琴平参宮電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
琴平参宮電鉄株式会社
Kotosan Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 琴参バス、コトサンバス
本社所在地 日本の旗 日本
763-0052
香川県丸亀市蓬莱町56番地3
設立 1911年9月8日
(讃岐電気軌道株式会社として設立)
業種 陸運業
事業内容 路線バス事業・貸切バス事業など
代表者 代表清算人 浅羽喜二郎
資本金 2億円(2009年3月31日現在)
売上高 20億4,124万2,000円(連結 2006年3月期実績)
14億6,905万8,000円(単体 2006年3月期実績)
総資産 96億3,976万4,000円(連結 2006年3月期実績)
88億5,948万4,000円(単体 2006年3月期実績)
従業員数 136人(2006年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 浅羽喜二郎・小野俊一郎 各12.51%
佐藤国夫 7.28%
秋山昌之 6.91%
高松琴平電気鉄道 4.93%
百十四銀行 4.38% など
(2006年3月31日現在)
主要子会社 琴参タクシー
琴参自動車整備
(いずれも連結子会社
四国高速バス
琴参観光
(いずれも持分法適用会社) など
外部リンク www.kotosan.co.jp/
特記事項:1922年10月に琴平参宮電鉄株式会社へ商号変更。
2006年1月31日までは近畿日本鉄道持分法適用会社だった。2009年9月18日解散、2013年8月10日特別清算終結。
テンプレートを表示

琴平参宮電鉄株式会社(ことひらさんぐうでんてつ、通称琴参バス(ことさんばす)、英訳名Kotosan Corporation)は、香川県西部で路線バスを運行していた事業者。かつては近鉄グループに属し、近畿日本鉄道が発行済株式の33.3%を保有する筆頭株主で同社の持分法適用会社であったが、2006年1月31日に近畿日本鉄道が保有株をすべて手放し、近鉄グループから外れた。

かつては鉄軌道事業を営んでいたが、1963年に廃止した。以来バスのみの営業となったが、2009年に経営悪化のため整理回収機構の主導の下で新旧分離方式による事業継続を図るため、バス事業を琴参バスに移管し(詳細な経緯はバス事業の分離にて解説)、会社解散した。

歴史[編集]

香川県では電車の開業は東部の高松において1911年に開通したのに対し、西部の丸亀では計画から電車の開通まで20年を要した。 讃岐電気軌道が最初に軌道敷設の出願をしたのが1904年7月6日、1906年11月になると馬越恭平他60名が発起人となり軌道敷設(経由地丸亀、坂出、高松、志度)の出願をしたのでこれと合同することとなったが出願は却下されてしまった。

次に1909年2月1日丸亀-善通寺間に変更して出願。ようやく1910年5月20日特許が下付された。1911年9月に軌道の敷設権が堺市の才賀電機商会支配人野田儀一郎[1]に移譲されまた会主の才賀藤吉も取締役に就任している。そして大阪市東区今橋に本社を構えることとなり、用地買収、軌条などの搬入がはじめられた。ところが1912年才賀電機商会は破綻し、1915年に三重県の竹内文平、1917年高知県の江渕喜三、1920年広島県の桑田公太郎と次々に敷設権が移譲されていき開業の目処はたたなくなった。

その後この休眠会社の権利を1921年12月に才賀電機商会破綻後独立し、日本工業所[2]という電気事業請負の会社を設立していた野田儀一郎[3]が買収し、1922年6月に会社と請負契約を締結した。そして丸亀市通町に事務所を開き[4]、また琴平への延長の特許が下付されたので琴平参宮電鉄と改称した。

昭和恐慌、琴平急行電鉄の開通により乗客数は伸び悩んだ。1930年以降経営不振により1927年発行の社債2,300,000円(償還満期1932年12月)について1931年6月の利子払いが不能となる。1932年11月に社債権者集会を開き1933年12月(のちに1935年12月)まで償還猶予すること。以降適宜償還することとなった[5][6]

  • 1911年(明治44年)9月8日 讃岐電気軌道株式会社設立[7]
  • 1922年(大正11年)10月21日琴平参宮電鉄株式会社に社名変更[8]社長野田儀一郎[9]
  • 1922年(大正11年)10月22日 丸亀通町 - 善通寺(後の善通寺赤門前)間(軌道線)開通[10]
  • 1923年(大正12年)8月4日 善通寺 - 琴平(後の琴参琴平)間(軌道線)開通[11]
  • 1924年(大正13年)10月9日 多度津西口 - 善通寺門前間(鉄道線)開通[12]
  • 1928年(昭和3年)1月22日 丸亀通町 - 富士見町間(鉄道線)開通[13]
  • 1928年(昭和3年)3月20日 富士見町 - 坂出駅前間(鉄道線)開通[14]
  • 1948年(昭和23年)7月1日 琴平急行電鉄を吸収合併。
  • 1950年(昭和25年)2月 丸亀 - 坂出 - 高松間に路線バス運行開始(初の長距離バス路線、路線バス自体は既に戦前から運行)。
  • 1954年(昭和29年)9月30日 営業休止中だった旧琴平急行電鉄線を正式に廃止。
  • 1963年(昭和38年)9月15日 軌道線・鉄道線全線を廃止、バス専業に。
  • 1964年(昭和39年) 近畿日本鉄道が資本参加。丸亀市中府町に営業所設置。
  • 1964年(昭和39年)伊予鉄道瀬戸内運輸と共同出資(後に高松琴平電気鉄道も出資)で、四国急行バスを設立。
  • 1988年(昭和63年)4月10日 瀬戸大橋開通で、瀬戸大橋線 坂出営業所 - 坂出駅前 - 与島 - 櫃石 - JR児島駅前間を運行開始(岡山県内への初の路線)。
  • 1988年(昭和63年)12月21日 コトデンバス(現在のことでんバス)・琴平参宮電鉄・大川自動車の共同出資により四国高速バス設立。
  • 1989年(平成元年)12月16日 高松空港連絡特急バス(観音寺・琴平 - 高松空港間、丸亀・坂出 - 高松空港間)運行開始。
    • 利用客が少なく数年で運行廃止になった。ただし、丸亀駅・坂出駅 - 高松空港間は琴参バス株式会社発足後の2013年12月10日に復活した。
  • 1997年(平成9年)10月1日 丸亀市コミュニティバス「ぐるっと」を運行開始(丸亀市からの受託運行)。
  • 2003年(平成15年)5月1日 四国高速バスから丸亀・高松 - 横浜間の高速バス「トリトン号」(相模鉄道と共同運行)の運行を移管(初の夜行高速バス路線)。
  • 2004年(平成16年)4月11日 高松空港連絡特急バス(琴平 - ニューレオマワールド - 高松空港間)運行開始。
  • 2005年(平成17年)4月9日 坂出駅前 - 東山美術館線の運行開始。
  • 2005年(平成17年)5月15日 瀬戸大橋線 櫃石 - JR児島駅前間が廃止(岡山県内への路線が廃止)。
  • 2005年(平成17年)10月1日 丸亀市綾歌地区コミュニティバス「おでかけバス」と丸亀市飯山地区コミュニティバス「飯山コミュニティバス」2路線の運行を丸亀市から受託[15]
  • 2006年(平成18年)1月31日 筆頭株主だった近畿日本鉄道が保有していた琴平参宮電鉄の株式をすべて手放し、近鉄グループから外れる。
  • 2006年(平成18年)4月1日 坂出駅前 - 東山美術館線を廃止。
  • 2006年(平成18年)4月1日 丸亀市の3つのコミュニティバス(「ぐるっとバス」・「おでかけバス」・「飯山コミュニティバス」)の運営を一本化して、丸亀コミュニティバスとして再編。
  • 2006年(平成18年)5月1日 高松空港連絡特急バスの運行を琴空バスに移管。
  • 2008年(平成20年)2月 琴参興業、自己破産。
  • 2008年(平成20年)12月1日 さぬきエクスプレス横浜号廃止。四国高速バスの予約・発券業務受託も中止し、高速バス事業から撤退。
  • 2008年(平成20年)12月8日 バス事業を継承する子会社の琴参バス株式会社を設立。資本金100万円。
  • 2009年(平成21年)1月 本社を丸亀営業所内に移転。
  • 2009年(平成21年)3月31日 琴参バス、四国高速バスと琴参観光の株式を大川自動車に譲渡。ニッポンレンタカー四国の株式を売却し、3社が持分法適用会社からはずれる。
  • 2009年(平成21年)4月1日 琴参バスにバス事業を譲渡(登記簿上は前日付で会社分割)。
  • 2009年(平成21年)5月20日 琴参自動車整備、破産。
  • 2009年(平成21年)7月1日 琴参タクシー、西讃観光の子会社として新たに設立された琴参タクシー株式会社にタクシー事業を譲渡[16]
  • 2009年(平成21年)7月31日 琴参タクシー、破産。
  • 2009年(平成21年)9月18日 臨時株主総会で会社解散を決議。
  • 2009年(平成21年)9月30日 高松地方裁判所丸亀支部より特別清算開始決定を受ける。負債は約49億円[17]
  • 2013年(平成25年)8月10日 特別清算終結決定。これにより102年の歴史に幕を閉じた。

鉄軌道事業[編集]

琴平参宮電鉄
路線総延長 26.6 km
軌間 1067 mm
電圧 600V 架空電車線方式直流

*は当社線廃止後の開業

STR
    予讃本線
BHF exKBHFl exSTRlg
    琴急琴急線
STR uexKBHFa exLUECKE
0.0 坂出駅
STR uexSTR
坂出線
ÜWc2 xABZg3 uexBHF
0.4 富士見町
ÜWo+l
uexBHF
2.4 宇多津新町
1988- 本四備讃線*    
STRq ABZgr+r exBHF uexBHF
3.0 宇多津駅
1987- 宇多津*    
HST exSTR uexSTR
    宇多津 -1987
STR exSTR uexBHF
4.5 宇夫階
ÜWol
uexBHF
5.9 渡場
ÜWc1 xABZg+4 uexSTR
坂出線
丸亀    
BHF uexBHF
6.5/0.0 丸亀通町
STR ueÜWol uexÜWc3
丸亀線
STR uexÜWc1 ueÜWo+r
讃岐塩屋    
HST uexBHF
0.5 亀山公園前
ÜWc2 ÜWor uexBHF
0.8 グランド前
浜多度津    
exKBSTl
ÜWc4 uexBHF
1.5 中府本社前
多度津桟橋通 0.0
uexKBHFa STR uexBHF
2.0 番神
多度津線
uexSTR STR uexSTR
多度津    
uexSTR HST uexBHF
2.5 田村
多度津鶴橋 0.6
uexBHF ABZlf STRlg uexBHF
3.0
予讃本線    
uxmKRZ STRrf
uexSTR
    土讃本線
青木 1.8
uexBHF ÜWol ÜWc3 uexBHF
3.7 原田
三井 2.6
uexBHF ÜWc1 ÜWo+r uexSTR
筆岡 3.7
uexBHF BHF uexBHF
5.2 金蔵寺
中村 4.4
uexBHF STR uexBHF
5.7 樫籔変電所前
多度津線
uexSTR STR uexBHF
7.3 善通寺車庫前
善通寺赤門前 6.0/0.0
uexKRZBHFr uexBHFq uexBHFq emKRZ uexSTRrf
8.2 善通寺赤門前
琴平線
uexSTR BHF
丸亀線
善通寺南口 0.7
uexBHF ÜWc2 ÜWor
uexSTRlf uexSTRlg ÜWo+l ÜWc4
生野 1.8
uexBHF STR
風折 2.6
uexBHF STR
大麻 3.3
uexBHF ÜWol ÜWc3
大麻神社前 4.7
uexBHF ÜWc1 ÜWo+r exLUECKE
uexÜWc2
exSTRq eKRZo exSTRrf
    琴急琴急線
琴平線
ueÜWo+l
STRrg KRZo STRq
    琴電琴平線
琴参琴平 5.9
uexKBHFe exKBHFe KBHFe BHF
 ←琴平
琴急琴平→→ 
STR
 ←←琴電琴平
STR
    土讃本線

社名が示すように、かつては坂出市丸亀市多度津町と善通寺・琴平を結ぶ鉄軌道路線を運行していた。全線が国鉄予讃本線・土讃本線に並行していたが、当時の国鉄路線は長距離輸送中心で運行頻度も少なかったため、ある程度の棲み分けができていた。しかし、戦後になってモータリゼーションが進展したことや、本州から香川県へのルートにおいて高松港に発着する宇高連絡船に対して丸亀港多度津港の地位が低下したことから乗客が減少し、1963年に廃止された。

鉄道線である多度津線・坂出線と、軌道線である丸亀線・琴平線があったが、車両や運行系統は全路線共通で、路面電車型の車両を使用していた。

琴平側の終着駅である琴参琴平駅は、阿波池田方面への延長のため移転した土讃線琴平駅の旧駅跡を使って建てられた。

かつて坂出線には坂出町から下笠居を経て高松五番町へ至る延伸計画が存在したが、1958年に坂出町 - 下笠居間の軌道敷設特許および下笠居 - 高松五番町間の地方鉄道敷設免許が取消となった[18]

なお先述のように、戦時中に休止された琴平急行電鉄を吸収合併し、同社の路線を保有していたが、同線については引き継いだ後に営業再開されることなく廃止されたため、ここでは述べない。琴平急行電鉄の路線については琴平急行電鉄線の項目を参照のこと。

なお一部の車両(モハ180型)は廃止後、仙台市交通局に譲渡されて、仙台市電180型として1974年まで使われた。

路線データ[編集]

以下は廃止直前のデータ。

  • 路線距離(営業キロ
    • 鉄道線
      • 多度津線:6.0km
      • 坂出線:6.7km
    • 軌道線
      • 丸亀線:7.1km
      • 琴平線:6.8km
  • 軌間:全線1067mm
  • 複線区間:琴平線全線
  • 電化区間:全線電化(直流600V)

駅一覧[編集]

以下は廃止直前のデータ。太字は自社路線同士の接続駅。

多度津線
多度津桟橋通駅 - 鶴橋駅 - 青木駅 - 三井駅 - 筆岡駅 - 中村駅 - 善通寺赤門前駅
坂出線
坂出駅前駅 - 富士見町駅 - 宇多津新町駅 - 宇多津駅前駅 - 宇夫階駅 - 渡場駅 - 丸亀通町駅
丸亀線
丸亀通町駅 - グランド前駅 - 中府本社前駅 - 番神駅 - 田村駅 - 南駅 - 金蔵寺駅 - 樫籔変電所前駅 - 善通寺車庫前駅 - 善通寺赤門前駅
琴平線
善通寺赤門前駅 - 善通寺南口駅 - 生野駅 - 風折駅 - 大麻駅 - 大麻神社前駅 - 琴参琴平駅

琴参琴平駅があった場所に温泉旅館のことひら温泉琴参閣がある。

接続路線[編集]

呼称は廃止当時のもの。

輸送・収支実績[編集]

軌道線
年度 輸送人員(人) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円)
1922 120,071 19,552 38,542 ▲ 18,990
1923 505,823 105,509 78,660 26,849 16,773
1924 1,063,826 173,647 110,775 62,872 4,676 2,880
1925 1,367,473 211,927 91,436 120,491 66,127 51,143 33,395
1926 2,212,610 246,448 104,978 141,470 40,385 58,209
1927 2,508,051 249,398 97,123 152,275 22,902
1928 2,311,525 216,751 93,058 123,693 地方鉄道及雑損92,942
1929 2,024,369 188,174 118,131 70,043 地方鉄道125,106
1930 1,993,635 181,867 96,624 85,243 地方鉄道及雑損268,250
1931 1,715,952 149,919 104,001 45,918 地方鉄道142,418
1932 1,711,580 152,227 101,649 50,578 地方鉄道及償却金916,934 42,338
1933 1,672,324 155,696 103,845 51,851 改良工事費32,856雑損57,000
地方鉄道自動車337
44,712
1934 1,748,949 150,760 109,209 41,551 整理利息その他3,495
地方鉄道6,359
29,043
1935 1,848,233 172,536 108,110 64,426 地方鉄道22,208 整理利息雑損19,706 31,349
1936 1,920,359 168,817 99,065 69,752 社債買入差益金82,385
地方鉄道20,211
雑損8,226償却金93,008 30,284
1937 2,045,908 186,285 112,801 73,484 社債差益金27,470
地方鉄道自動車23,217
償却金54,718雑損1,455
特別工事費24,568
44,320
鉄道線
年度 輸送人員(人) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円)
1924 37,541 4,676 2,881 1,795 軌道業24,692
1925 472,421 66,126 40,583 25,543 軌道業87,096 10,559
1926 749,028 95,148 37,569 57,579 軌道業83,961 17,193
1927 811,155 87,028 33,995 53,033 軌道152,275 75,935
1928 1,568,633 125,963 67,128 58,835 軌道業117,276 雑損2,822 142,538
1929 1,845,722 137,193 83,904 53,289 軌道業70,042 178,394
1930 1,868,534 134,358 61,739 72,619 軌道業85,246 雑損158,094 182,778
1931 1,634,430 114,191 73,386 40,805 軌道業45,918 183,222
1932 1,844,721 103,838 68,212 35,626 雑損及償却金862,839
軌道自動車業5,601
75,880
1933 1,582,486 109,238 70,068 39,170 自動車その他91,780 30,444
1934 1,601,906 108,696 72,483 36,213 減資差益金1,264,200 償却金11,730
軌道業その他2,866
18,963
1935 1,637,436 117,881 73,569 44,312 軌道業32,311 雑損19,706 21,337
1936 1,689,745 112,798 65,743 47,055 社債買入差益金82,385 軌道業60,198償却金8,226 20,186
1937 1,751,313 122,362 67,191 55,171 社債借入差益金9,550
軌道業その他35,999
特別工事その他26,023
財産償却金49,276
26,311
  • 鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料、鉄道統計各年度版

バス事業[編集]

バス事業の分離[編集]

2008年12月11日の報道で、経営悪化のためさぬき市に本社を置く同業の大川自動車に事業譲渡することが明らかになった[19]。バス事業は利用者の減少で赤字が続いており、それを不動産賃貸で補ってきたが、不動産事業での借入金が重荷になっていた上、同年に保有物件に入居していた大型スーパーのフジグラン丸亀中府が撤退したことなどもあり[20]、以後の見通しが立たなくなったことからこの措置となった。バス事業を新会社「琴参バス株式会社」に移管し、同社の全株式を2009年3月31日に大川自動車に譲渡する形が採られた。路線は維持され、従業員も一部を除き引き継がれた。琴平参宮電鉄と琴参バスとの間に資本関係はなくなったものの、琴平参宮電鉄の解散まで両社の役員を兼任していた人物が1名いたため人的関連は残っていた。大川自動車が琴参バスを引き取ったのは、琴参の路線が県外資本に渡ることを阻止するためであった。事業譲渡後については「琴参バス」を参照のこと。

高速バス[編集]

現在、高速バス運行はしていない。

「さぬきエクスプレス横浜号」

廃止路線[編集]

さぬきエクスプレス横浜号

委託発売[編集]

四国高速バスが運行する路線の高速バス乗車券の予約・発券を委託されていたが、2008年11月30日をもって中止した。

路線バス[編集]

瀬戸大橋線 瀬戸大橋フィッシャーマンズワーフにて 後ろに児島から来た下津井電鉄バスが並んでいる

事業継承時点での路線については琴参バス#路線の項目を参照のこと。

備考[編集]

高松線はすでに廃止されているが、丸亀競艇場への送迎バス(現在は坂出駅以東は運行されていない)の停留所としてポールは現在も残っている。また、香川県道33号高松善通寺線(旧11号線)の片側2車線区間の下り線に残る琴参型の電照式ポールは共同使用していたことでんバスが現在も使用している。高松側のターミナルであった「高松駅前」バス停(日本生命高松駅前ビルの前にある)は、現在は高松駅前バスターミナルに入る同ターミナル始発の高速バスの待機所となっている。

かつては国分寺町(現・高松市)、多度津町、仲南町(現・まんのう町)、詫間町・高瀬町・仁尾町・財田町・山本町(いずれも現・三豊市)、大野原町・豊浜町(いずれも現・観音寺市)、観音寺市にも路線(詫間線 詫間駅前-須田-大浜-生里・飛谷/麻線 琴平営業所-高瀬駅前-国立西香川病院/鳥坂線 丸亀通町-高瀬駅前通り-観音寺営業所/山本線 琴平営業所-山本町-観音寺営業所/粟井線 観音寺営業所-上出-丸井/五郷線 観音寺営業所-残水-五郷渓/豊浜線 観音寺営業所-三豊総合病院前-関谷東/観音寺港線 観音寺港-中洲町-観音寺駅前)があったが、現在はなくなっている。

車体後部の社名表記は琴参バスへの移管以前から「琴參バス」(「参」が旧字体)であった。

関連会社[編集]

  • 蓬莱商事

かつての関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人事興信録. 3版(明44.4刊)』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  2. ^ 『銀行会社要録 : 附・役員録. 34版 昭和五年刊行』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 帝国鉄道年鑑によると大牟田電気軌道男山索道の社長を兼務。他の一部の役員も同様に兼務している。
  4. ^ 『丸亀市史』では1918年。『新宇多津町誌』は1922年11月20日
  5. ^ 『社債の実際知識』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  6. ^ 『株式社債年鑑. 昭和11年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  7. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第20回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  8. ^ 『鉄道省鉄道統計資料 大正11年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  9. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第31回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  10. ^ 『鉄道省鉄道統計資料 大正11年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  11. ^ 『鉄道省鉄道統計資料 大正12年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  12. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1924年10月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年1月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年3月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ ヱスビー観光が旧綾歌町から受託して2001年10月から運行していた丸亀市綾歌地区(旧綾歌町域)コミュニティバス「おでかけバス」と、丸亀市から受託して2005年3月から運行していた丸亀市飯山地区(旧飯山町域)コミュニティバス「飯山コミュニティバス」の運行をヱスビー観光が会社解散のため、前日で受託契約終了。丸亀の循環バス運行会社、契約解除へ - 四国新聞、2005年9月16日
  16. ^ 琴平参宮電鉄株式会社 有価証券報告書 ‐ 第162期(平成20年4月1日 ‐ 平成21年3月31日)
  17. ^ 大型倒産速報/琴平参宮電鉄株式会社[リンク切れ] 帝国データバンク2009年10月13日
  18. ^ 森口誠之『鉄道未成線を歩く〈私鉄編〉』JTB、2001年、p.176
  19. ^ 琴参バス、大川バスに事業譲渡/路線は現状維持 - 四国新聞、2008年12月11日
  20. ^ のち土地建物はハローズ丸亀中府モールとなった。

参考文献[編集]

  • 小川功「京阪グループの系譜」『鉄道ピクトリアル』No.695 2000年12月号、112-113頁
  • 『新宇多津町誌』1982年、341頁
  • 『新編丸亀市史3 近代現代編』1996年、426、582 - 584頁
  • 『善通寺市史 3』1994年、810 - 814頁

外部リンク[編集]