東京近鉄観光バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東京近鉄観光バス株式会社とは、かつて存在した近鉄グループ近畿日本鉄道100%子会社)の貸切観光バス会社である。本社は東京都文京区水道橋にあって、東京都内(営業所は北区滝野川足立区宮城)、埼玉県(営業所はさいたま市)内を営業エリアとしていた。

1954年日ノ丸自動車グループの大東京観光自動車[1]として設立され、のちに近鉄グループ近畿日本鉄道100%子会社)となり、1964年にオリンピック観光バスを合併、近鉄大東京観光バスに社名を改め、1970年に東京近鉄観光バスに社名を改めた。 社紋は、東京都の都章(亀の子印)の真ん中に親会社・近畿日本鉄道の社紋が入っていた。私鉄総連加盟。

しかし、近鉄本社のリストラの一環として、2001年10月人材派遣・業務請負業大手のクリスタルに売却し、株式会社クリスタル観光バスとなった。車両の塗装は、東京近鉄時代のものを継承していた(クリスタルのロゴを入れるなどの小変更のみ)。以後クリスタルは大手私鉄系観光バス会社を次々と買収し規模を拡大したが、クリスタルはグッドウィルグループに移り、グッドウィルは本業の人材派遣業に特化させる観点上、それ以外の事業の切り離しのため2007年7月には親会社が大阪バスに移り、社名も東京バスに変わっている。

車両は、親会社の影響があり日野自動車製が多いが、いすゞ自動車製も在籍。また、車椅子対応リフト付バスも在籍していた。また、近畿日本鉄道からの移籍車も少数あった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木文彦 『日本のバス 100余年のあゆみとこれから』 鉄道ジャーナル社、35頁。ISBN 978-4-415-31488-4