大多羅駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大多羅駅
正面(2009年9月1日)
正面(2009年9月1日)
おおだら - Ōdara
西大寺 (2.9km)
(3.3km) 東岡山
所在地 岡山市東区大多羅町399
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 赤穂線
キロ程 54.1km(相生起点)
電報略号 タラ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
1,253人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1962年昭和37年)9月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
ホーム(2006年5月11日)

大多羅駅(おおだらえき)は、岡山県岡山市東区大多羅町にある西日本旅客鉄道(JR西日本)赤穂線

駅構造[編集]

単式1面1線のホーム停留所構造)は崖に沿って2階程度の小高い場所にあり、改札からは階段やスロープで上ることになる。駅舎には簡易型自動改札機自動券売機(ICOCAチャージ機能対応)が設置されている。岡山方面行きと播州赤穂方面行きの上下線が同一ホームから発車する。

ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)で簡易自動改札を設置している無人駅東岡山駅管理)であるが、係員が派遣されて特別改札が行われる時もある。

2009年(平成21年)1月22日、ホームや改札付近の拡幅などを改修し、簡易型自動改札機も1台増設した。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 1,077
2000 1,069
2001 1,037
2002 1,019
2003 1,004
2004 1,037
2005 1,043
2006 1,084
2007 1,218
2008 1,255
2009 1,221
2010 1,205
2011 1,253

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
赤穂線
西大寺駅 - 大多羅駅 - 東岡山駅

沿革[編集]

  • 1962年昭和37年)9月1日 - 赤穂線伊部 - 東岡山間延伸開業に伴い設置された。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道へ移管。
  • 2001年(平成13年)5月15日 - 駅前に「大多羅駅前自転車等駐車場」がオープン(岡山市設置、有料)
  • 2007年(平成19年) - 自動券売機が自動改札対応機に交換された。それに伴い、出入口付近に移設された。
    • 7月27日 - ICOCA対応の簡易型自動改札機設置(同年9月1日、ICOCA導入)。

駅周辺[編集]

駅前に駐輪場がある。周辺は住宅地である。

施設[編集]

金融[編集]

商店[編集]

名所・旧跡[編集]

バス停留所[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]