仙台市交通局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仙台市交通局
Transportation Bureau City of Sendai
Sendai City Transportation Bureau cropped.jpg
仙台市交通局本庁舎(2004年10月12日)
種類 地方公営企業
略称 仙台市地下鉄仙台市営バス
本社所在地 日本の旗 日本
980-0801
宮城県仙台市青葉区木町通1丁目4番15号
北緯38度16分9.38秒
東経140度51分44.84秒
設立 1926年大正15年)11月25日
業種 陸運業
事業内容 高速鉄道事業、乗合バス事業、貸切バス事業、公有財産貸付事業
代表者 交通事業管理者(交通局長) 保科 学
従業員数 1,128人
主要子会社 仙台交通
外部リンク www.kotsu.city.sendai.jp
テンプレートを表示

仙台市交通局(せんだいしこうつうきょく)は、仙台市地方公営企業の一つで、宮城県仙台市およびその周辺で公共交通機関などを運営している。路線バス事業(仙台市営バス)を行う「自動車部」、地下鉄事業(仙台市地下鉄)を行う「高速電車部」に分かれている。

仙台市ガス局・仙台市水道局同様、仙台市役所とは独立した庁舎を持っている。

沿革[編集]

詳細は各部の項を参照のこと

  • 1926年大正15年)11月25日、仙台市電気部電車課(当時)が市電を開業[1]
  • 1942年昭和17年)8月21日、仙台市街自動車を買収して市営バス営業を開始[1]
  • 1943年(昭和18年)11月20日、定義観光自動車、増東自動車(増東軌道の後身)、根白石自動車運輸、仙山自動車、港組を買収。
  • 1945年(昭和20年)8月19日、仙台市交通部に改組。
  • 1952年(昭和27年)10月1日、仙台市交通部を仙台市交通事業局に改称。
  • 1955年(昭和30年)9月16日、仙台市交通事業局を仙台市交通局に改称[1]。電車部および自動車部を新設[1]
  • 1976年(昭和51年)3月31日、この日限りで市電全線廃止[1][2]
  • 1987年(昭和62年)7月15日地下鉄南北線 八乙女 - 富沢間開業[1]
  • 1991年平成3年)4月25日、市電保存館開館[1]
  • 1992年(平成4年)7月15日、地下鉄南北線八乙女 - 泉中央間開業[1]
  • 1998年(平成10年)11月2日公式ウェブサイトを公開開始[1]
  • 2006年(平成18年)4月1日、バスロケーションシステム導入[1]。白沢出張所の運転・車両管理業務を5年間の期限付きでジェイアールバス東北仙台支店に委託[1]
  • 2007年(平成19年)、地下鉄東西線工事の開始。地下鉄事業の案内名称を「仙台市地下鉄」に一本化。
  • 2008年(平成20年)4月1日、岡田出張所の運転・車両管理業務を5年間の期限付きで宮城交通に委託[1]
  • 2009年(平成21年)4月1日、七北田出張所の運転・車両管理業務を5年間の期限付きでJRバス東北に委託[1]
  • 2010年(平成22年)4月1日、新寺出張所開設[1]。新寺出張所の運転・車両管理業務を5年間(東仙台営業所を委託する契約のうち、最初の2年間だけ部分的に委託するもの)の期限付きで宮城交通に委託[1]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生。市営バスは全線で運行を停止し、安全を確認できた路線を順次運行再開[1]。岡田出張所が地震に伴う津波で被災し、機能停止に陥る[1]。地下鉄は南北線が運行停止、東西線が全工区で工事中断した[1]
    • 3月12日、市営バスの主要幹線路線において、不定期ダイヤで運行再開[1]。岡田出張所の業務を霞の目営業所に移転して再開[1]
    • 3月14日、地下鉄南北線を富沢 - 台原間において折り返し運転で運行再開し、台原 - 泉中央間をシャトルバスで代行運行[1]
    • 3月28日、市営バスを休日ダイヤ運行に切り替え[1]
    • 4月18日、市営バスを通常ダイヤ運行に切り替え[1]
    • 4月29日、地下鉄南北線を「震災復興キッフオフデー」に合わせて全線運行再開[1]
    • 6月1日、震災の影響で2か月遅れて市営バスのダイヤを改正[1]。東仙台営業所の運転・車両管理業務を、新寺出張所の業務委託時開始時から含めた5年間の契約で宮城交通に委託[1]。これに伴い、東仙台営業所配下にある七北田出張所が実沢営業所配下へ、新寺出張所が長町営業所配下へそれぞれ配置換。
    • 6月20日、地下鉄東西線の工事を順次再開[1]
  • 2012年(平成24年)4月1日、新寺出張所の運転・車両管理業務を、震災の影響で機能していない岡田出張所の機能と合わせる形で、暫定的に改めて宮城交通に委託[1]。これに伴い、新寺出張所が長町営業所配下より霞の目営業所配下へ配置換(岡田出張所は、霞の目営業所配下)。
  • 2013年(平成25年)4月1日、霞の目分室開設。新寺出張所の運転・車両管理業務を、正式に宮城交通に委託開始。併せて霞の目営業所本所一部について、「霞の目分室」として同一地で独立させたうえで、別途宮城交通に委託。霞の目営業所本体の委託開始時点で霞の目分室との事業所振替を実施予定。
  • 2014年(平成26年)12月めど、地下鉄南北線にIC乗車カードicsca」を導入予定(2015年に、地下鉄東西線・仙台市営バス・宮城交通も導入予定)[3]
  • 2015年(平成27年)
    • 4月1日(ないしは、地下鉄東西線開通時点)、霞の目営業所の運転・車両業務を、霞の目分室との委託事業所振替の形で民間事業者に委託予定。
    • 地下鉄東西線 荒井 - 八木山動物公園間開業予定。

事業[編集]

2007年7月22日 るーぷる仙台
2006年2月11日 仙台市営バス一般路線車
自動車部
仙台市営バス
高速電車部
仙台市地下鉄
電車部
仙台市電 - 1976年廃止

組織機構[編集]

高速鉄道部・自動車部とも清掃・整備等一部業務を系列の仙台交通株式会社に委託している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 1 沿革 -仙台市交通事業のあゆみ- (PDF) (仙台市交通局)
  2. ^ 池田光雅 『鉄道総合年表1972-93』 中央書院、1993年、43頁。ISBN 4-924420-82-4。「3月31日 仙台市電4路線(中略)この日限りで廃止され市電全廃」
  3. ^ ICカード乗車券「イクスカ」の利用開始時期が決まりました(仙台市交通局、2014年1月23日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]