いすゞ・エルフUT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルフUTはかつていすゞ自動車が製造販売していたセミウォークスルーバンタイプの自動車である。

スタイリッシュな外観と荷室容積の大きさから、商用車としての用途のみならず、2000年にはいすゞ関連会社によってキャンピングカーに改造された車両も発売された。また、ベース車のエルフ同様に日産自動車へもOEM供給され、アトラスMAXとして販売された。

概要[編集]

エルフUT
エルフUT(路線バス仕様)

1996年11月にデビュー。開発呼称「155」。名前が示すように、エルフのラインナップの車種である。商品としてやや中途半端であった、ハイパックの反省が各部に生かされている。エルフルートバンに次ぐエルフのバンタイプのラインナップであるが、その外観はエルフとは大きく異なり、欧州車のようにボンネット付きであることが大きな特徴である。ヘッドランプユニットを流用したこともあり、顔つきは2代目ビッグホーンの初期型に似る。ちなみに、当時販売されていた5代目エルフのうち、販売台数の見込めなかったルートバンのみは4代目のキャブをほぼそのまま流用している。何故か四輪駆動車は設定されなかった。

1999年8月、部分改良で平成10年自動車排出ガス規制車両総重量3.5t超クラスの中期ブレーキ安全規制への適合を図る。1.5t積の4JG2型、2t積の4HF1型共に、NOxPM黒煙排出低減がなされた。また、燃料タンク表面を凹凸のある形状として衝突時などの燃料タンクの落下防止を図り、残量にあわせてタンク内圧を調整するロールオーバーバルブの追加で横転時の燃料漏れの防ぐなど、安全性が強化された。室内では、メーターを大型化して視認性を向上させ、オドメータートリップメーターを機械式から液晶表示へ変更した。

西日本車体工業により、路線バス仕様に改装された車両があり、山東町(現米原市)のコミュニティバスとして運行している。

2001年10月に生産中止。デリバリーバンに特化したビギンに取って代わられ、UTは一代限りの車種となった。

関連項目[編集]