善通寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
善通寺駅*
駅舎(2012年(平成24年)10月13日)
駅舎
(2012年(平成24年)10月13日)
ぜんつうじ - Zentsūji
D13 金蔵寺 (2.3km)
(5.3km) 琴平 D15
所在地 香川県善通寺市文京町一丁目7-1
駅番号 D14
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 6.0km(多度津起点)
岡山から58.7km
高松から38.7km
電報略号 セン
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,433人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1889年明治22年)5月23日
備考 みどりの窓口
* 開業1ヶ月後に吉田駅から改称。
プラットホーム
讃岐鉄道吉田駅(後の善通寺駅)

善通寺駅(ぜんつうじえき)は、香川県善通寺市文京町一丁目にある、四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号D14。駅表示パネルのコメントは弘法大師ゆかりの駅。全特急列車が停車する。

駅構造[編集]

2面3線のホームを持つ地上駅。1番線が上下本線となる一線スルー(制限速度120km/h)になっている。2番線は下り副本線で行違いがある場合に使用。上下副本線である3番線は原則として特急待避時のみの使用。

直営駅(多度津駅助役善通寺在勤配置)、みどりの窓口設置駅。善通寺市の中心駅。1889年(明治22年)開業時からの木造駅舎に1922年大正11年)の陸軍大演習の際に車寄せ部分などを増築した[1]。屋根は開業当初は切妻造だったが、1991年の改修で寄棟造になった[1]。日本最古の現役駅舎とされている武豊線亀崎駅の駅舎より古い可能性がある[2]。明治22年3月30日と記された建物財産標が存在する[3]。国の登録有形文化財に登録されている。 明治20年代の建物財産票を持つ現存する駅舎は、他に明治27年の播但線香呂駅奥羽本線川部駅津軽新城駅、明治29年の奈良線木幡駅などごく少数である。

文化財[編集]

登録有形文化財

  • 本屋[4]
  • 陳列所一号
  • 旅客上屋一号[5]
  • 旅客上屋二号[6]
  • 乗換跨線橋[7]
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 土讃線 上り 多度津高松岡山方面 通常はこのホーム
下り 琴平阿波池田高知方面
2 土讃線 下り 琴平・阿波池田・高知方面 行き違いをするとき
3 土讃線 上り 多度津・高松・岡山方面 特急の待避をするとき
下り 琴平・阿波池田・高知方面

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2006 1,801
2007
2008 1,625
2009 1,530
2010 1,455
2011 1,433

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
快速「サンポート」・普通
金蔵寺駅(D13) - 善通寺駅(D14) - 琴平駅(D15)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]