伊予鉄道大手町線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Iyotetsu logo.svg 大手町線
大手町駅での高浜線との平面交差
大手町駅での高浜線との平面交差
概要
起終点 起点:古町駅
終点:西堀端停留場
駅数 5停留場
運営
開業 1936年5月1日 (1936-05-01)
所有者 Iyotetsu logo.svg 伊予鉄道
使用車両 伊予鉄道を参照
路線諸元
路線総延長 1.4 km (0.87 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流600 V 架空電車線方式
停留場・施設・接続路線
STRlg STRrg STRq
高浜線城北線
STR ABZrg KDSTr
古町車庫(市内線)
KDSTa
0.0 古町駅
STRlf KRZl KRZ STRq STRlg
古町車庫(郊外線)・工場
STRlf ABZlg STR
STR+4 STR STR
JR四国予讃線
eABZrg eABZrf STR
連絡線
STR BHF STR
0.4 宮田町停留場
STR WECHSEL STR
BHF uBHF STR
0.8 JR松山駅前停留場
STRrf uSTR STR
左:松山駅
umKRZ STRq STRrf
←高浜線 大手町駅
HUB62
1.1 大手町駅前停留場
1.4 西堀端停留場
uSTRrg
城南線本町線

大手町線(おおてまちせん)は、愛媛県松山市古町駅から西堀端停留場までを大手町駅経由で結ぶ伊予鉄道の路線。

大手町駅付近と古町駅構内で郊外線(高浜線)と市内線の平面交差ダイヤモンドクロス)が見られる。 かつて路面電車が日本の各都市を縦横に走っていた頃、この光景はよく見られたが、今となっては日本でここだけとなっている。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):1.4km
  • 軌間:1067mm
  • 停留場数:5(起終点含む)
  • 複線区間:古町 - JR松山駅前間単線、JR松山駅前 - 西堀端間複線
  • 電化区間:全線電化(直流600V)

運行形態[編集]

系統 運行区間 乗り入れる区間
1号線 環状線 松山市駅JR松山駅前木屋町鉄砲町大街道→松山市駅 大手町線全区間を通る。
2号線 環状線 松山市駅→大街道→鉄砲町→木屋町→JR松山駅前→松山市駅
5号線 JR松山駅前 - 大街道 - 道後温泉 JR松山駅前 - 西堀端間を通る。
坊っちゃん列車 古町 - JR松山駅前 - 大街道 - 道後温泉 大手町線全区間を通る。
  • 早朝時間帯に古町→松山市駅→道後温泉と運行される電車は、古町→松山市駅間を2号線、松山市駅→道後温泉間を3号線として運行。
  • 古町車庫入庫時の方向幕は、系統番号なしの「古町」表示で運行される。
市内線の系統図

歴史[編集]

  • 1927年(昭和2年)4月3日 古町 - 松山間の連絡線が地方鉄道法による鉄道として開業。
  • 1936年(昭和11年)5月1日 古町 - 国鉄駅前(現在のJR松山駅前) - 西堀端間が軌道法による軌道として開業。古町 - 松山間の連絡線廃止。

停留場一覧[編集]

凡例
坊っちゃん列車以外は各停留場に停車
BSicon MBAHN.svg:坊っちゃん列車も乗降車可能、|:坊っちゃん列車は通過
すべての停留場が愛媛県松山市に所在
停留場名 営業キロ 系統 接続路線
古町駅 0.0       BSicon MBAHN.svg 伊予鉄道:高浜線城北線
宮田町停留場 0.4        
JR松山駅前停留場 0.8          BSicon MBAHN.svg 四国旅客鉄道:予讃線松山駅
大手町駅前停留場 1.1          伊予鉄道:高浜線(大手町駅
西堀端停留場 1.4             伊予鉄道:城南線本町線

延伸計画[編集]

2017年(平成29年)完成予定のJR松山駅の高架化にあわせて行われる駅周辺の区画整理事業、駅前広場整備計画の中で、将来の松山空港への乗り入れも視野に入れ、路面電車を駅前広場に乗り入れさせ、松山駅下を交差して西口から都市計画道路を経て700m延伸する予定である[1][2]。計画ではJR松山駅から南江戸五丁目の国道196号(松山環状線)交点まで延伸する事が決定しているが、将来的には松山空港乗り入れに関しても重要課題と位置づけて検討されている[1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]