ラストオーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラストオーダー(英:last order、米:last call)とは、飲食店などで、営業時間内に行う最後の注文のこと。一般企業でも、注文生産品の製造を打ち切る前に受け付ける最後の注文をさすことがある。

概要[編集]

飲食店において客が来て料理などを注文した場合、少なくとも、調理する時間+客が飲食する時間はその客は店内にとどまり続けることになる。営業時間が決まっている店の場合、閉店時間ギリギリに客が来られると前述の時間分閉店時間が延びてしまうことになる。そのため、従業員が時間外労働をすることになったり、終電までに店を出られなかったりする可能性がある。またビルなど別の施設の中にある店の場合、ビルの正門が施錠されてしまったりする場合も考えられる。

よって、ほとんどの飲食店では閉店時間よりも前に「ラストオーダー時間」を設け、その時刻をもって新規の客の来店および注文の受付を停止している。このことを「オーダーストップ」とも呼ぶ。 ラストオーダー時間がある店舗の場合、閉店時間には飲食が終わっている客はすべて退店することが前提となっている。

ラストオーダーの主なパターン[編集]

個人経営の寿司屋など
閉店時間が近づくと店の入口ののれんを取り外し、新規客の受け入れを停止した旨を知らせる。そのとき店内にいる客の注文は時間制限無く受け付けることが多い。
レストランなど
閉店時間の30分前をラストオーダーとする場合がほとんどである。新規客の受け入れを停止し、そのとき店内にいる客にはラストオーダー時間である旨を伝えて追加注文の有無を確認し、それ以後の注文は受け付けない。
ファーストフード店など
調理の時間が掛からないため、店内で飲食する場合は閉店15分前ぐらいがラストオーダー時間になる場合が多い。テイクアウトの場合は閉店時間まで注文を受けつける。