入れる傾向が強く、富士重撤退後も日産ディーゼル製のバスを購入し続けた京都バス、1990年代にある程度まとまった台数を導入した京阪宇治交通(現在の京阪宇治バス管轄地域)を除き西工製バスは京阪グループでは新規に投入されていない。
  • 四国では西工製バスの採用が少なく[9]、2000年代以前から継続的に新車で購入しているのは瀬戸内海交通のみである。2000年代以降、徳島市交通局高知県交通がスペースランナーを、宇和島自動車がエアロスターS・エアロミディSを導入している。なお伊予鉄道も1960年代日野RB、RC系の一部に導入していた。

中日本・東日本[編集]

富士重工撤退以前に東日本に導入された例 58MC
松本電気鉄道
いすゞU-LV318N
  • 東海地方以東における一般路線バスの納入例として、1970年代には静岡鉄道が42MCボディ架装車両を、1988年横浜市交通局が日産ディーゼルの中型車P-RB80Gを、1989年にJRバス関東がP-RB80GSを、1993年に松本電気鉄道(現在のアルピコ交通)がいすゞのU-LV318Nを購入した例などがある。しかし、いずれも1年限りで終わっている。
  • 貸切車としては、1990年に伊豆箱根鉄道がSD-Iを架装したP-RA53TAE型を導入している。これは、当時日産ディーゼルに2軸スーパーハイデッカー用シャシーの設定がなかったため、ハイデッカー用シャシーに架装するスーパーハイデッカーのSD-Iを選択したものである(近畿地方以西では1989年に下津井電鉄が同様の高速車を導入している)。
  • 車両の低床化を進めていた京王帝都電鉄(当時、現:京王電鉄バス)が、ワンステップバスの日産ディーゼルのU-JP211NTNに注目。この一部に西工製の車体を架装して導入し注目された。以降、京王グループは西工架装のJPを断続的に導入し、関東地方における西工導入の先鞭をつけた。貸切・高速車では、JRバス関東1998年以降、日産ディーゼル高速車の車体をすべて西工製で導入している。
  • UA系では、2000年に東急バスが、当時富士重工業車体で設定のなかった日産ディーゼル製のMTのノンステップバスを導入するために、例外的に西工車体車を導入したことがある。
  • メーカー再編により2000年代以降は西工ボディの日産ディーゼル・三菱ふそう車が東海・北陸・関東・東北・北海道にも導入された。

国鉄・JRバス[編集]

国鉄バスには西工の導入はなかったが、国鉄分割民営化によりJRバスグループとなって間もない頃からJR九州バスで導入されるようになり、のちJRバス関東でも積極的に導入されるようになった。また富士重工がバスボディ生産から撤退してからはJR北海道バスでも導入されている。その他のJRバスグループ各社では新車での導入例がほとんどなく、中国JRバスが2003年にトップドア路線車2台(共に日産ディーゼル車)を導入したのみである。

中古車[編集]

富士重工のバス事業撤退とは関係なく、関西圏事業者等からの西工ボディの中古車を導入した例が北海道・東日本・四国・沖縄にも多数ある。

主な車種[編集]

西工のボディ型式には、用途別にB型・C型などのモデル区分があると同時に、製造初年度を表す2桁の数字(1988年までは昭和年の2桁、1989年以後は西暦の下2桁)を用いたものが付与されていた。

B型[編集]

一般路線バス用のモデル。解散時まで製造された。

42MC[編集]

1966年から1978年まで製造されたモデルで、前代の丸みのあるデザインから一変し直線的なデザインとなった。特に後部をナイフでそぎ落としたようなデザイン処理から、バス愛好家から「かまぼこ」と呼ばれることもある。

側面窓は1970年代半ばまではバス窓で、前代同様、側面窓の左下・右下に丸みが付いていた。後のマイナーチェンジで2段窓になり、窓の四隅に丸みが付くようになっている。一部事業者向けには非常口窓が開閉式となっているものも設定されていた(窓については53MCも同様)。

1970年代初め頃から中扉を4枚折戸としたモデルが設定され、西鉄などに納入された。1973年には前扉も4枚折戸とした車両が試作されたが、これは西鉄に2台採用されただけに終わっている。また1970年代半ばから大型方向幕が採用され、低床化も進められた。

大型車・9m大型車[10]のみ設定されていた。

なお1967年から1972年までのあいだ、京成電鉄の子会社である京成自動車工業[11]が西工のライセンス生産でバスボディを製造し、42MCを京成電鉄(現:京成バス)や新京成電鉄(現:新京成バス各社)などに納入していた。1987年までに全廃され消滅している。

53MC[編集]

1978年から1983年まで製造されたモデルで大型車・9m大型車のみ設定されていた。窓の形状は42MCに類似するが、前代に比べ前後の折れ曲がりがやや小さいことから、バス愛好家からは「はんぺん」とも呼ばれる。

西工のモノコックボディとして最後のモデルで、バスボディのスケルトン化の流れによりわずか5年で製造終了となった。阪急バスには側面窓を上段引き違い・下段固定の大型窓とした車両や、外部正面から見て右側の前面窓の縦幅を左側よりも少し大きくした車両が導入された。

58MC[編集]

1983年から1996年まで製造されたモデル。西工初のスケルトンボディである。

前面窓が左右とも同じ高さの「B-I」のほか、53MCで阪急バスに採用された、右側の前面窓の縦幅が左側よりも少し大きいタイプが「B-II」として正式設定され、西鉄などの各社で採用された。

スケルトン化にあわせて1950年代以来踏襲してきた側面窓隅の丸みがなくなり、四角形の窓となった。53MCでは阪急バスでのみ採用されていた、側面窓を上段引き違い・下段固定の大型窓とした車両も正式に設定された。

また、中型車についてもそれまでの川重のライセンス生産からB型大型車に準じた独自デザインに変更されている。中型車は1988年まで生産されたのち、独自デザインの日産ディーゼル・スペースランナーRMが登場したためB型ボディでの製造は途絶えていたが、1993年からワンステップバスとして再び製造された。中型車はB-Iのみの設定であった。

  • 大型
  • 中型

96MC[編集]

96MC B-II
Kawasakicitybus-s4478-kw04-20070919.jpg
Kawasakicitybus-s4480-rear-kw07-20070919.jpg
PKG-RA274PAN (川崎市交通局)

1996年に発売開始。これが西工最後の一般路線車モデルとなった。基本構造は58MCと似ているが、ヘッドランプやフォグランプなどがバンパーに埋め込まれる構造に変わり、より現代的なデザインとなった。58MCと同じく中型車はB-Iのみであった。

1997年には日産ディーゼルRNシャシー専用としてB-Iをベースにした小型車の生産を開始している。

1998年3月にはB-IIをベースにしたノンステップバス(三菱ふそうエアロスターKC-MP747M)を試作し、西鉄に2台納入した。床板は従来の西鉄一般路線車と同じ5.5mm厚のアルミ板とし、純正車体の15mm厚ボードに比べて床面地上高を約10mm下げた点や、ノンステップバスでありながら従来のバスと同様、前ドアを前ヒンジの折戸、中ドアを4枚折戸とした点などが純正車体との相違点である。翌年から他社向けにもノンステップバスが生産されたが、ドアは純正車体同様、前ドアはグライドスライド式、中ドアは引き戸となった。

2000年にはB-Iを12mにストレッチした高速仕様車(三菱ふそうエアロスターKC-MP717PT)を試作した。今までハイデッカーを採用していた短距離高速バスの製造費削減を図る目的で開発されたもので、シャシーはターボインタークーラー付き高出力タイプのものをストレッチし、床下にはトランクを設けた。試作車の使用実績を基に同年後期から若干の改良を施して量産され、2005年からはシャシーが日産ディーゼルUA(のちRA)に代わり引き続き製造された。西鉄グループには三菱ふそう・日産ディーゼル合わせて約200台が納入されたが、他社では採用されなかった。

2005年から新短期・長期排出ガス規制適合車の発売を開始。灯火類や窓などの一部を改良したボディとなっており、若干のマイナーチェンジが行われている。

E型[編集]

96MC E-III
Kamenoi Bus - Oita 200 ka 413.JPG
Kamenoi Bus - Oita 200 ka 357.JPG
PKG-RA274RBN (亀の井バス)

観光・高速・自家用バス用。スタンダードデッカーの「E-I」「E-II」と、ハイデッカーの「E-III」がある。B型と同様、1966年から1978年までは前後が「く」の字形に曲がった42MC、1978年から1983年までは前後の折れ曲がりがやや小さくなった53MC、1983年からはスケルトンボディの58MCで生産され、1991年には前面デザインを変更した90MCに移行した。58MCは大型車のほか中型車も生産された。

E-IとE-IIは一般路線バス並みの車高であり、一般路線バス用のシャーシに架装することもできる。E-Iは90MC、E-IIは96MCのモデルとなる。かつては長距離路線バスや観光バス用として各事業者に採用されていたが、1980年代半ば以降のハイデッカーの台頭により、現在では主に短距離を走る高速・特急バスに多く採用されている。また自家用の送迎バスや、検診用・献血用車両など、路線バス用以外の車両はこのボディが多い。E-IIのバンパーはB型と共通(行灯もしくは行先表示付のものもあり)でヘッドランプも角形4灯が標準であるが、江ノ電バス京浜急行バスの空港線用にはC型同様のディスチャージランプが装備されたものも製造された。

E-IIIは、灯火機器規制の影響で生産中止になったS型に代わり、新たにハイデッカーに対応したボディとして2006年から生産が開始されたモデルである。基本構造は従来のS型を引き継いでいるが、フロントバンパーとリヤフラッシャーがE-IIに準じたものへ変更され、フロントガラスが拡大されている。主に高速バス用で観光系シャーシに架装されたが、江ノ電バスの定期観光バス用には路線シャーシへの架装もなされた。

1996年にモデルチェンジした96MCが最後のモデルで、E-IIとE-IIIが生産された。

S型[編集]

観光・高速バス用。ハイデッカー。前面デザインは90MC E型に準じる。C型の廉価型といえるもので、デザイン的にはC型に比べ見劣りするが、接客設備・サービスレベルはC型と同等の水準にすることができるため、主に高速バスとして用いられた。

1980年、高速・観光バスのハイデッカー化の流れに対応して発売開始された。当初はモノコックボディの53MCベースで発売され、1983年にスケルトンボディの58MCに、1991年には前面デザインを変更した90MCに移行した。

2005年に灯火器具類の保安基準の改正に適合できないため、モデルを廃止し、先述のE-III型に移行した。

C型[編集]

02MC C-I
Shizutetsu-shimizuliner-20070924.jpg
Shizutetsu-shimizuliner-rear-20070924.jpg
しずてつジャストライン 日産ディーゼルPKG-RA274RBN

観光・高速バス用、ハイデッカー。普通のハイデッカーである「C-I」と、最後部の屋根や床が少し高くなっている「C-II」がある。愛称は「ネオロイヤル」。

1982年に当初からスケルトンボディで発売開始され、以後ヘッドライト、バンパーなどの形状のマイナーチェンジを経て、1992年にはフルモデルチェンジした「92MC」が発売開始された。1998年にはバンパーの形状を若干変更した「98MC」にモデルチェンジし、2002年に前面ヘッドライトの形状を変更した「02MC」となって西工解散まで製造された。

C-IIは最後部の座席を通路に向けて向かい合わせにし、ミニサロンとすることができるもので、かつては親会社である西鉄グループが継続的に購入し、「ロイヤルハイデッカー」の愛称名で中規模団体輸送用に使用していたほか、昭和自動車などでも採用されていたが、別府はとバス(日野シャシー)を最後に現在は生産が途絶えている。なお、JR九州バスには車体はC-IながらC-II同様に最後部の座席を通路に向けて向かい合わせにし、ミニサロンとすることができるものが存在する。C-Iは同じハイデッカーであるS型に比べてデザインの美しさを重視した設計となっており、観光バスとして用いられることが多いが、高速バス用として購入する事業者も少なくない。また、他車種より屋根高さが低く、トランクの面積が広いため、空港リムジンバス用としての人気も高い。

大型車のほか、1991年からは9m大型車も設定されていたが、日デRP系の廃止により生産中止となった。9m車はC-Iのみ設定(前代の58MCおよび92MCには西鉄バス筑豊等でC-IIの採用あり)であった。9m車は原則的に日デRP系2005年8月生産中止)のみへの架装だが、九州観光バスに1台だけ日野製シャシーへの架装例がある。

SD型[編集]

92MC SD-II
Nishi-Nippon Railroad - 4924 - 01.jpg
Nishi-Nippon Railroad - 4924 - 02.jpg
西日本鉄道 三菱ふそうU-MS821P

観光・長距離高速バス用のスーパーハイデッカー。前面形状はC型と同じで、「ネオロイヤル」の愛称を持つ。車高約3.48mの「SD-I」、車高約3.55mの「SD-II」、3軸の「SD-III」がある。

1984年日産ディーゼル・スペースウイング三軸車専用としてスーパーハイデッカーC-III(のちSD-IIIと改称)を生産開始。1986年にはSD-I、SD-IIを発売開始。C型と同様のモデルチェンジを経て2002年からは02MCとなり西工解散まで製造された。

SD-Iは4メーカーすべてのハイデッカーシャシー(低出力仕様のみ)に架装されていた。SD-IIは当初、三菱ふそう・エアロクィーンシャシー専用として発売されたが、92MCにモデルチェンジした後は日産ディーゼル・スペースウィングシャシーにも架装されるようになり、2005年夏からはエアロクィーンの生産が中止されスペースウィングのみが生産された。

SD-Iは2000年代からは西鉄グループ以外への導入がほとんどなくなり、主にSD-IIが導入されるようになった。SD-IIIは1985年に西鉄・サンデン交通稲荷交通が数台を購入したのみでそれ以降は生産されていない。

発売当初は3列シートの夜行高速バス・昼行長距離高速バスとして使われる例が多かったが、日デの車体架装を西工に統一した2003年以降は4列シートの観光バスも多く製造された。

大型車のみ設定。


B型・E型以外の中型バス[編集]

1981年に川重のライセンス生産でいすゞ・ジャーニーKを生産開始し、西鉄が採用している。1983年のモデルチェンジまで生産された。

1988年からはB型とは異なるデザインの中型車として日産ディーゼルシャシーの「スペースランナー」が、さらに1994年からはスペースランナーの10.5m級タイプが生産された。2004年のモデルチェンジでいずれもB型ボディに統一されスペースランナー独自デザインのボディは消滅している。B型ボディに統一された後もスペースランナーの名称は日産ディーゼルの一般路線系車種に受け継がれている。

マイクロバス[編集]

1966年に西工初のマイクロバスとしてマツダの「ライトバス」用ボディの生産を開始し、1972年からは後継車種「パークウェイ」用ボディを生産開始した。パークウェイは1982年にモデルチェンジし、1997年まで生産されている。主に自動車教習所・事業所などの送迎用として自家用で購入した例が多いが、西鉄グループでは過疎地の路線バス用として多数が導入された。

1997年にはパークウェイに代わり、いすゞの・エルフボトルトラック(5代目、KC-NPR71LZ)シャシーにパークウェイに準じたボディを架装した「プレビス」を開発し、1998年から2001年までジャーニーEとしていすゞ自動車から販売された。西鉄グループや阪急バス・岩手県交通などで採用された。

ミニミニバス・エルフUT[編集]

1997年、三菱自動車のパジェロ商用車をベースとしてノンステップのボディを架装した11人乗りバス「ミニミニバス」を開発し、西鉄グループの京築交通(現・西鉄観光バス)に試作車1台を納入したが、量産化は見送られた。現在は運用路線の廃止により除籍されている。

これに代わりいすゞのエルフUTバンをベースとしてバスに改造した車両を開発し、西鉄バス佐賀湖国バスなどに納入したが、エルフUT自体が2001年に生産中止となった。

2003年4月以降に日産ディーゼル以外にボディ架装を行った例[編集]

2003年4月以降、日産ディーゼル以外のシャーシに架装される場合台数が少なく それゆえ、日産ディーゼル以外は生産台数が絶対的に少ないため、必然的に製造コストが高くなる。また、日野・いすゞ・三菱ふそう観光系シャーシへの架装は2005年秋以降全面的に中止となっている。

なお、2007年から日産ディーゼルと三菱ふそうのOEM供給により、これ以後は三菱ふそうへも西日本車体工業製が大きく普及することになる(本項の記載の対象外である)。日産ディーゼル以外への車体架装のユーザーは西日本に集中している。

  • 京都市交通局(京都市バス)
    • いすゞ ノンステップtype-A KL-LV280N1改(B-I型)
    • いすゞ ノンステップ PJ-LV234L1,PJ-LV234N1(B-I型)
    • いすゞ ワンステップ PDG-LV234L2(B-I型)
    • 日野 ノンステップ PJ-KV234L1,PJ-KV234N1(B-I型)
    • 日野 ワンステップ PJ-KV234L1(B-I型)
  • 高槻市交通部(高槻市営バス)
    • いすゞ ワンステップ KL-LV280N1 (B-II型)
    • いすゞ ノンステップtype-A KL-LV280L1(B-II型)
    • いすゞ ノンステップ PJ-LV234L1(B-II型)
    • いすゞ ワンステップ PJ-LV234N1(B-II型)
    • 日野 ノンステップ PKG-KV234L2(B-II型)
    • いすゞ ワンステップ PKG-LV234N2(B-II型)
  • 阪急バス
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(SD-II型)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(C-I型)
    • 三菱ふそう ノンステップ KL-MP37JK,KL-MP37JM(B-II型)
    • 三菱ふそう ワンステップ KL-MP35JM,KL-MP35JP(B-II型)
    • いすゞ ノンステップtype-A KL-LV280L1改,KL-LV280N1改(B-II型)
    • いすゞ ワンステップ KL-LV280N1(B-II型)
    • いすゞ ツーステップ KL-LV280Q1(E型・スクールバス仕様車)
    • いすゞ ノンステップ PJ-LV234L1,PJ-LV234N1(B-II型)
    • いすゞ ワンステップ PJ-LV234L1,PJ-LV234N1(B-II型)
    • いすゞ ツーステップ PJ-LV234Q1(E型・スクールバス仕様車)
    • いすゞ ノンステップ PDG-LV234N2(B-II型)
    • いすゞ ワンステップ PDG-LV234N2(B-II型)
    • いすゞ ツーステップ PDG-LV234Q2(E型・スクールバス仕様車)
    • 日野 ワンステップ PJ-KV234L1,PJ-KV234N1(B-II型)
    • 日野 ワンステップ PDG-KV234N2(B-II型)
    • 日野 ノンステップ PDG-KV234L2(B-II型)
  • 阪急観光バス
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(SD-II型)
  • 大阪空港交通
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(C-I型)
  • 阪神電気鉄道(阪神電鉄バス(現・阪神バス)) - 日産ディーゼルの導入実績はない
    • 三菱ふそう ワンステップ KL-MP35JK(B-II型)
    • いすゞ ワンステップ KL-LV280L1(B-II型)
    • いすゞ ワンステップ PJ-LV234L1(B-II型)
  • 金剛バス
    • 三菱ふそう ワンステップ KL-MP35JK(B-I型)
  • 神姫バス - 日産ディーゼルの導入実績はない(新車において。姫路市交通局からの転属車が数台存在するのみ)
    • 日野 ワンステップ PJ-KV234N1(B-II型)
  • 岡山電気軌道(岡電バス) - 日産ディーゼルの導入実績はない
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(C-I型)
  • 両備ホールディングス(両備バス) - 日産ディーゼルの導入実績はない
    • 三菱ふそう ワンステップ KL-MP35JM改(E型・特急仕様車・S尺へ延長改造)
  • 広島交通
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(C-I型)
  • 西日本鉄道(西鉄バス)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(SD-II型)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(SD-I型)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(S型)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(C-I型)
    • 三菱ふそう ツーステップ KL-MP35JP改(B-I型・高速仕様車・S尺へ延長改造)
    • 日野 KL-RU4FSEA(S型)
    • いすゞ ワンステップ PJ-LV234N1(B-II型)
    • いすゞ ワンステップ PA-LR234J1(B-I型)
    • いすゞ ワンステップ PDG-LR234J2(B-I型)
  • 九州観光バス
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(SD-I型)
  • 西鉄バス北九州
    • 三菱ふそう ツーステップ KL-MP35JP改(B-I型・高速仕様車・S尺へ延長改造)
  • 西鉄観光バス
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(SD-I型)
  • 西鉄北九州観光
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(SD-I型)
  • 九州急行バス
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(C-I型)
  • 昭和自動車
    • 日野 KK-RJ1JJHK(B型)
  • 熊本電気鉄道
    • 日野 ノンステップ PKG-KV234N2(B-I型)
  • 九州産交バス
    • 日野 ノンステップ PKG-KV234N2(B-I型)(一般路線仕様・空港リムジン仕様)
  • 大分バス
    • 日野 KL-RU4FSEA(C-I型)
    • 日野 KK-RJ1JJHK(B型)
    • 日野 ワンステップ PJ-KV234N1(B-I型)
    • 日野 ノンステップ PKG-KV234N2(B-I型)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(S型)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(C-I型)(貸切仕様)
  • 大分交通
    • いすゞ KL-LV781R2(C-I型)(貸切仕様)
    • いすゞ ワンステップ PA-LR234J1(B-I型)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(S型)
    • 三菱ふそう ツーステップ KL-MP35JP改(E-II型・高速仕様車・S尺へ延長改造)
    • 日野 KK-RJ1JJHK(B型)
  • 亀の井バス
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(S型)
    • 三菱ふそう KL-MS86MP(SD-I型)(貸切仕様)
    • いすゞ ワンステップ PDG-LR234J2(B-I型)
  • 宮崎交通
    • いすゞ ワンステップ PA-LR234J1(B-I型)

参考[編集]

  • 2006年の灯火機器規制によってマイナーチェンジされたグループをそれ以前のものと区別するために「06MC」と呼ぶ場合もある。

注釈[編集]

  1. ^ これを受けて、それまで日産ディーゼルのバス車体の架装の多くを手がけていた富士重工業が同年5月にバス車体架装事業の中止を決定している。
  2. ^ 実際、西工での生産台数が増加し生産能力が逼迫する一方で、MFBMは生産台数が減少し余裕ができたこともあり、2009年にはエアロスターノンステップバスを生産再開するに至る。
  3. ^ これによれば、生産までは統合したが販売は別々に行なっている日野・いすゞ連合とは異なり、企画・研究開発から生産・販売までの事業を分離し統合を目指すとしていた。
  4. ^ “経済ニュース > 西鉄子会社 派遣213人雇い止めへ バス製造事業 来夏大幅縮小 業界再編で苦境に / 九州経済”. 西日本新聞. (2009年9月8日). http://qkeizai.nishinippon.co.jp/news/item/42976/catid/1 2009年12月22日閲覧。 
  5. ^ 子会社の解散に関するお知らせ (PDF)”. 西日本鉄道 (2010年1月21日). 2010年1月21日閲覧。
  6. ^ 「子会社の解散に関するお知らせ」の一部変更に関するお知らせ (PDF)”. 西日本鉄道 (2010年6月14日). 2010年6月14日閲覧。
  7. ^ 西日本車体製バスボディのアフターサービス体制についてUDトラックスプレスリリース 2010年8月25日
  8. ^ ぽると出版 バスラマスペシャル9 続・西鉄バスの本 p63
  9. ^ 日デ車の導入そのものが四国では少数であった。
  10. ^ 車体長さは中型バス並みの9m級、車幅は大型バス並みの2.5m級の車両。
  11. ^ レントゲン車や中継車などの特殊車体を手がける会社である。