三津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三津駅
新駅舎(2009年2月)
新駅舎(2009年2月)
みつ - Mitsu
山西 (1.0km)
(1.0km) 港山
所在地 愛媛県松山市三杉町
所属事業者 伊予鉄道
所属路線 高浜線
駅構造 地上駅
開業年月日 1888年明治21年)10月28日
三津浜地区各駅の関係図

三津駅(みつえき)は、愛媛県松山市三杉町(三津浜地区)にある伊予鉄道高浜線。伊予鉄道発足当初は当駅が終点であった。

当駅は衣山駅古町駅とともに高浜線の交通結節点に指定されており、駅前にはループバスが乗り入れている。

歴史[編集]

1930年頃の三津駅構内

古町駅松山市駅とともに、四国で最初に開設された鉄道駅の一つである。しばしば「四国最初の駅」とされる丸亀駅多度津駅善通寺駅琴平駅よりも開業は早い。

夏目漱石の小説『坊っちゃん』では、四国に着いた「坊っちゃん」はこの駅(三津停車場)から「マッチ箱のような汽車」と表現した「坊っちゃん列車」に乗っている。


駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で有人駅。かつては2面3線の形態であったが、3代目駅舎建て替え時に現在の構造に変更された。山西駅寄りに渡り線がある。

緊急時に高浜線は当駅あるいは古町駅衣山駅での折返し運転を実施する。

のりば[編集]

三津駅プラットホーム
ホーム 路線 行先 備考
1 高浜線 高浜・(松山観光港[1])方面
2 高浜線 衣山古町松山市方面[2]
3 高浜線 降車専用 三津浜花火大会などで臨時使用される。


駅舎の改築[編集]

旧三津駅舎は老朽化していることに加え、耐震性強化やバリアフリー対応、さらに駅前広場にバスの乗り入れを可能とする改良工事の必要性が高かった。

そのため、伊予鉄道では当駅を交通結節点に指定し改築工事を計画したが、歴史的価値の高い旧駅舎の保存を求める声が付近の住民を中心に高まり、一時は旧駅舎の保存を求める署名が2500名分集まる住民運動に発展した。

2005年6月、伊予鉄道・地元住民と松山市、それに学識経験者などをメンバーとした「三津駅舎検討ワークショップ」が発足し、同年12月に「現駅舎のイメージを残して改築」という方向で合意した。建築基準法や駅前広場の整備との関係で保存が困難であったことが要因である。

その後、伊予鉄道は2007年5月の「検討ワークショップ」で改築プランを公開し、2008年夏に始まった改良改築工事を経て、2009年2月5日に新駅舎が完成した。

初代駅舎[編集]

初代駅舎は、開業時から昭和初期(昭和3年頃)まであったとされる。このことは、当時の三津浜町役場が作成した『三津の面影』(昭和4年刊行、昭和3年執筆著書)に掲載されている写真により推測されている。

2代目駅舎[編集]

2008年(平成20年)に解体された旧駅舎は、昭和初期の建築とされ(建築年不詳)、アール・ヌーヴォー風のエントランスや半木骨造と呼ばれる独特の建築様式が利用者や市民に親しまれていた。1931年(昭和6年)頃に高浜線が全線電化・複線化され、この頃の建築とする説がある[3]

3代目駅舎[編集]

2008年4月から工事を始め、2009年(平成21年)2月5日竣工した。総工費は、208,000,000円。従来の西口に加え、東口を新設。多目的トイレの設置など、全体的にバリアフリー化が図られている。鉄筋平屋(屋根は木造)建てで、建築面積は約120m²。前駅舎より2まわりほど小さくなった。前駅舎の存続を希望する声に配慮して、前駅舎の木材を一部利用したり、デザインの特徴であったアール・ヌーヴォー風のエントランスなど、2代目駅舎の雰囲気を残す建物となっている。

利用状況[編集]

2008年の発着人員はおよそ2,000人/日であり[4]、松山市駅を除く高浜線内では山西・古町・大手町の各駅に次ぐ4位の利用客数である。

1998年時点では2,700人/日の発着人員があり、松山市駅を除く高浜線内では1位であったが、2003年から2005年にかけて前述の3駅を下回った。ただし、リニューアル工事完成前の2007年のおよそ1,900人と比べると増加している。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

3代目駅舎の新築と同時に東口が新設され、駅前にはバスロータリーが設置された。当駅と病院、太山寺やJR三津駅前を結ぶ三津ループバスが開設され発着している。なお、このバス路線の新設により高浜線(鉄道線)と平行していた伊予鉄バス高浜線が運休になるなど、一部バス路線が再編された。

隣の駅[編集]

伊予鉄道
高浜線
港山駅 - 三津駅 - 山西駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 終着の高浜駅よりバスで連絡する。
  2. ^ 日中はほとんどの便が横河原線と直通している。
  3. ^ えひめ地域政策研究センター『愛媛温故紀行』の岡崎直司執筆文による。
  4. ^ 松山市地域公共交通総合連携計画 7ページ (PDF)

関連項目[編集]


外部リンク[編集]