鉄道模型趣味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄道模型趣味
Hobby of Model Railroading
愛称・略称 TMS
ジャンル 鉄道模型誌
刊行頻度 月刊 (1950年5月 - )
不定期刊 (1947年 - 1950年)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 機芸出版社
刊行期間 1947年 -

鉄道模型趣味』 (てつどうもけいしゅみ) は日本鉄道模型雑誌

概要[編集]

山崎喜陽によって創刊された鉄道模型雑誌で、機芸出版社が発行している。各種縮尺 (スケール) ・軌間 (ゲージ) の鉄道模型を扱っている。

表題とする鉄道模型分野のみならず、現存する鉄道趣味関連の雑誌でも日本最古参の存在となっており、1951年に『鉄道ピクトリアル』が創刊されるまで日本唯一の鉄道雑誌となっていた。そのため創刊以来、模型のみならず実車の情報を扱っていた時期もある。その後も模型化の資料として、車両や構造物建築物図面と写真付きで記事化している。

内容は主にNゲージ16番(日本型HOゲージ)の自社コンテスト受賞作や読者投稿から出された模型車両やレイアウトの工作記事が主で、各社の新製品の情報、店舗広告などが掲載されている。

Tetsudo Mokei Shumiの頭文字をとって「TMS」とも呼ばれる。「TMS」は鉄道模型に取り組むために必要な、「Time Money Space」 (時間、費用、場所) の略だと皮肉られることもある。

増刊としてNゲージマガジン(夏、冬年2回刊行)や特集シリーズ'が刊行されている。

沿革[編集]

  • 1946年6月 - 孔版印刷による旧1号を発行 (一部7円50銭) 。旧3号 (1946年9月) まで発行される。
  • 1947年2月 - 活版印刷による新1号で改めてスタート(一部14円。12円での発売を予定し価格も印刷していたが、編集中のインフレ進行によって判子により訂正した)[1]
  • 1950年5月 - 戦後間もなくの用紙供給事情による不定期発行の期間を経て、1950年5月の20号以後は月刊発行となった。
  • 1974年6月15日 - レイアウトシーナリーセクション製作の参考書として、河田耕一編『シーナリィ・ガイド』を発行、その不定期に重版
  • 1975年 - TMS設計の9mmゲージ流線型C55エッチング板(製作しなのマイクロ)を販売。10月号に製作記事を掲載[2]
  • 1984年 - この年より、7月および12月の年2回 、Nゲージ専門の増刊号『Nゲージマガジン』を発行。
  • 1988年4月25日 - 『シーナリィ・ストラクチャー ガイド 1』 片野正巳 編、河田耕一 共著 発行。
  • 1995年1月7日 - 『ストラクチャー モデリング 1』 片野正巳 編 発行(ISBN 978-4905659044)。

注釈[編集]

  1. ^ 山崎喜陽「ミキスト」鉄道模型趣味 No.400 (1981年4月号) p.90 -92
  2. ^ TMS編集部「流線型C55が走り出す」『鉄道模型趣味』No.328、50頁